イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

中途採用をする時の面接の重要性について!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは中途採用をする時の面接の重要性についてです。

 

 

f:id:destiny6711:20200222130940p:plain

面接官が中途採用を面接する時に考えること

中途採用によって人材を確保したいという企業は、面接を通じて応募者がどういった人材なのかを重視しまする一方、新卒者を採用する時には、中途採用者を採用する時のように、実績や技術を求めて採用することはまずありません。

 

どんな技術を持っているかは新卒者に対してはさほど重要ではなく、相手のパーソナリティをまず評価します。新卒者の面接は企業の雰囲気や社風に合うかどうかを判断するために行います。

 

それに対して、中途採用の人材を雇用する時には、性格や、ものの見方だけでなく、現在に至るまでどんな職種を経験し、実績を積んできたかを重視するものです。企業は中途採用するメリットを中途採用者に対して、スキルや実績に求める傾向にあります。

 

企業の立場から見ても、中途採用者を評価し、採用するかを決めるための面接は、なくてはならないものです。

 

f:id:destiny6711:20200222131406j:plain

中途採用の面接に臨む時の心構え

転職を志す場合、中途採用での面接は、新卒時の面接し全く事情が違うものであるということを、把握しておくべきです。

 

これまで自分がどんなところで働いてきて、どのような技術や経験を得ているのかを、改めて確認しておくことです。スキルや経歴書の棚おろしはやっておきましょう。紙に書くことで今までやってきたことが明確になります。

 

面接では、自分のスキルや実績が、新しい職場でどういった形で活かすことができるものなのかをPRできるようにしておくことです。

 

多くの企業は、まず書類だけである程度の候補者を絞り込み、残った人だけを面接するという段取りで行っています。

 

書類審査をクリアし、面接に進むことができた以上は、いつもの自分をPRすることで採用までたどり着けるような準備が必要になります。

 

相手の質問に答えるだけでなく、気になることは自分から聞くくらいの心意気で面接を受けることが、採用を勝ち取るためには必要です。面接時に質問はできるだけ面接官のことを聞くと面接官に親しみを持ってもらえます。

 

例えば、面接官はなぜこの企業に選んで、就職しているのか?や実際に就職して見て、どうだったか?などを質問するととても高印象になります。

 

面接の場で慌てないように、質問の答えを用意したり、シミュレーションをするなどしておくことが肝心です。面接のシュミレーションや履歴書の書き方は転職エージェントなどを活用していくのが良いです。プロからの的確なアドバイスを無料で受けれますので、貴重な機会になるでしょう。

 

信頼できる転職エージェントを紹介しておきます⬇️

キャリアパーク

厳選した優良企業から、あなたにあった企業を紹介してくれる転職エージェントです。プレミアム選抜面接などいろいろな紹介の仕方をしてくれます。自己分析、ES、面接、グループディスカッションなどの対策も教えてくれます。無料登録なので、一度試して見てください。

 

まとめ:中途採用をする時の面接の重要性について

面接官は性格や、ものの見方だけでなく、現在に至るまでどんな職種を経験し、実績を積んできたかを確認できる良い機会になりますし、中途採用者は企業の雰囲気や社風などを確認でき、自分のスキルや実績が、新しい職場でどういった形で活かすことができるのかを考える機会になりますので、とても重要です。