イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

東京都は4週間後には1日新規感染者1200人越えになりそうなのにGo Toキャンペーンするの?

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、東京都は4週間後には1日新規感染者1200人越えになりそうなのにGo Toキャンペーンするの?です。

 

おすすめ記事

 

ブログアイキャッチテンプレート100! | ぐりお | Brain

 

【私がブログ・アドセンスで1780万円稼いだ方法】こっそり全部教えます | シナモンパフェ | Brain

 

【値上げ予定】今からAWSを学ぶエンジニアの1つの指南書_ソリューションアーキテクト問題50問付き!50,000字超えのボリューム【順次追記】 | くろかわこうへい | Brain

 

f:id:destiny6711:20200715211646j:plain

東京都は感染拡大警報を発するべき状況

有識者はこのまま増加すると、4週間後には接触歴不明の数だけでも、1200人/日になると予想している。

 

専門家の議論の結果、数が非常に多くなってきている。前回の流行と比べると患者の構成比などの違いはあるが、医療に与える影響があり、このまま増えていけば、リスクの高い人への感染が広がって重症の方や亡くなる方が出てくる危惧もあるということです。

 

かなり厳しい状況にある中でGoToキャンペーンを行うのには疑問視がある。

 

この状況が続けば、医療体制が圧迫してしまう可能性もあります。早急に再び自粛に入るべきだと考えます。

 

政府が自粛したくないのは、結局お金を配りたくないからとGoToキャンペーンを失敗させたくないからです。

 

誰がどうみても、感染拡大傾向にあると思いますが、政府は絶対に認めようとしません。

 

なぜ、政府はGoToキャンペーンをやりたいのか?

政府の見解は、旅行業界やホテル業界が今非常に苦しいので、これをいち早く助けるために、GoToキャンペーンをしないといけないと述べています。

 

もうね、これは無茶苦茶な発言だと思います。

 

人の命よりも、旅行業界やホテル業界に忖度することが必要なのかと疑問に思います。

 

非常に苦しいのであれば、旅行業界やホテル業界に直接給付すれば良いのではないですか。何も、国民を危ない目に合わせる必要はありません。

 

専門家はGoToキャンペーンは感染のリスクが高いと発言しています。

 

政府は今一度、よく考えてGoToキャンペーンを延期か中止すべきだと思います。

 

結局特定業種がボロボロなのは、補償と減税が足りないからではないでしょうか。GoToキャンペーンよりしっかりとした補償と減税を旅行業界やホテル業界にした方が国民の支持は得られると思います。

 

もっと政府は世論に寄り添い、政策を考えていった方が国民の理解が得やすいのではないでしょうか。