イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

NHKに勝訴した3千円テレビ、フィルター付ければ、受信契約不要になる?

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、NHKに勝訴した3千円テレビ、フィルター付ければ、受信契約不要になる?です。

 

おすすめ記事

 

【悪用厳禁】 読まれて売れる記事を書くために必要な5つの鉄則 | ちょろ | Brain

 

エロ漫画アフィリエイトのサイト運営方法~アダルトアフィリエイト戦略~月10万円コース【更新型】 | あうあう | Brain

 

ブログで”上位表示せず”に収益15万円アップを叩き出した秘訣【10記事以上書いている方が対象】 | ゆきの | Brain

 

f:id:destiny6711:20200710012345j:plain

受信料契約を締結する義務はない

NHKが映らない装置をつけた場合に受信料を払う必要があるかどうかを争った訴訟の判決で、東京地方裁判所の小川裁判長は6月26日、原告の訴えを認めた。

 

訴えたのは東京都文京区に住む女性。

 

代理人を務めた弁護士が説明する。原告の女性は、NHKが映らなくなるカットフィルターと呼ばれる装置をついた19インチのテレビを購入しました。

 

民放しか映らないようになっています。

 

NHKが受診できないのだから、受信料を払う義務はありません。

 

確かに放送法64条には書いてあった

放送法64条には「協会の放送を受信することができる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信について契約をしなければならない」と書いてある。

 

素人でもこれを読んだら、受信できない設備なら契約も不要であることがわかる。

 

実は同様の裁判はNHKから国民を守る党の立花氏も過去に起こしている

この時は立花氏が敗訴しました。

 

この時は、テレビの外側に装置をつけたことから、「フィルターを取り外してNHKを見ることができる」などとして、原告が敗訴した。

 

今回は内側で絶対に取れないように固めてあるので、取り外すことはできない。

 

まだ東京地方裁判所の判決で、これから高等裁判所と最高裁判所でどうなるか楽しみである。

 

今回のテレビはフィルターを簡単に外すことができない

チューナー近くにフィルターを埋めこんだ上で、硬化剤などに使われるエボキシ樹脂でガチガチに固めてあります。

 

無理に外そうとするとテレビ自体が壊れてしまう。

 

NHKは容易に復元できると主張しましたが、実験をした結果、受信できる状態ではないと裁判官に認めてもらえました。

 

現行の制度の下では、視聴者はNHKに何の影響力も及ぼせない

これがまさに今のNHKの問題点であります。

 

政府もコントロールできないNHKが凄まじい資金を集めているのが問題なのです。しかも、集金人はまさにやくざ同様に受信料を払わないと裁判すると脅してくるのです。

 

視聴者は受信料の支払いを強制されるのに、NHKの役員も視聴者の意思には関係なく決まってしまう。

 

まさに独裁という言葉がお似合いです。

 

だから、国民はNHKとの契約を拒否する手段を提供しようとこのような開発が始まったのです。

 

NHKがスクランブル放送にして、みている視聴者だけに集金すれば問題ない話ですが、全ての国民からお金を取りたいがために、絶対にNHKはスクランブル放送にしません。

 

ならば、国民自らがスクランブル放送のように視聴できない環境にするしかないのです。

 

NHKの制度には問題が多いのです。

 

広く契約者に財源を求める以上、NHKには市民を代表して権力を監視する役割がある。だが、それに反することを今までやってきた。

 

だから、受信料の支払いを拒否する人が出てきたのだと思います。