イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

在宅で仕事をするとは?

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは在宅で仕事をするとは?です。

 

f:id:destiny6711:20200305122401j:plain

 

近年では、在宅の仕事が一般化してきています。

 

インターネットなどの普及により仕事の内容によっては在宅で作業ができるようになりました。在宅環境で仕事をすることは、どのような意味があるのでしょう。

 

在宅ワークとは、家の中で仕事をすることを広く表している言葉です。自宅で仕事をするということは、家事や育児、介護などの自分の生活に合わせながら働く時間の量を調整できるので自由度はかなり高いものとなります。

 

受けた仕事は全て自分でしなければならないことが、在宅の仕事の特徴です。仕事のトラブルが発生した時や、体調を悪くしてしまった時でも、何もかも自分で責任を取ることになります。仕事を在宅で行う時の職種は幾つもあります。

 

ライターや編集者、イラストレーター、システムエンジニア、ホームページ制作、などの職種が多いようです。

 

顧客を家に入れる形で、ネイルアートやエステサロン、お料理教室をする仕事もあります。在宅の仕事は個人の環境に合わせて働ける自由な働き方ですが、さまざまなスキルがなければ続けるのはなかなか難しい働き方だともいえます。

 

どういった仕事をが自分にはできるのか、在宅で仕事をする時にはまず検討することです。加えて、在宅で仕事をする以上は、自分の責任で仕事を完成させるという覚悟が必要になるでしょう。

 

自宅で仕事をする環境について

外と連絡がしやすく、情報収集も容易な体制を取っておくことが、自宅で仕事をスムーズに進める時には意外と重要視されます。

 

自分専用のパソコンを確保し、いつでも使えるようにしておくことや、ネット環境を整えて常時接続体制を作っておくことも大事です。求人情報を検索するのはもちろん、自分についての情報を発信していくことも、自宅で継続して仕事を得ていくために役立つ。

 

仕事を自宅でしやすくするには、ネットやパソコン環境へのある程度の投資は必要です。仕事をする物理的な環境をきちんと整備することも必要である。

 

パソコンを使った作業になることが自宅での仕事では多く、作業机を用意することになります。仕事がはかどり、体に負担をかけない机や椅子、照明や整理棚、さらには不測の情報流出やファイル紛失を避けるための対策などなど。会社では担当の人が全てしてくれる内容も、自宅で仕事をする限りは自分以外の人はしてくれません。

 

納期までに与えられた仕事を終わらせるには、仕事の手順を自分で考え、働ける環境も自分で用意しなければなりません。

 

家族の協力と理解を得た上で自宅で仕事をする状態を作っていなければ、仕事を最優先したい時にそうできません。継続して仕事をしていると、いくら家のことや子どものことを仕事より優先していたとしても、その日だけは仕事だけに打ち込んでいたいという日が出てこないということはありません。

 

なぜ自宅での仕事をしようとするのかは個人差があり、家族の立場や考え方も様々でしょうが、仕事をしやすい状況を準備しておくことはおろそかにはできません。

 

在宅で仕事をする心構え

自分の裁量で仕事にかける時間をコントロールできるとしして、在宅での仕事を望む人が増えています。

 

自宅で仕事をすることは、想い描いていること以上に大変です。自宅でできる仕事を探す際には、どうして自分が自宅での仕事を考えているかをよく考えてみましょう。在宅ワーカーが自宅で仕事をする以上、同居の家族から理解をしてもらうことは必須です。在宅での仕事をするためには、家族が了解していない環境ではまず難しいと言うことができます。

 

在宅で仕事をしたいという意向を家族に伝え、受け入れてもらうことが大事です。自宅で仕事をするためには、仕事を受けることができる技術や営業力を持たなければなりません。

 

在宅で仕事をする以上、自分のスキルは知っておきましょう。仕事に費やせる時間は一週間に何時間あるのか、ある程度の目星をつけておくことは欠かせないでしょう。自分自身の生活リズムを理解した上で、無理なく時間を使えるように整えましょう。

 

タイムマネジメントは在宅で仕事をする上では欠かせません。在宅で仕事をする利点を上手に活用しましょう。

 

一日に何時間仕事ができるかを事前に明確にした上で仕事に取り組んでください。在宅で作業をしていると人と会うことがなくずっと一人なので、いざというときにビジネスマナーを忘れがちです。メールで仕事を受けたり、問い合わせをしたりという機会が増えますが、メールの書き方はしっかり確認しておきましょう。

 

在宅で仕事をする以上は、仕事の請け負いから納品から請求書発注までも自分ですることになりやすいようです。

 

自宅で仕事する場合の注意点

 

最近は、自宅での仕事を希望する人が多くなっています。毎日会社へと通う時間もかからず、時間を最大限に活用できます。

 

もしも自宅で仕事をすることになったら、時間の融通がつけやすいなど便利な面もありますが、自分の時間と、仕事の時間の見分けがつかなくなってしまうこともあるようです。自由になる仕事ですが、時間の管理を怠るとプライベートに支障をきたすことも考えられます。

 

自宅での仕事を始める時には、それほど時間を使わない予定だったとしても、ついつい仕事にウエイトを置くようになりがちです。

 

最初のうちは、生活の中心は家事や育児で、自宅での仕事は補助的なものだったとしても、主客転倒を起こしてしまうような事例もあります。仕事を優先し続けた結果、掃除や食事の支度につかう時間が足りなくなって、余計にお金がかかるようになる場合もあります。睡眠時間を減らして仕事に打ち込んだ結果、具合が悪くなってしまっては大変です。

 

タイムスケジュールを組んで、仕事の時間がプライベートを侵食することがないように、時間調整をするようにしてください。

 

自宅で仕事を始めるにあたり、他にも注意をしなければいけないことがあります。仕事をもらう会社については、信頼できるところかどうかを確認しておきましょう。最初に決めたことどおりの仕事が来なかったり、不当に値切られたりといって問題が起きないよう、会社との信頼関係を築きましょう。自宅で仕事をしたいという人に声をかけて、仕事を受ける前の講習費用や、パソコン関連器機の購入費用などを取り立ててくる会社もあります。

自宅でできる仕事の求人

自宅でもなんとか仕事ができないかと近年は企業の内部留保の影響もあり、収入が少なくなっているせいか求人を探している人も大勢います。

 

単純な内職を自宅で延々とやるような仕事は、この頃は少なくなっているといいます。仕事を探す時点でうまくいかなかったという人もいます。どこにいけば内職の仕事を見つけることができるかわからないという人は、ハローワークを訪れてはどうでしょうか。

 

この頃は、パソコンを活用した作業を自宅で行うという人が多くなっています。単価条件がよく、その代わりに専門的な技術が必要な自宅での仕事に、webデザインやプログラミングがあります。

 

ある程度パソコンの知識がある人は、SOHOの仕事を専門にしている求人サイトをチェックしてみるのもおすすめです。入力作業では、パソコンを使って指定の情報を登録するというものです。自宅で可能な仕事を紹介するからというめい目で、マニュアル代金を請求する業者があるといいます。会社によっては、仕事を発注する条件として一定のお金を納めることを条件づけたりします。

 

しばらく仕事をすれば差引きでプラスになると言っておきつつ、その実一向に仕事を頼まないという会社もあります。お金を請求するようなところはとても信用できません。自宅で仕事がしたいという弱味につけこまれないようにしましょう。