イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

中高年の転職先の見つけ方

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは中高年の転職先の見つけ方です。

 

 

おすすめ記事

 

【就活】これで就活無双!?自己分析完璧シート! | タツ | Brain

 

医療論文や医療情報の検索精度を上げる方法(google~pubmed検索、翻訳まで制覇編) | 岡 賢佑 | Brain

 

人生を充実させる働き方とは | すけさん | Brain

 

 

f:id:destiny6711:20200319105013j:plain

中高年の転職先の見つけ方

 

中高年の転職活動では、希望に合う転職先を探すいい方法はあるでしょうか。

 

適切な方法で求人を探せるかどうかが、中高年の転職活動では重要です。探し方を誤らなければ、一定の求人が常に存在しているような職種も存在はしています。一通り探してもよい求人が見つからないという時には、アルバイトや短期の仕事をしながら収入をつなぐことも考慮に入れましょう。

 

働き口が見つかるまではアルバイトや日雇いの仕事をして、生活費を工面しながら転職活動をするという中高年の方もいるといいます。

 

焦ると自分の納得いく転職先を見つけることができませんので、時間がかかっても良いという覚悟で転職活動を始めましょう。当初は想定していなかった転職先でも、よく考えてみたらよい判断だったこともあります。今までの業種や職種だけに固執せずに、視点を変えて求人情報を見ると新しい発見があるかもしれません。転職活動では、今までの考え方から出ることができずに苦戦する中高年もいます。

 

固定概念を取っ払って、先入観を持たずに物事を見ることです。過去の栄光にとらわれず、新しいものに挑戦する謙虚な姿勢を持つことが中高年の転職には必要です。どんな分野でもチャレンジする気持ちで取り組めば中高年の転職はうまくいくのではないでしょうか。

 

中高年の転職のデメリット

 

転職活動を中高年になってからしようとしても、なかなか希望通りの職にはつきにくいようです。

 

では、短所を跳ね返して転職活動をやり遂げるべく、中高年のすべきことは何でしょうか。中高年の人材を採用した場合、企業は高い給料を支払わなくてはいけない点が挙げられます。中高年に対しては若い人より高い給料で雇い入れるものだという考え方は、日本人の中に年功序列という考え方が深く根ざしていることに関係しているようです。

 

そのため、給料に見合う能力が発揮できることを見込めない限り、採用はされにくいわけです。

 

こういった事情もあり、転職をする際に中高年が心がけることは、会社で生かせる能力があるかどうかです。中高年は判断が硬直化しやすいことも、会社側が中高年を敬遠しがちな理由です。これまで最前線で頑張ってきた中高年の方は、とかく自身の判断が正しいと思いがちです。職場が変わっても前の職場の考え方や手順にこだわるという人もいますが、転職をした際には臨機応変な態度で物事に取り組むことが大事です。

 

マネージメントができる人材を捜して中高年の求人を出している会社が少なくないということも踏まえておくといいでしょう。

 

マネージメントは部下の資料にハンコを押すだけではなく、プロジェクト管理やスタッフ管理、人材教育です。面接時に的確に自分のマネージメント能力をアピールすることが転職成功のポイントです。また、中高年はプライドが高くて若い人たちとの交流がうまくいかないのではないかとも思われています。中高年が採用面接の場に出る時は、硬直した思考を持たず、転職後新たな環境にもすぐに順応できるだけの柔軟さがあることを訴えていきたいものです。

 

中高年の再就職について

 

中高年の再就職事情についていくつか調べてみました。

 

働ければ何でもいいという再就職を目指している人は多くはありません。やりがいがあり、仕事をしている自分に満足できるようになりたいという人が大半なはずです。中高年の再就職に際して、衝撃を受けるのが求人の少なさです。若年層に比べて労働条件が悪い傾向もあります。

 

事務職についていた中高齢の方々は、再就職活動に失敗続きで苦労しているようです。

 

再就職活動を成功させるためには、相手企業に自分の能力ややる気をどうやって示すかが鍵となるでしょう。新しい職場で何ができるか、自分はどんな点で使える人材なのかをはっきりと示せるかどうかが重要になってくるのです。中高年の就職活動では中身のない自己アピールは無価値となりますので、若い人たちのようにやる気と体力だけを示しても何もなりません。中高年の再就職がうまくいかない理由がここにあります。

 

先入観や独りよがりな思いこみなどで物事を推し測る傾向が強い人が少なくありません。

 

自身のことを相手に語る言葉が少ない年輩者も多く、再就職を困難にしています。スキルにしろ心構えにしろ、まず何をアピールするのかを定めなければなりません。自分の考えを再整理し、自分は何に向いているかをはっきりさせることが苦手な人もいるようです。再就職を成功させるためには、面接や職務経験書で自分というものをどうやって相手に伝えていくかが鍵となります。

 

中高年の転職活動を効率よく行う方法

 

若い人を募集する求人は多いのに、中高年の求人は少ないため、仕事探しは困難なものになります。

 

様々な事情があって転職をする人は少なくないですが、20代、30代のうちなら、求人は比較的たくさん出ています。しかし、中高年に対しての求人は多くないために、ちょうどいい仕事を見つけることができない人もいます。求人は増加しつつありますが、若い人を募集することが多く、中高年の求人は少ないままです。

 

即戦力になるような知識や資格を持っている中高年をあてにしているという会社もあります。

 

中高年の転職活動では、効率の良い仕事探しをすることで、適した仕事を見つけることが可能になります。ハローワークには様々な求人情報がありますので、中高年が求人を閲覧したい場合は、まずハローワークに登録します。求人票の閲覧はパソコンや掲示物などからも可能ですが、うまく見つけられない時は、窓口で相談して探してもらってもいいでしょう。

 

ハローワークでは、パソコンのデータベースにアクセスして、希望の業種、勤務地、給与、休日日数などが合致する求人探しをすることが可能です。

 

ハローワークでは、常に最新の情報が掲載されていますので、時々通って、新着の求人情報をチェックするといいでしょう。最近は、ネットを使った転職活動も活発になっています。就職情報サイトでは、中高年を募集しているような求人情報を数多く見ることが可能です。自分の経験や資格を登録しておくことで、条件に合った仕事があればメールで案内してくれる便利なサービスもあるので、登録しておくことをおすすめします。