イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

WEBマーケター業界はバブルになっているかも?

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、WEBマーケター業界はバブルになっているかも?です。

 

おすすめ記事

 

【自分ビジネス】「行動できない!」から抜け出す方法 | ロンズー | Brain

 

凡人でも日給3万円の不労所得システムを構築できる裏・Brain戦略 | 覇王拳@裏技で月収7桁プレイヤー量産中 | Brain

 

【保存版】「ズルい!」と言われるあの人が水面下でやっている事 | 小雪 | Brain

 

f:id:destiny6711:20200722003020j:plain

WEBマーケターが儲かりすぎる

WEBマーケター業界は稼いでいる人がめちゃくちゃ多い。

 

Youtuberやブロガーさんに多く、稼いでいる人が月収2000万円の強者までいます。

 

なぜ、そもそもそんなに稼げるの?

めちゃくちゃ才能がいるとか、特別なスキルがいるとか考えてしまいますが、結論は特別な才能もスキルもいりません。

 

じゃ、何が必要なの?

 

これはWEBマーケター業界そのものが稼ぎやすいのです。これはある意味ブログのジャンル選定と同じですね。

 

WEBマーケターって何?

WEBマーケターというのはSEOやGoogle広告の運用者などが挙げられる。

 

もっと幅広い人たちもWEBマーケターと言える。稼ぎのあるブロガーやYouTuberもWEBを使って商品を販売しているのだから、WEBマーケターと言える。

 

つまり、WEBマーケターとはWEBで集客して、商品を販売している人ということです。

 

f:id:destiny6711:20200722004017j:plain

WEBマーケターのメリット

お金を稼ぎやすい

 

前提として会社に属してしまうともう稼げません。独立して個人で仕事を引き受けないと儲からない構造になります。

 

会社は社員には破格の給料はだしません。どれだけ安く働いてもらうかが勝負なんで。

 

逆にフリーランスや個人だとうまく仕事をもらえれば、月100万円稼ぐのは普通になってきています。

 

WEBマーケターはお金に直結する業務を行います。

 

集客・採用・経費削減など重要なところに直接関わります。とにかくお金に直結するので仕事の単価は上がりやすいです。

 

知恵が仕事になるから。

 

仕事は価値の提供でお金が得られます。仕事は作業を売る場合と知恵を売る場合に分けられます。

 

WEBマーケターは知恵を売る仕事なんで、一般的に知恵は高く値段が付きます。

 

誰でも、簡単にできるわけではないので、参入障壁が高いのも挙げられます。

 

WEBマーケターは上流の仕事も多いです。

 

上流いわゆる戦略を考える事が多いです。上流にいると稼ぎやすくなります。WEBマーケターは最初の予算を握りやすい。

 

つまり政府で言うとサービスデザイン協議会みたいな最初に仕事を受けるところなんで委託費用を中抜きしやすいと言う事ですね。

 

この後、WEBライターさんやWEBデザイナーに仕事を振るわけなんですが、ここは一番買い叩かれやすいです。

 

なぜなら、下流=WEBライターやWEBデザイナーに回すお金を減らせば、WEBマーケターが儲かる仕組みだから。

 

独立や転職がしやすい

WEBマーケティングの市場は伸びています。

 

ネット広告の市場はもはやテレビCMにも匹敵するほど伸びています。しかし、このデジタル広告に関して精通している人は少ないのです。

 

つまり、市場が伸びているのに人材がいない。

 

しかも会社でやっていることも、個人でやっていることもあまり変わらないので、独立はしやすいです。

 

会社に勤めている人はそんなに報酬は高くありません。

 

しかし独立するとめっちゃ稼げるようになります。

 

同じ業務をやっていたとしても、月収で4倍〜5倍近く変わります。これはリスクをとった価値だと考えています。

 

つまり会社員は会社の業績にかかわらず一定の報酬を支払わないといけませんが、フリーランスだと会社の業績が悪くなれば、すぐに契約を打ち切れますので、会社は高い報酬を支払えるのです。

 

きちんと勉強すれば誰でもなれる

WEBマーケターに資格はいりませんし、特殊なスキルもいりません。

 

30〜40万円かけて、スクールに通う必要もありません。

 

座学をしたからといって、WEBマーケターになれるわけではありません。これはもう答えのないものに何十万円と突っ込んでいるのと同じですね。

 

この世界答えを追い求めてはいけないのです。

 

むしろ行動した後に答えがわかってくるのです。答え=成功することです。

 

SEO的に言うと表示順位1位をとってみて初めて、成功体験を得れるし、取り方もわかるのです。そう、それが求めていた答えなんです。

 

資格やスクールに通わなくても、WEBマーケターにはなれる。

 

最近流行の副業の学校などに行かなくても、WEBマーケターにもなれるし、ブログやYouTubeでも稼げるのです。

 

そう、そこのブログを書いているあなたはもうWEBマーケターの入り口に立っているのです。

 

これは意識するかしないか、稼ぐ気があるかないかで変わってきます。趣味で稼ぐことを気にしないでやっている人はWEBマーケターではありません。

 

本気が稼ぐためにブログをやっている人はもうWEBマーケターと名乗っていいでしょう。

 

ブログやTouTubeやSNSなどで自分で何かし商品を売ってみる事がWEBマーケターの初心者には良いでしょう。

 

よくあるツイッターで100RTで何円ですとかってやっているのも、WEBマーケターですね。

 

WEB経由で自分で収益を立てられたなら、あなたはもう立派なWEBマーケターです。

 

f:id:destiny6711:20200722011838j:plain

集客できる人が結局最強である

WEBマーケターが稼げるのかと言うと究極的には集客自体に価値があるからと言える。

 

集客するからこそ、ビジネスが成り立ち、雇用が生まれるからです。

 

ビジネスにおいてはどのポジションも重要ですが、会社の存続に関わるのはやはり集客です。集客できなければ、売り上げが立たない=会社が存続できないと言うことです。

 

集客できないと何も生まれない。

 

集客できる人は強いし、めっちゃ貴重です。しかもWEBマーケティングともなれば、数が半端ない集客が期待できるので、余計重宝されますね。

 

しかも集客ができるスキルは普遍的なんで、一度身につければ、ほぼどこの業界でも無双できますね。

 

どの業界でも集客の考え方は同じです。

 

マーケティング的な考え方はどこでも生かす事が出来ます。集客やマーケティングはビジネスの枠を超えて何にでも生かせる事ができる。

 

集客ができるからビジネスが成り立ち、どこでも普遍的に生かせるスキルでもある。

 

まさに一度身につけたら、最強なスキルなのである。