ビジネスで突き抜けたい存在になりたい人と転職者を支援するブログ

ビジネスで突き抜けたい方やいい条件で転職したい方や起業家に役立つ情報を発信するブログです。

第38回 人間関係づくりをスムーズにする、「アサーション」を身につけよう!

f:id:destiny6711:20191026132701j:plain

 

こんにちは、ブロガー講演家イッサです。


今回のテーマは、「人間関係に強くなること」。

 

僕が見聞きする限り、自分は人間関係に強い!自信がある!と確信を持って言える人って、そんなにいないんじゃないかと思います。

 


とくに、ビジネスの場面では、苦手な人と接することも多々ありますね。上司や顧客のキーパーソンが、苦手なタイプだったりすると、もう泣きそうになってしまいますが、そんなときでも、できる限りストレスを受けず、気分良く付き合える方法があるのです。


今日はその方法、「アサーション」という考え方について、ご紹介したいと思います。

 


アサーションとは?

 


人間関係がストレスになるのは、どんなときでしょうか。

 


たとえば、相手と自分の意見が食い違うとき、性格や考え方の合わない相手の言動が気になるとき、相手に自分の思いが伝わらなかったり、誤解されてしまうとき、、、などでしょうか。

 


そんなときに役立つのが「アサーション」です。

 


アサーションとは、自己表現の形のひとつ。自分の考えや気持ちを率直に伝えると同時に、相手の考えや気持ちも尊重する、といった姿勢や態度、言葉かけの総称です。

 


「自分と相手の意見が食い違ったとしたら、どっちかが折れるしかないんじゃないの?両方とも通すなんて無理なのでは?」

 


そんな声も聞こえてきそうですが、お互いを尊重するというのは、どちらの意見もそのまま採用する、ということではありません。お互いが歩み寄って、どちらにとっても納得できる落としどころを探していく、というイメージです。

 


自己表現の3つのタイプ


たとえば、友達のAさんと食事に行くとします。今日のあなたは少し胃腸の調子が悪く、あっさりしたものが食べたいと思っています。そんなときAさんが「焼肉が食べたい!」と言ったら、あなたはどうしますか?

 


ストレートに本音を言ってしまうと「いやムリ!」となりますね。体調の悪さのあまり、つい感情的に「絶対やだ!人がツライ思いしてるのに勘弁してくれ!」と反応してしまうかもしれません。このような自己表現を「攻撃的」な自己表現と呼びます。

 


あるいは、断って気を悪くさせたくないという思いから、体調の悪さをおしてOKしてしまう人もいるでしょう。「僕もそう思ってた!行こう行こう」などと、心にもない言葉でサービスしてしまったり…。このような自己表現は「非主張的」な自己表現と呼びます。

 


いずれも、一時的にその場はおさまるかもしれませんが、長い目で見た場合はどうでしょうか?

 


攻撃的な態度やもの言いを続けていれば、「キツイ」「話を聞かない」「わがまま」などとみなされ、周囲から人が離れてしまうことになりかねません。

また、非主張的な人の場合、相手は心地よくいられますが、自分の思いをないがしろにし続けることで、人間関係に疲れ、自分から人と距離を置いてしまったり、ストレスでつぶれてしまったりする恐れがあります。

 


そこでアサーションです。自分もAさんも心地よい表現とは?たとえば、以下のような言い方ではいかがでしょうか?

 


「実は昨日食べ過ぎて、今日はちょっと胃がもたれてつらいんだ、ごめん、肉が食べたいなら、焼き鳥なんかはどう?焼肉は、この前おいしい店見つけたから、来月にもまた行こう!」

 


自分の気持ちを率直に伝えながら、相手の気持ちにも目を向け、相手の望みもかなう方法を提案しています。このように、アサーションを満たす自己表現のことを「アサーティブ」な自己表現といいます。

 

 

じょうずな自己表現のコツ

 


アサーティブに意見や気持ちを伝えるには、ちょっとしたコツがあります。

 


先ほどの、食事の誘いに対するアサーティブな返答を、もう一度見てみましょう。

 


「①実は昨日食べ過ぎて、②今日はちょっと胃がもたれてつらいんだ、ごめん、③肉が食べたいなら、焼き鳥なんかはどう?④焼肉は、この前おいしい店見つけたから、来月にもまた行こう!」

 


この返答は、次のような組み立てになっています。

 


①Describe(描写)…自分の状況や相手の行動を、客観的に描写する

=昨日食べ過ぎた

 


②Express(表現)…①に対して、自分の気持ちや感情、または相手の気持ちへの共感を表現する

=①によって、胃がもたれてつらい

 


③Specify(明示、はっきりと示す)…①、②を受けて、明確で具体的な提案をする

=肉がいいなら、焼き鳥はどう?

