イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

NGOへのエコ就職

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、NGOへのエコ就職についてです。

 

 

おすすめ記事

 

(初心者向け)フリマアプリを活用し実質無料で海外旅行に行く方法を解説していきます‼︎ | DAICHI@海外旅行好き | Brain

 

格安SIMより安い?~コスパ厨が考えた最強の組み合わせでネット料金を下げる裏技~【スマホ料金50%カット】【限定10冊売れたら値上げ】【おまけ企画つき】【随時更新】 | TK | Brain

 

【3000字を100円で】外注ライターさんを10人雇うまでの完全講義(5つのテンプレ付き) | マツオカ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200325092727p:plain

NGOへのエコ就職について

 

最近は、エコに関わる分野への就職を希望する人が多いようです。大学でも環境に関わる学科や学部が増えています。

 

エコに関わる仕事につきたい人が増えていることは、自然環境を守ることの必要性が認識されてきている証拠といえます。多様な仕事が、エコについては存在しているといいます。エコの就職を果たすための方法は、一つきりではありません。就職先を、エコ関係の仕事に携わっているような民間の企業にするというものです。公務員に就職することで、官公庁の環境維持の仕事をするという方法もあることでしょう。

 

エコに関する取り組みをしているNPO法人や、財団法人に就職してもエコな仕事ができます。

 

福祉や災害協力、国際問題などに取り組む民間のNPO団体は、個々に独自の活動を行っています。どんな取り組みをしているかは各NPOによって異なりますが、問題を解決するために活動をしています。環境問題に関わるNPO法人は全国各地にあるので、エコ就職を希望する人にはぴったりの就職先とももいえます。

 

もうけの少ない活動をしていると、資金が足りないようなNPOはたくさんあります。供与待遇は期待できないというNPOも、たくさんあります。

 

NPOは、エコについての仕事ができれば、給料は余りよくなくても妥協できるという人なら、満足度の高い就職先です。NPOで働く人の中には、基礎的な知識や、必要な技術を身につけた上で、何年か後にはエコに関わる会社に再就職して自分の能力を活かしたい人もいます。今すぐエコに関する仕事を始めるのではなく、最初は違う分野で働いて社会人としてのスキルをつけ、それからエコ関係で働くという人もいます。

 

エコに役立つ就職先とは

 

エコ分野での就職をしたいという人は、案外とたくさんいます。

 

人々の役に立っていると実感できる仕事は、探して見ると、予想外に見つけにくいものです。エコのような、環境問題に関わる就職先は、生きがいになりそうだと考える人も少なくないうようです。環境への問題意識を強く持ち、自然保護や地球との共存を意識した就職を目指す人は少なくありません。

 

豊かな環境に包まれて日々を送ることができれば、精神的にも満たされるのではないかと思う方もいるといいます。

 

ですが、エコ関係の仕事は狭き門で、希望者の全員がつけるわけではありません。これからの人生を環境問題につぎ込みたいと考えていても、希望どおりの仕事につける人は、ほとんどいないでしょう。将来的に環境を維持していくためには、今を生きる私達が自覚を持って、環境に対してできることを考え行くことが重要です。

 

エコに関わる仕事は少なく、就職は至難を極めますが、それだけに、やりたいことをやれる喜びはひとしおです。

 

この先、エコな仕事はふえるだろうことは、想像に難くありません。様々な会社が、環境の保全に関わる活動に乗り出してきています。環境対策に力を入れている地方自治体は多いですし、国も本腰を入れて乗り出しています。また、資源は限界がありますから、それに変わるエネルギーを作り出す必要もあることから、エコに注目している企業が多いのです。

 

エコを取り巻く環境については、これから進んでいくともいえるでしょう。これから先、エコに関わる仕事をすることで、実りある人生を送ることができるならば、どれだけ苦労しても就職した価値があるというものです。

 

f:id:destiny6711:20200325092840p:plain

エコ検定と就職

 

就職活動において、エコに関わる分野に対する興味関心は多くの人が持っているようです。

 

将来的な展望が大きいエコという分野に就職したいという新卒者もたくさんいるといいます。たくさんの人が就職を望めば、それだけ採用は大変になります。就職活動を成功させるために、エコロジーに関する知識や資格を取って他の人との差別化をはかろうという方もいます。

 

エコ検定は、近年では多くの人が取得しているようです。

 

国家の扱っている資格ではないので教養検定と言われる部類に入るエコ検定は、エコロジーのために役立つ知識を試験という形で問うものです。エコ検定で認定資格を持っているからと他人より有利になるかというとそうも限りません。履歴書などに記入することで、自分がエコに興味があることをアピールすることにつながり、印象付ける効果は少なくともありそうです。

 

エコ関連の企業へ就職を目指している人は、自分のエコの知識を高めるためにも、エコ検定にチャレンジするのもいいでしょう。

 

ある日突然エコに目覚めようとしても無理な相談です。毎日の生活の中でできることから初めて、地球に優しいボランティア活動やエコへの取り組みをできるようになりましょう。就職活動をスムーズに進めるためにも、日本の今後と切っても切れない関係にあるエコロジーを知っておいて損はないでしょう。