イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

大学生が就職活動する際の情報収集はネットだけに頼ってはいけない

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、大学生が就職活動する際の情報収集はネットだけに頼ってはいけないです。

 

 

おすすめ記事

 

収入の柱を増やす「ネットでお金を稼ぐ40の方法」 | すけさん | Brain

 

Twitterでコツコツと手放しでフォロワーを増やしていく手順 | ブレイン | Brain

 

超サイヤ健康人の「超ダイエット2.0」遂に解禁!この記事見ても痩せないなら即諦めてください。時には諦めることも大豆。 | HMBetaTOR | Brain

 

f:id:destiny6711:20200321144506j:plain

大学生が就職活動する際の情報収集

 

インターネットを中心とした仕事探しは最近の主流であり、大学生の就職活動でもそれは同様です。

 

大学生が就職活動を進める上でネットからの情報提供はなくてはならないものですが、それだけでは十分な情報は確保できません。その理由は、企業が発信する就職活動を行う大学生向けの情報は、表面的なことしか記載されていないからです。企業としては、極端な情報のせいで応募者を減らしたくはありません。

 

あまりにも限定した内容にしてしまうと、人が集まりにくくなってしまうので、求人情報を意味がありません。

 

まずは広く応募者を募り、できるだけ多くの人に応募してもらって、その上で採用者を選びたいというのが企業の本音です。就職活動をする時にインターネットから様々な情報を得ることができますが、虚偽ではないにしろきれい事ばかりということがあります。大学生の時に就職サイトで知った情報と、仕事を始めてから知った情報との間に、想定以上の食い違いがあったという人もいます。

 

そこで、大学生が就職活動を行うならば、インターンシップにチャレンジしてみることをおすすめします。

 

学生のうちから何も働かなくてもと思ってしまう人もいるようですが、大学生のうちに仕事を体験することで、新しい世界が開けることもあります。自分が最も働きたいと思っている業界や会社で、可能な限りたくさんの経験するのが理想です。ネットの求人情報だけではわからない経験をすることで、就職活動の方向性を見定め、確信を持って未来を掴みに行けるでしょう。

 

就職活動にはセミナーの活用を

 

さまざまなセミナーに出かける機会があるのが就職活動です。

 

一般的なセミナーは、複数の企業が合同で開催するものです。合同企業説明会と言われることもあり、地方自治体や就職活動支援を行っている会社が開催することもあるようです。就職活動をしている人が1日で多くの企業と接触できるように、1つの会場の中にはたくさんの企業がブースを設けているのです。就職活動の雰囲気にまず触れてみたいという人は、就職セミナーの参加から始めてみてはどうでしょうか。

 

就職セミナーの規模はその時々によって様々です。すべての企業を回りたくても、規模が大きな就職セミナーでは不可能です。

 

事前に関心のある企業の場所をピックアップしておきましょう。興味のある会社のことはあらかじめざっと調べておくと、出展企業が事前にわかっているのであればスムーズではないでしょうか。さまざまな疑問点を当日企業の人に直接聞くことが可能です。数多くの企業と接触をすることができる就職セミナーに行くメリットは、求人を出している企業にどんなものがあるかを知り、自分の中の選択肢を広げることでもあります。

 

セミナーでは予定していた企業ブースを回るだけでなく、関心を持った企業の話も積極的に聞きに行くと、就職活動に幅が出るのではないでしょうか。

 

就職活動では求人サイトで仕事情報集めを

 

希望の就職先を見つけるためには、ハローワークや、ネットを利用して、希望の条件を満たす求人を見つける必要があります。

 

求人情報は様々な手段で探すことができますが、最近は、インターネットの求人サイトを活用しているという人が多いようです。同じ仕事情報が掲載されている就職サイトでも、取り扱っている会社の数や対象としている地域にも違いがあります。

 

日本中の最新の求人がまとめられており、検索性も高く、どんな業種や職種の求人もあるような大型サイトもあります。

 

特定の業界や、地域のみに特化している就職サイトもあり、自分が求める求人を速やかに探し出せます。公開されている求人だけでなく、非公開求人もあって、条件を満たした人にだけスカウトをしてくるようなシステムの求人サイトも少なくありません。転職活動をスムーズに行いたいと考えている人は、就職サイトに登録をして情報を効率的に得られるようにするといいでしょう。情報提供以外にも、様々な支援が就職サイトでは行われています。

 

キャリアカウンセラーによる就職ガイダンスが利用できるようなサイトも、多くなっています。

 

キャリアカウンセラーの相談窓口が用意されている就職サイトでは、掲載されている求人情報について分からない事や疑問などがあれば、質問することができます。どんな情報を集めることができるかが、就職活動をする時には、非常に重要な意味を持っているといえます。

 

就職活動を円滑に行うには、必要な情報をいち早く仕入れて、その情報に基づいて先の行動を決めることです。就職活動をやり遂げるためには、インターネットの就職サイトのような情報提供手段をフルに活用して、有用な情報を効率的に集めることが重要になります。