イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

【まじか?】アベノマスクがついにクーポン券と交換できる!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、アベノマスクがついにクーポン券と交換できるです。

 

 

おすすめ記事

 

将来において必要なスキル〜最短で豊かに暮らせるためのステップ〜 | 現代で唯一悪魔との契約をした者 | Brain

 

対人支援職のためのストレスマネジメント | まるい@心理師/メンタルヘルス研究者 | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

f:id:destiny6711:20200617160522j:plain

血税260億円のアベノマスクがクーポン扱いに

タピオカや缶バッチと交換の動きです。

 

アベノマスクわらしべ長者キャンペーンまで登場してきた。アベノマスクで交換できるのは、食事券1000円分〜タピオカドリンク1杯まで、種々様々なクーポン券が登場してきています。

 

汚い、小さい、税金の無駄と批難轟々のアベノマスクが、食事券や割引券などと交換できる通貨のように扱われ始めている。

 

飲食店中心に全国でアベノマスクと商品・サービスとの交換が広がっているのだ。

 

集まったマスクは医療施設などに寄付されるという。

 

タピオカとの交換で話題になっています。他にはラーメンや生ビール1杯無料などがありますね。

 

客足の回復や宣伝につながれば、アベノマスクも少しは役に立つというわけだ。

 

一般の店頭でも、マスクの流通量は戻りつつあり、もはやマスクは不要である。有効活用し、来店のきっかけになればいいですね。

 

このことはアベノマスクが無価値であることの裏返しとも言える

経済活動の始まりのような面白い現象です。

 

通貨の条件はの条件は、信用性と有限性をもち、偽造できないことです。

 

アベノマスクは1世帯2枚だから有限ですし、政府が配布しているので信用性もある。未開封となると、偽造も難しい。

 

通貨としての条件は兼ね備えている。

 

裏を返せば、お金と同じように、交換する以外の無価値だと言えますね。この無用の長物に注ぎ込まれた税金は、当初466億円から圧縮されたものの、それでも260億円にのぼる。

 

ほとんどマスクとして使われていないのだから、ばかみたいな話である。