イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

短期の仕事と長期の仕事

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、短期の仕事と長期の仕事です。

 

 

おすすめ記事

 

【面接編】難関企業攻略の動画就活講座 | 武藤孝幸 株式会社VisionCreator | Brain

 

サムネイル制作と稼ぎ方の教科書(オンラインサロン付き) | ゆうすけ | Brain

 

【325種類】YouTuber向けPremiereスタイルデータを販売します。 | 赤津 亮太 / 赤トマト | Brain

 

f:id:destiny6711:20200427233418j:plain

短期の仕事と長期の仕事

 

継続的な雇用スタイルに憧れる人は多いですが、短期で仕事をすることも利点があります。

 

雇用体系にはさまざまなスタイルがあり自分のライフスタイルに合った仕事を探すことが大切です。一定の水準以上の収入があり、毎月安定した報酬が得られる仕事を望むという人は、正社員の仕事を探してみましょう。

 

パートやアルバイトで雇われながらも、年単位で長く働いているという方もいます。

 

アルバイトやパートの場合、長く勤めていても会社の都合で雇用関係が終わることもありますので、油断はできたものではありません。パートやアルバイトのいいところは、仕事の時間や日数の制約が少ないことにあります。

 

仕事よりも、自分の都合を優先して労働時間を組み立てることができるのです。

 

大学生の場合、勉強と両立させたり、卒業までには就職活動をしなくてはなりません。短期間の仕事であれば、その間だけ仕事に励むという方法や、勉強時間と折り合いがつくように調節することもできます。

 

短期の仕事は、なりたい仕事につくための準備期間中の人にも向いています。

 

俳優やミュージシャンを目指している人の場合、仕事よりも練習やレッスンに時間を割きたいと思うことも少なくありません。生きていくためにはある程度のお金がなくてはなりませんが、短期間の仕事をしながら夢を叶えるための活動を続けていたいという人もいます。

 

短期の仕事

 

多くの人が短期で働ける仕事を探し求めています。

 

正社員で働きたいと考えている人の多くは、長期間の仕事を希望しているようです。パートやアルバイトとしての仕事を探すのであれば、短期間の仕事もあります。求人広告や求人雑誌は、短期間の仕事の応募をよく見かけます。

 

短期の仕事の中では、一日だけ仕事をするといったようなものも少なくないようです。

 

期間限定の仕事や、イベントが開催されている時だけ一次的に人員を増員したい時などに、短期の仕事の募集が出ることがあるようです。屋外プールの監視員のような仕事は、夏場に限定されて求人が出ていることがほとんどです。

 

秋になり、プールが閉鎖された時点で仕事も終了します。

 

プール監視員のような集中的に行う仕事は、期間内の賃金も高めですので、短期間でお金が欲しい人向きです。短期間の肉体労働は総じて賃金が高めで、建築現場やイベント会場での仕事がこれにあてはまります。

 

いい時給がつくので、短期間でもその期間内をずっと働くことによって、結構な収入を得ることができます。

 

月々の安定した収入を必要としている人は、雇用状態が不安定な短期の仕事は向いていないようです。転職活動をしている間だけ、短期の仕事をするという方もいるようです。仕事をしている間も求職活動を行わないと、契約が終了したとたん無給になる危険があるので注意が必要です。