 


④Chooose(選択)…③に対する相手の反応を予測して、OKだったとき、NGだったとき、それぞれの自分の言葉や行動を考える

=(OKのとき)焼肉はまた来月行こう (NGのとき)今日はいったん出直す など

 


これらは、頭文字をとって「DESC法」と呼ばれています。DESCに沿って、相手に伝えることを組み立てていくと、お互いの齟齬を、争うことなく建設的に解決する糸口が見つかります。アサーティブに会話をするために、とても役立つ方法です。

 


ここで注意したいのは、自分の気持ちや感情を伝えるときの言葉です。

例えば、スマホゲームに夢中で話をなかなか聞いてくれない恋人に対して、何かひとこと言うとしたら…

 


A「ずっとゲームに夢中だね、あなたは私の話なんか聞きたくもないのね!」

B「ずっとゲームに夢中だね、話を聞いてくれないのはさみしいな…」

 


感情だけにフォーカスすれば、Aにも十分共感できますが、この場合、恋人が反省して自分の方を向いてくれそうなのは、Bのセリフだと思います。

 


二つのセリフの違いは、後半部分の主語が、それぞれ「あなた」と「私」になっていることです。

 


「あなた」が主語の場合のセリフは、話を聞いてくれないあなたはひどい!と相手を責める内容になっています。これに対し「私」を主語にした場合は、「さみしい」と自分の素直な気持ちを、相手に率直に伝えており、その後どんな行動をとるかは、相手の選択にゆだねられているので、二人の関係が前向きに発展していく可能性が高いのです。

 


「私」を主語にすることで、自分の素直な感情を大事にするとともに、相手を尊重する姿勢を伝えることができ、良好な人間関係を保つことができるのです。

 

ビジネスにどう活かす?

 


ビジネスシーンでは必ずしも、同僚や上司・部下、顧客と親密になることは求められません。あくまで、業務遂行のための協力体制を作ることが、ビジネス上の人間関係です。

 


しかし、人間同士が関わる以上、お互いの「感情」が動くことはどうしても避けられません。それが良いものであれ、不快なものであれ、感情によって行動が支配されてしまうことは、ビジネスシーンでもよくあることです。

 


アサーションは、そんな「感情」を客観的にとらえることで、冷静な判断と適切な行動を促し、ビジネスをうまく進めるのに役立ちます。

 


例えば、仕事の納期をなかなか守ってくれない同僚がいたとします。先ほどのDESC法を使って、次のようなセリフはいかがでしょうか。

 


「(①Describe)先週お願いした企画書なんですけど、明後日までに課長に報告することになってるんです(②Express)課長からかなりせっつかれてしまってて、私もちょっと焦ってるんですね(③Specify)途中経過だけでも、今報告もらえませんか(④Choose)もし思うように進まないなら、私も少し手伝いますから」

 


なるべく急いでほしい、という相手への要望のベースは、自分の「焦り」という感情です。それを客観的にとらえ、「私」を主語にしたメッセージで表現することで、相手を責めず、適切に要望を伝えることができます。

 

まとめ


アサーションでは、自分の感情を押し殺すのではなく、むしろしっかりと見つめ、的確な方法で表現することが求められています。同時に、相手への配慮も示し、お互いが快適でいられる関係作りを目指しています。

それは、人間関係からくるストレスを抑えることにもつながっていきます。

 


人間関係は複雑で難しいものですが、考え方、とらえ方ひとつで、ずいぶん気楽さが違ってくるものではないでしょうか。ぜひ、日常生活やビジネスに、アサーションを取り入れて、快適な人間関係をめざしてほしいと思います。