イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

ダメな自分を劇的に変えることができる方法!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、ダメな自分を劇的に変えることができる方法です。

 

たくさんの人が自分を変えたいまたは、理想的な自分を手に入れたいと考えたことがあると思います。

 

自分も毎日自分を変えたいやどうやったら変われるかを考えています。しかし、ふとした瞬間に挫折したり、諦めたりしたりする心が出てきてしまいます。

 

決意したのはいいですが、なかなか人は変われないのです。

 

では、どうしたらいいのか?という疑問に今回は答えていきたいと思います。

 

 

おすすめ記事

 

スキル不要の極秘アフィリエイト【コンサル付き】 | 初心者向け副業コンサル@月収50万達成 | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

【不労所得アフィリエイト】で、毎月のお小遣いゲット! | ショウ | Brain

f:id:destiny6711:20200618160731j:plain

なぜ、人は簡単に変われないのだろうか?

変えたい、変わりたいと心から望んでいても、簡単には変われません。

 

本を読んだり、セミナーに行ったり色々努力しても、変われた実感もなく、自然といつもの日常に戻っていきます。

 

これは、人間の本能かも知れませんが、人は変化を嫌う生き物なのです。

 

いつもどおりにやっておけば、安全で問題のない日常が約束されているので、変化を嫌うのです。

 

だから、変化することを怖がる習性があり、変化に対する努力を続けていくことが難しいのです。

 

もう一つ理由を挙げれば、そもそも本当は変化を求めていない人もいますね。これはもう変化を続けていくことは難しいので、こういう人は諦めるしかないですね。

 

f:id:destiny6711:20200618161417j:plain

自分の望んでいる方向への変化でない場合もある

こうなりなさい、こうなった方がいいよという人の意見を聞きながら、自分が変わりたいと思っている方向と違う方向に行ってしまうことがあることも変われない原因です。

 

周りが求めている理想と自分が思い描いている理想とにズレが生じたら、自分が思い描いている自分になることが難しくなる場合があります。

 

ダメな自分を劇的に変えることができる方法

これにはビジネス的な観点と長期的な視点でお話ししましょう。

 

まず、ダメな自分を変えたいなら、どこがダメなのか紙に書いてみましょう。頭で考えるのはやめて、必ず紙に書きましょう。

 

そして、具体的に掘り下げていき、どうしたらダメな自分を改善できるか考えていきましょう。

 

そして具体的なアクションプランを考えて実行していきましょう。

 

この時の目標は低く設定していき、ゆっくりと達成できるようにしていきましょう。継続していくには小さな達成感を積み重ねていくことが大事です。

 

そして、知人や友人に客観的にダメなところや目標を見てもらい、意見をもらうようにしましょう。独りよがりになっていないかチェックしてもらうのです。

 

そして、固定観念を明らかにすることも、大事です。この時、紙に書いていき、自分がどういう固定観念に囚われているかを確認しましょう。全てをリセットして、自由に考えた時、ないりたい自分が見えてくるはずです。

 

理想的な自分にゆっくりと近づいていくのがポイントです。

 

焦って大きな目標を掲げてしまうと達成できないことから、挫折してしまうことがあります。最初は何事もうまくいかないので、焦らず、達成できそうなところから順番にしていきましょう。

 

f:id:destiny6711:20200618162725j:plain

気分転換に環境を変えてみよう

とは言っても、息詰まる時も出てきます。

 

そんな時は環境を変えてみるのも大切です。人やものを断捨離しても良いでしょう。引っ越しして、住んでいる環境を変えても良いでしょう。

 

環境を変えることや断捨離をすることで、新たな自分を発見することもあります。

 

また、気分が変わることで、また一から始められることもあるでしょう。

 

無理をしすぎて自分を見失ってはいけない

時に無理をしすぎることにより、知らない誰かになろうとすることがあります。

 

そういう時は今一度知らない自分になるのではなくて、自分らしく生きていける、ありのままの自分に戻っていくことを意識した方がいいです。

 

行動を習慣化して定着していこう

どんなに素晴らしい目標を立てても、行動が続かないと意味がありません。

 

長期的な目標になるとどうしても続けていくことが難しくなります。そういう時は行動を習慣化することが有効です。

 

毎日小さなことから始めて、毎日やっていくうちにこの行動が習慣化してやらないと気持ち悪くなってきます。

 

筆者の場合は、毎日腕立てふせ5回から始めて、毎日やるうちに100回ぐらいまで伸ばすことができました。コツとしては初めはこんな小さなことでいいのかと思うほど小さな目標に挑んでいくことが大切です。

 

行動の習慣化ができれば、色々な目標を達成できるようになるでしょう。

 

f:id:destiny6711:20200618165126j:plain

最後に

目標を達成できたら、良いのですが、達成できなくても大丈夫という気持ちを持ちましょう。うまく言ってもいかなくても、自分は大丈夫。どっちに転んでも、自分は自分だという気持ちを持つことが大切です、

 

できなかった自分を責めることはありません。

 

できなかったのには理由がありますので、今までの行動を冷静に見直しましょう。きっと原因がわかるはずです。

 

目標が高すぎたのか、3日坊主で終わってしまったのか、色々とできなかった原因を考えるのはとても有益です。

 

これらを踏まえて、もう一度チャレンジすればいいのですから。

 

諦めなければ、必ずやり抜けるはずなのです。この言葉を心に抱いて、頑張って理想の自分を目指しましょう。

 

やり遂げた先にある達成感はきっとなにものにも変えられないものになるでしょう。