イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

新たな仕事を求めて転職するときには年齢も考慮する

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、新たな仕事を求めて転職するときには年齢も考慮するです。

 

 

おすすめ記事

 

【値上げ予定】今からAWSを学ぶエンジニアの1つの指南書_ソリューションアーキテクト問題50問付き!50,000字超えのボリューム【順次追記】 | くろかわこうへい | Brain

 

【食事管理ダイエットの教科書】知識がなくても成功する!確実に減量できる『糖質制限ダイエット+あなたに最適な食事メニューの作り方』を教えます。【ダイエットのノウハウ】 | 発信者「ときうり」 | Brain

 

サムネイル制作と稼ぎ方の教科書(オンラインサロン付き) | ゆうすけ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200418010212j:plain

新たな仕事を求めて転職するときには年齢も考慮する

 

年齢は、転職活動を行う上で重要な意味あいを持っていますので、年齢を意識した転職プランが必要です。

 

何歳の人が面接を受けに来たかは、会社サイドからしても重要な部分であり、ないがしろにはできません。どんな企業でもどんな職種でも、人を採用する上で年齢を気にしないわけにはいきません。

 

いまの日本の景気が良いとか悪いとかの論議がありますが、採用時の評価基準が大きく変わることはそうありません。

 

新規で人を雇用するに際しては、可能な限り優秀な人材を選んだ上で、会社に長く残って欲しいと思うものです。日本の景気が上向いていた時代は、まとめて採用するような企業も珍しくありませんでしたが、最近は求人数も抑え気味です。

 

経済状況がやや回復していますが、採用人数が急に増加するということは少ないですし、転職を繰り返す人も減少しているようです。

 

転職希望者を採用する時には、まとまった人数を雇用する形にはなりませんので、その人その人ができることに関心を向けることになります。大量に採用していた時代とは異なり、転職してきた人材には、仕事を通じて何らかの貢献をもたらすことを強く求めるようになってきています。

 

新しく採用した人材に対して、年齢相応の実力を求めており、これまで以上に厳しい目で見ています。

 

企業が求める結果を出せる人なら、高い期待を課せられるくらいがちょうどいいでしょうが、期待に応えられない人もいます。転職をする時には、自分自身の年齢や、職歴を含めて、どんな仕事ができるのかを見極めることが重要になります。

 

年齢に関係なく転職を成功させるコツとは

 

30歳を越えてから転職活動をしても、うまくいかないのではないかと気にする人は少なくありません。

 

年齢は転職をしたい場合に大きく影響しますが、それは、若いほうが求人数が圧倒的に多いからです。企業サイドの都合を考えると、安い給料で働いてもらえる若者のほうが、採用しやすいというわけです。

 

30代を過ぎても、会社によっては募集をしていることがありますので、一定年齢を超えても諦めることはありません。

 

ある程度年をとっても転職を成功させたいと考えているなら、転職の仕組みを理解する必要があります。バイタリティーややる気を重視して採用が決まるのは若いうちの話であり、30代以降は事情が変わります。

 

ある程度年をとっている人を採用する企業は、すぐにでも第一線で働いてくれることを期待していることがほとんどです。

 

これから先、転職を視野に入れているなら、目の前にある仕事をきっちりとやることが大切になります。自分の意見を言葉にする能力や、対人折衝能力、空気を読み、その場に適した発言をすることは、仕事を行う時には非常に役に立ちます。

 

周囲の人とのやり取りをいかにうまく行えるかが、35歳からの転職活動では鍵を握っています。

 

目の前の問題を適切に処理をしたり、意見の異なる人同士の考えをすりあわせたり、社外の要望や意見にきちんと対応する能力はどこでも必要です。年齢を重ねるにつれて、条件が合う求人は探しづらくなりますが、企業にとって必要な人材になるための努力を続ければ転職も成功するでしょう。