イッサ研究所

会社員や起業家などにちょっと役立つ情報を発信するブログです。

第71回 Uber Eats やってみましたが、報酬引き下げはきつい!!

今回のテーマは、Uber Eatsやってみましたが、報酬引き下げはきつい!です。

 

f:id:destiny6711:20191207002231j:plain

 

 

Uber Eatsの報酬は今後さらに下がります。

この会社ってソフトバンク出資って知っていますか?

 

最近の副業で注目を浴びています。

 

手軽に時間に縛られずに、できる副業として今Uber Eatsが流行っています。

 

街中で大きなバッグを背負って運んでる人みませんか。

 

f:id:destiny6711:20191207002858j:plain

Uberとは?

 

タクシーの配車会社で、時価総額が5兆円です。

 

ソフトバンクGが筆頭株主です。(16.3%)

 

デリバリー事業のフードサービス Uber eatsを展開しています。

 

報酬がいきなり引き下げられた

急に報酬が6割カットです。

 

僕もブログを書いてる合間とかにやっていましたが、正直報酬引き下げはきついです。

 

東京の方はもっときついらしいです。

 

UberEats側は個人事業主は労働者には当たらないとして、団体交渉を拒否している。

 

正直やり始めた時は、1日1万以上になっていましたので、この仕事面接もなくて研修もなくていいなって思いました。

 

やっているうちになんとなく報酬が高いなって感じていたんです。

 

そしたら、やっぱり報酬の引き下げが来ました。

 

f:id:destiny6711:20191207004209j:plain

Uber側の主張

個人事業主なので、雇用関係にない。

 

自営業の経営者扱いにしている。

 

アルバイトと全く違う

 

仮に事故を起こしても自己責任になる。

 

これを聞いて、アルバイトとしては報酬高いって思いますが、個人事業主なら全然報酬安すぎって感じました。

 

トータルひっくるめて、個人事業主として仕事受けるなら、これは全然割に合わないって思いました。

 

f:id:destiny6711:20191207004838j:plain

僕の考え

個人事業主であることを理解して事業として行っているのなら自己責任です。

 

雇用ではないので、報酬が合わなければ、やめればいい。

 

自分で仕事を取ってくればいい

 

個人事業主には最低賃金も何もない。

 

自分で事業をしている以上自分の価格は自分で決める。

 

結構厳しい世界です。

 

Uber Eatsをアルバイトだと思っている人がいる?

バイトと思ってやっている人がいそう。

 

個人事業とアルバイトとは全く違うので注意が必要です。

 

僕も説明会に行って、バッグもらいましたが、個人事業主ということの説明はありました。

 

アフィリがあり、オススメな副業記事が量産されている。

 

最低賃金も何もないので、やめたほうがいいです。

 

弱いものいじめがいいというわけではない

下請け法がある(発注後の値引き禁止など)

 

独占禁止法などもある。

 

なかなか法律で取り締まるのが難しい。

 

f:id:destiny6711:20191207010232j:plain

今後はどんどん厳しくなる

普及すればするほど価値は下がり続ける。

 

最初は人を集めるために高単価で募集している。

 

これは僕も感じました。

 

最初初日で1万稼げた時はびっくりしました。

 

広告費もバンバンかけて人材確保。

 

人が増えてきたら、価格を下げる。

 

最近は稼げなくなってきてるのを実感します。

 

今まで1万円稼げていたら、7000円ぐらいに落ちた感覚です。

 

普及すればするほど、コモディティ化する。

 

もともと誰でもできるので、単価は安い。

 

特別なスキルはいらないので、人の差がない。

 

f:id:destiny6711:20191207011320j:plain

僕が感じたこと

一つのものに依存するとリスクがでかいということです。

 

僕は収入の柱は分散しているので、今回は大丈夫でした。

 

でもこれしか収入がない人は死活問題だと思いました。

 

個人事業主をやるなら、スキルが重要です。

 

誰でもできる仕事で食っていくのは超大変です。

 

今回のUber Eats問題

報酬が一方的に下げられる

 

個人事業主は厳しいがその分、自分で稼げる。

 

スキルが必要な仕事でないと、単価は下がる方向に行きますので注意が必要です。

 

それにしても、今回の報酬引き下げでUber Eatsの収入を今後考えないといけないのは辛いです。