イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

30代からの転職について!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、30代からの転職についてです。

 

f:id:destiny6711:20200306103158p:plain

30代の転職について考えてみましょう!

 

転職を考えるときに年齢が30代であった場合にはどのように求人を探したら良いのでしょうか。

 

30代という年齢が、転職に以外と響いてきます。29歳と30歳の差は、なかなか軽視できるものではありません。求人条件に年齢が絡むことは、かつては普通のことでした。法律が見直されたことで、年齢によって求人を制限することはできなくなりましたが、若い人材を求める会社は、若い人が来るような紹介文にしてたりします。

 

募集年齢が明記されていなくても、求人内容を読んで、求めている人材の年齢の幅を推測することも必要です。

 

転職活動をするには、30代は遅すぎるということはありません。しっかり情報収集をして求人を選び、企業研究をすることで採用の見込みはあります。30代からの転職では何を一番のアピールポイントにするかがカギとなります。30代の転職は、それまでの技術や実績をいかに相手にアピールできのるかという点にかかっています。20代の頃にどんな働き方をしていたか、転職に際して改めて考えてみましょう。

 

そして自分の持ち味を発見することが大事です。家族や友人に客観的な意見をもらって、自己分析をするのもいいでしょう。

 

30代では、30代にしかない強みがありますので、その点を全面的に押し出せば20代と差をつけることができます。できないことではありませんので、30代からの転職に取り組んではどうでしょうか。

 

30代の転職のコツ

 

30代で転職をすることは難しい面もあるかもしれませんが、方向性さえ間違えなければ、十分に成功の目は期待できます。

 

30代の転職て、心がけたいことは一体何でしょうか。30代で転職を成功させるためには、今まで培ってきたことを十分に利用することが大事です。今の会社やこれまでの仕事でどんな経験をしてきたのかを具体的にアピールしましょう。

 

営業の人ならどのくらいの売り上げがあったのかなど内容が分かりやすいものであればあるほど効果があります。

 

1人で成し遂げたものが具体的な表現できないという人もいるでしょうが、グループ単位で行ってきたことでも言及することができます。チームの業績を伝えた上で、その中で自分の担当していた部分を言うようにしましょう。

 

過去の実績を話す時に、会社内部の情報をリークしないようにしましょう。成功体験ばかりが、過去のエピソードではない人もいます。

 

マイナスからどうやってプラスに転じたかなどのストーリーは30代の転職に効果的です。長く働きてきた分20代よりもさまざまな経験を積み重ねてきていることが30代の強みです。30代で転職を成功させるためには、今までどんな職歴を持っていて、転職後も戦力になれることを相手に納得させることです。

 

30代での転職に失敗しない為に気をつけたい事

 

今の会社から、別の会社に転職をする時に、30代は遅いかもしれないと思い悩む人がいます。

 

転職活動に有利な資格を取得することで、年齢のネックを解消することが可能になります。転職を成功させたいと思っているなら、資格をとっておくことは悪いことではありません。資格といっても何でも良いという訳ではないので、事前に調べておくようにしましょう。まずは、どんな仕事につきたいかを明確にして、それから必要な資格を調べ、資格をとるための日程をつくるといいでしょう。

 

就職活動をスムーズに勧めるための資格を取りたいならば、どの資格をとるのか決めるステップは重要です。

 

宅地建物取引主任者の資格をとれば、不動産を扱う仕事や、住宅関係の仕事をしている会社への転職に有利になります。簡単に取得できる資格ではありませんが、難しい資格ほどライバルとの差をつけるにはちょうどいいという考え方もあります。

 

医療系の商品を販売する仕事につく人が取っておくといい資格に、登録販売者という資格があります。

 

30代の男性はもちろん、女性の転職にも心強い味方となってくれる資格であると思います。最近特に注目度の高い資格ですので、転職を視野にいれている人には、おすすめしたい資格の一つといえます。

 

30代からの転職活動を円滑に進めるためには、転職を有利にできるような資格をとっておくことは重要な意味を持ちます。

 

この機会に資格など自分の武器を持つ事を考えて、人生を豊かににしていきましょう。