イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

【悲報】RTしただけで、賠償金請求される可能性があります!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、RTしただけで、賠償金請求される可能性があります!です。

 

おすすめ記事

 

【3万円稼ぐ】まだラケット代で消耗してるの?簡単に作れる「テニスラケット代」捻出術(教材分は余裕) | ぺんてぃ@ラケットラボ | Brain

 

【図解あり】伸びない理由を徹底解説!学生向け「発信の教科書」 | りっくん|瞬間男子 | Brain

 

【初心者向け】カッコいいWordpressブログ作成講座(完全版) 【小学生でもできる】 | じょうまさふみ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200724225947j:plain

RTで著作権侵害ならもうSNSは怖くて出来ない

Twitterのタイムラインに流れてきた写真をリツートしたら、著作権を侵害する恐れがある。

 

何も知らずにリツートしたり、拡散グループなどで頼まれてリツートしたら、著作権侵害で売ってられる恐れがあります。

 

そして、裁判で負ける可能性が出てきました。

 

そんな判断を最高裁が下した。

 

自身の撮影した写真が無断で使われたツイートがRTされたことで著作権と著作者人格権が侵害されたとして、プロの写真家がTwitter社に発信者情報の開示を求めた民事裁判で、最高裁第3小法廷は発信者情報の開示を命じた2審の知財高裁判決を支持した。

 

Twitter社による上告を棄却し、判決が確定した。

 

まじか、最高裁がこんな判決出すのかって思いました。

 

f:id:destiny6711:20200724230900j:plain

今回最高裁の判断を下した3つの事例

今回の裁判を起こしたのは、北海道在住の写真家。

 

この写真家は、以下の(1)〜(3)のTwitterユーザーの情報開示をTwitter社に求めていた。

 

(1) 自身が撮影し、クレジットを付けてサイトに掲載した写真を無許可でTwitterのプロフィール画像に設定したTwitterユーザー

 

(2) 1の画像をコピーしてツイートしたユーザー

 

(3) 2のツイートをRTしたユーザー

 

(1)・(2)のユーザーは写真家の公衆送信権を侵害しており、2審(知財高裁判決)でも争いのない「事実」として認定された。

 

問題となったのは(3)の「ツイートをRTしたユーザー」についての訴えだ。

 

2審の知財高裁はRTしたユーザーを「自動公衆送信の主体」とは認めず、幇助とも認定しなかった。

 

一方で(3)のツイートをRTしたユーザーは著作者人格権(同一性保持権、氏名表示権)を侵害したと認定。発信者情報の開示をTwitter社に命じた。

 

権利者である写真家は、画像に「(C)」を付けて、自分の名前を著作権者として書き込んでいた。

 

しかし、Twitterの仕様ではタイムライン上に表示される画像は自動的にトリミングされてしまう。

 

画像全体を表示するにはツイートか画像をクリックして表示する必要があった。

 

この仕様の結果、「タイムライン上では画像全体が表示されない」という状態が発生し、写真家の著作権表示もタイムライン上に表示される画像から消えていたことになる。

 

こうしたTwitterの仕様を踏まえた上で、知財高裁は「RTしたユーザーのTL上で著作権表示がされていなかったことは、氏名表示権の侵害である」と判断した。

 

この判決を不服としてTwitter社は最高裁に上告。ここまでが今回の裁判の経緯だ。

最高裁判決では、知財高裁の判決のうち「氏名表示権」についてのみを判断している。

 

最高裁は、Twitterの仕様であっても、またRTしたユーザーの認識がどのようなものであったとしても、画像の著作者名が表示されない状態でタイムラインで表示されたのは「ユーザーのRTの結果である」と認定。

 

最高裁の判決は日本のSNSをオワコン化させる判断だ

RTするのにいちいちツイートした本人の写真家どうかなんて確認するわけない。

 

よかったらRTするだけなのに、RTしたのはRTした本人の責任だから著作権侵害ですっておかしいわ。

 

もう怖くて、RT出来ないです。私に1日何十件もリツートしているのを全部確認しろって頭おかしくなりますよ。

 

しかも最高裁の判決なんで確定です。しかも、これがこれから同様の裁判の判例になりますので、どうしようもないですね。

 

みなさんもくれぐれも気をつけてくださいね。