イッサ研究所

会社員や起業家などにちょっと役立つ情報を発信するブログです。

第131回 【いまさら聞けない】ビットコインとコインキャッシュの違い 初心者編

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、ビットコインとコインキャッシュの違いです。

 

f:id:destiny6711:20200205151454j:plain

 

ビットコインをなんとなく理解している人

ビットコインとビットキャッシュの違いってなんだろう?

 

なんかビットコインキャッシュの価格が上がったとか話は聞くけど、なんでそうなるの?

 

こういった疑問に答えます。

 

初心者にもわかりやすく解説していきます。

 

本記事の内容

・ビットコインとビットキャッシュの違いは『ブロックサイズ』にあります。

 

・ビットコインキャッシュを理解するには『 SegWit』の知識が必要になります。

 

・ビットコインvsビットコインキャッシュ、今後はどちらが伸びるのか?

 

僕は最近になって仮想通貨にハマり中です。

 

なぜ、今仮想通貨を勉強しているのかといえば、イケハヤさんが仮想通貨について言及していて、勉強しましょうみたいなことを言っていたので興味を持ちました。

 

毎日数時間ほど、仮想通貨の学習をしています。

 

仮想通貨を初めた当初は『ビットコイン?ビットキャッシュ?SegWit?サイドチェーン?』といった感じで、訳わからないことばかりでした。

 

意味不明すぎる情報にやる気がなくなってしまいそうになりましたが、最近はやっとちょっとわかるようになってきました。

 

ググるとわかるのですが、仮想通貨関連のブログは専門用語が多く、非常に初心者にわかりにくいものが多かったです。

 

そんな中で、僕は「知識ゼロの初心者でもわかること」を目標にライティングしていきます。

 

ビットコインとビットコインキャッシュの違いが『ブロックサイズ』にあります。

ビットコインとビットキャッシュを比べて見ると、基本的に同じでブロックサイズがビットコインは1MBでビットキャッシュは8MBになっています。

 

ブロックサイズとは?

ブロックサイズは簡単にざっくりと解説すると、データを書き込めるブロックの大きさという意味です。

ブロックチェーンで仮想通貨のデータを書き込む際に、1つ1つのブロックにはサイズがあります。

 

ビットコインの場合は1MBまで書き込めて、ビットコインキャッシュの場合は8MBですよってことなんです。

 

ブロックサイズを大きくする意味があるの?

 

ブロックサイズを大きくすると、単純にデータ送信量が増えます。

そうなると、ビットコインの送金詰まり問題が解消されますね。

 

送金詰まり問題とは、『ビットコイン利用者が増えすぎて、ビットコインを送金しても、時間がかかりすぎてしまう』という問題です。

 

送金が詰まるほど、ビットコインが利用されていることには驚きました。

これからはビットコインで支払いが身近になる日も近いでしょう。

 

ビットコインキャッシュは、ブロックサイズ(1回で送信できるデータ量)を大きくすることで、送金詰まり問題を解消しようとしています。

 

なお、ビットコインはブロックサイズを大きくするつまりはないらしい。

その理由は別の解決策を考えているから、『単純にブロックサイズを大きくする』ということをしない。

ブロックサイズを大きくするかしないかという問題を『ビックブロック問題』と呼んでいます。

 

ビットコインは、なぜブロックサイズを大きくしないのか?

 

『ブロックサイズを大きくすれば、送金詰まりが解消されるなら、ブロックサイズを大きくしたらいいじゃんか』って思いますよね。

でもそううまくはいかないんです。

 

ビットコインは『SegWit(セグウィット)』という方法で解決しようとしています。

 

ビットコインキャッシュを理解するにはSegWitの理解も必要になります。

この点は、次の項で詳しく解説いたします。

 

ビットコインキャッシュを理解するには『SegWit』の知識が必要になります

f:id:destiny6711:20200205155335j:plain

SegWitとは、データサイズを圧縮するアップデートのことです。

ビットコインにSegWitを実装することで、ブロックサイズはそのままにして、送信データ量を増やすことができる。

 

また、SegWitを実装することでマリアビリティ問題(ビットコインの脆弱性のような点)も解決できると言われていて、これも素晴らしい技術ですね。

なお、ビットコインキャッシュはSegWitを実装する予定がありませんが、マリアビリティ問題の部分だけはアップデートして対応していくとのことです。

 

SegWitのデメリット

 

