イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

中国がWHOに2千億円拠出表明、WHOが中国のものへ!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、中国がWHOに2千億円拠出表明、WHOが中国のものへ!です。

 

 

おすすめ記事

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

【最新版】アフィリエイト初心者OK! 楽々な自動更新型ポータルサイトアフィリエイトの作り方をお教えします! | 大(マサル)@脱獄サロン運営者 | Brain

 

はてなブログ運営の成功法則 brain版 | mutr@はてなブログ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200522105222j:plain

中国、WHOに2100億円拠出を表明へ

世界保健機関(WHO)の総会が18日、新型コロナウィルスの感染症の影響で初めて、テレビ電話会議方式で実施された。

 

中国の習近平国家首席は、テドロス事務局長の指揮下、WHOは世界規模での対応に多大な貢献をしたと評価した。新型コロナウィルス対策で今後2年間に渡り、20億ドル(2100億円)を拠出すると表明した。

 

もう、これ中国とWHOの出来レースになってるわ。

 

完全に CHOになってますね。WHOはもう潰して、違う機関を立てないと機能しないですね。WHOを操る時期から乗っ取る時期に来ましたね。

 

アメリカは2018年〜2019年の2年間に、約8億9300万ドルを拠出した。

 

アメリカがWHOは中国よりだとして批判し、資金拠出中止を表明しており、この間に中国が公衆衛生分野で国際社会を主導する思惑をにじませた。

 

中国が国際衛生分野で主導が笑えてしまいます。

 

中国は世界の衛生を考える前に、自国の衛生状況をなんとかした方が良いと思います。WHOに拠出するお金でトイレの整備や下水道の整備をした方がいいですよ。

 

中国の川の匂いとかトイレは本当にひどいと思います。

 

WHOで習近平国家首席がスピーチへ

中国外務省は日本時間18日夜から始まるテレビ会議の形式で行われるWHOの総会の冒頭、中国の習近平国家首席がスピーチを行うと発表しました。

 

中国外務省は、テドロス事務局長の招きに応じたものだとしています。

 

新型コロナウィルスは中国から発生したのに、よくこんなことができるものだと思いました。今回のWHO総会では、新型コロナウィルスへの対応で、国際社会が一致した対応をとることができるかどうかが焦点となっています。

 

新型コロナウィルスへの初期対応などでアメリカと中国が対立している

そりゃ、対立しますよね。

 

中国はWHOを支援する一方で、新型コロナウィルス発生源の調査は拒否しています。中国としては、習近平国家主席が総会の冒頭で発言することで、国際的な協力に前向きな姿勢を強調するとともに存在感を示したいものと思います。

 

日本はもうWHOから手を引くべきですね。

 

今後もアメリカの対応には注視していきたいです。習近平国家首席とテドロス事務局長の仲は親密であると世界に公表したもんですね。

 

こんなことしていると中国からまた新しいウィルスが発生して、ひどいことになりそうな予感がします。WHOが機能しないことは今後世界の懸念材料になっていくと思います。