イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

第二新卒の転職活動について

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、第二新卒の転職活動についてです。

 

 

おすすめ記事

 

実は誤解だらけ?国際認定資格者が伝える本当のマッケンジー法 | Takehiro.S マッケンジー国際認定 | Brain

 

現役!大手小売りバイヤーの仕入れ指南 | さとし@大手小売バイヤー | Brain

 

1ヶ月でチャンネル登録2万人再生回数を250万回伸ばした方法 | 革命家Hiro | Brain

 

f:id:destiny6711:20200328232828j:plain

第二新卒の転職活動

 

第二新卒の転職活動についてです。

 

第二新卒とはどのような意味なのでしょうか。第二新卒とは、学校の種類を問わず学校を卒業して初めて就職した人です。就職後1年~3年未満で退職して転職しようとしている人達の事です。最近では、短大や大学卒の新社会人の3割~4割が3年弱で退職してしまうというデータもあるようです。

 

社会の傾向として早期退職者が増えてきたことから、第二新卒者という言い方も一般的なものとなりました。

 

この頃は第二新卒を積極的に採用しようとする会社も増加し、第二新卒はひとつのステータスとして定着しつつあります。とはいえ、現段階では第二新卒という言葉にどんな人が該当するのか、明確に認識していないという方も多いようです。自分が第二新卒であると間違って思い込んでいる人もいます。

 

第二新卒のつもりで転職活動をしていたところ、そもそも第二新卒でなかったために転職がうまくいかなかったということもあります。

 

応募条件のミスマッチにより採用される筈の無い企業に応募するという無駄な転職活動をする事になってしまいます。第二新卒ではない人としては、大学卒業直後には就職をせず、海外留学やその他の活動をしていたという方、卒業時期が他の人とズレていた人や働かない期間があった人なども第二新卒以外となります。細かな部分は会社によって異なりますが、第二新卒ではない新卒者は新卒あるいはフリーターとして採用企業側は見なし、該当外とされることがあります。

 

第二新卒者の求人を出している企業に応募する時は、自分が条件に合っているか転職活動前に確認をしてください。

 

第二新卒として転職活動をする時には

 

第二新卒という言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、転職する際にはどのように活動すれば良いのでしょうか。

 

どんな人を第二新卒というのか明確な決まりはあませんし、求人を出す企業の採用の仕方もまちまちです。一般的には、新卒で入社してから3年未満の求職者のことを第二新卒であると言われています。学校を卒業すると同時に就職したけれども、思い描いていた仕事の内容と違っていたなどの理由で、転職を希望する人もいます。

 

ここ最近は景気が回復傾向にあることもあって、あらゆる業界で人手不足の傾向があり、有効求人倍率も高い状態にあります。

 

そのため、新卒者の募集に対して応募が少なく、より多くの採用者を確保するために、第二新卒を募集する企業もあります。第二新卒の転職の場合には、一度就職して社会人経験があるので、基本的なビジネスマナーを身につけていることが前提となります。会社サイドとしても、研修を組む時にビジネスマナー等は不要です。

 

しかし、第二新卒ということは一度会社を辞めているので、再び早期に退職してしまうのではないかと判断されかねません。

 

どうして以前の会社を退職するに至ったのか、きちんと理由を話せるようにしておけば、企業も安心するでしょう。特に以前の職場を退職した理由については、面接時に誠実にかつポジティブに説明する必要があります。転職後にどんな自分になりたくて新たな仕事を探すのかが、第二新卒が就職活動を行う時には大切になります。

 

転職を効率よく進めるための就職活動の方法

 

仕事を選ぶ時には、なりたい仕事をしたいという人は大勢います。大抵の人は、社会人になったら就職しなければ、生活費を稼ぐことができません。

 

仕事を探す側の条件としては、給与額のほかにも労働時間や休日なども考慮しながら就職活動をする人がほとんどです。こちらが希望する仕事の内容と完全に一致していることはありえないですが、半分や、3分の1くらいは一致させたいものでしょう。最近はハローワークや、新聞や広告の求人欄、ネットの求人サイトで、求人情報を得ることができるようになりました。

 

この頃は、求人サイトでまず情報を仕入れて、就職や転職につなげる人が多くなっています。

 

仕事を探している時に参考になる情報や、条件にぴったり合う求人の紹介などがあり、求人サイトもかなり便利なものです。お金わ払わずに求人サイト閲覧サービスが使えることも、インターネットを使うメリットと言えます。中には履歴書や職務経歴書の書き方を記載しているところや面接のノウハウを提供しているサイトもあります。

 

求人サイトの中には、会員登録をする時に、働きたい求人の条件を入力すれば、ちょうどいい求人が入ったら教えてくれるところもあります。

 

ネットを活用できるところからなら、時間の隙間を利用していつでも求人を探すことができますので、とても便利なものです。仕事をしている時でも、時間の合間をぬって求人サイトに目を通すことができますので、働きながら次の職場を探すことができるわけです。求人サイトの機能を有効に使いながら就職活動を行えば、正社員として仕事をしながら転職先を決めることもできるでしょう。

 

転職活動時における情報収集で注意すべきこと

 

転職などで、就職先に関しての情報収集する方法はいろいろあります。

 

業界や職種などの情報を収集するときには、その正しさをきちんと捉えることがとても大切です。転職でも、最初の就職でも、正しくない情報に基づいて行動をすると、せっかくのチャンスを逃してしまうこともあります。就職先の情報などは、客観的なことばかりでなく、情報を発信している者の主観的なことが入っているという点を忘れてはなりません。

 

最近は、インターネットを使う人が増えてきて、転職情報も毎日のように大量に発信されています。

 

公式サイトの発表から、名前を隠して投稿する掲示板まで、数え切れないほどの情報があふれかえっています。面接試験が思うように行かなかった人が、自分の至らなかった点の反省も含めて就職先のことを個人的に発信している場合もあります。個人が発信しているブログの情報は、どうしても客観的な内容では無くなっているので、情報を鵜呑みにしてはいけません。

 

口コミサイトなど、自分の体験や感じたことを自由に投稿できるサイトの場合、その人の偏見や、言いがかりだけでまとめられた情報もあるようです。

 

このような情報を目にすると応募者としての立場があるので、どうしても身内びいきみたいな見方になり易いものです。体験談や、口コミサイトの内容に目を通す時は、客観的な視点でその情報を分析するというスタンスが大事になります。転職についてネットで情報収集をする場合は、公平性なある情報かどうかを見定めることが重要になります。