SegWitは一見良さそうなアップデートに感じますが、いくつかのデメリットもあるのです。

 

・マイニングの難易度が上がる(マイナーが利益を上げづらくなる)

 

・コードが複雑化する(取引所やウォレットも実装が大変になる)

 

 

覚えておく必要があるのは、『マイニングの難易度が上がる』という点です。

この部分でマイナーが反発をしていて、それもそのはずですよね。

単純に自分たちの利益が減るからです。

 

こういった状況で、一部の大口マイナーたちがビットコインキャッシュを支持し始めていて(ビットコインキャッシュの方が儲かりやすいから)、それに伴ってビットコインキャッシュの価格が上がっていたりします。

 

とはいえ、結論として、ビットコインはSegWitを実装しました。

今更、文句を言っても仕方ないですね。

マイナーは、コスパを見つつ、ビットコインとビットコインキャッシュの二つを採掘するのが一般的になっているようです。

 

マイニング業はめっちゃ儲かる

 

ちょっと余談になってしまいますが、『マイニングって儲かりますか?』って質問が多いので書いておきます。

結論から言ってしまえば、圧倒的に儲かります。

マイニング機最大手のビットメインは利益が3200〜4300億円ぐらいのこと。

儲かりすぎでしょって感じですよね。

 

ビットコインvsビットコインキャッシュ、今後どちらが伸びるのか?

 

f:id:destiny6711:20200205161555j:plain

 

答えは、2020年はビットキャッシュよりビットコインが伸びやすくなるんじゃないかなと思います。

 

サイドチェーンを使ったライトニングネットワークとは

 

ざっくり説明すると、メインチェーンの脇に、サイドチェーンを作りましょうっていうことです。

現在のビットコインは、全ての情報をメインチェーンで処理しています。

それだと安全性が高いですが、手数料なども高くなります。

 

なので、サイドチェーンという概念を作り、小額決済などは、メインチェーンをつクァなくても決済できるようにすればいいじゃないかという話です。

 

これはイーサリアムでも似ているプロジェクトが進んでいて、通称『プラズマ(Plasma)』と呼ばれています。

名前がカッコ良すぎますね。

 

『ビットコインのライトニングネットワーク』と『イーサリアムのプラズマ』といったような技術で、スケーラビリティ問題(利用者が増えてきた時に発生する問題)が解決される見通しになっているようです。

 

とはいえ、ライトニングの実装は、まだまだ時間がかかりそうです。

2020年には実装できるといいですね。

まだまだビットコインキャッシュが優勢な感じです。

 

2020年の決済サービスはビットコインキャッシュを採用する

 

繰り返しになりますが、『小額送金』や『決済』という点に注目すると、現在のビットコインは使い物になりません。

手数料が高すぎますね。

 

そこでビットコインの代用に使われるのがビットコインキャッシュになります。

大手サービスでいうと、Bitpayというサービス会社がビットコインキャッシュを採用しました。

 

この他にも2020年現在様々なペイメント系サービスが出てくると思いますが、ビットコインキャッシュが採用されやすいです。

なぜなら、手数料が安いからですね。

 

そうなってくると、2020年においてはビットコインキャッシュの価格上昇が起きやすいんじゃないかなと思います。

仮想通貨の相場って大きなニュースがあると爆上がりしたりします。

 

こういったニュースを紐解きつつ仮想通貨のトレードをすれば、利益を上げやすいのかなと思います。

 

というわけで、改めてまとめると下記の通りです。

 

・現在のビットコインは手数料が高すぎて使い物にならない

 

・2020年には様々なペイメント系サービスが出てくるはず

 

・ペイメント系サービスはビットコインキャッシュを採用することが予想できる

 

・なので、今後ビットコインキャッシュは価格が上がりやすそう

 

・2020年以降、ライニングなどが実装されれば、ビットコインが強くなるかもです。

 

こんな感じですね。

これはあくまでも、『一般論+僕の個人的な意見』なので参考までに留めておいてください。

 

というわけで、今回は以上です。

 

未来の価値に投資していきましょう!

 

おまけ

本日のおすすめ便利グッズ

キングジム クリアファイル カキコ A4 縦 20P ネイビー 8632ネイ

新品価格
¥447から
(2020/2/5 17:34時点)

書き込みができて便利で、しっかりかみが止まって外れません。

開いたままで、勝手に閉じてきたりしない優れものです。

みなさんも使ってみてはいかがでしょうか?