イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

英会話教室の選び方とおすすめ教室【超初心者向け】

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回は英会話教室の選び方とおすすめ教室です。

 

 

おすすめ記事

 

情報商材の論理的限界と副業 | りゅう | Brain

 

スマホで2000万稼いだ。即日に稼げる方法を完全公開『マニュアル付き』 | なぎっぺ | Brain

 

Twitterの”伸ばし方”じゃなく【立ち回り・考え方】に着目したTwitter戦略note | キメラゴン | Brain

 

「英会話教室に通う前に知っておきたいことは?」

 

英会話教室に通って見たいけど、たくさんありすぎて、選び方がわからないという悩みも多いと思います。通学の方が安心でいいのだけど、リーズナブルなオンライン英会話のも興味があるという人もいるでしょう。チャレンジ精神はあっても、費用を考えると踏みとどまる人もいます。思い切って通学し始めたのに、合わなかったり、楽しめなかったら、継続していくことが難しくなります。

 

 

まずはたくさんある英会話教室の中から、自分にあった教室を選ぶ時のコツをメリット、デメリットをまとめました。後悔のない英会話教室を選び、英会話学習を楽しみましょう。

 

 

英会話教室のスタイルと特色

f:id:destiny6711:20200210101127j:plain

英会話教室のスタイルは色々あり、まずはどんな風に英会話を学ぶことができるのか、特色を説明しましょう。

 

グループレッスン

英会話講師1名に対して、複数の生徒で受講します。レベル別、目的別、年齢別などのクラスに分かれます。当然のことながら、1クラスの人数が少ない方が話す機会が多くあります。

 

メリット

・マンツーマンのスクールより費用が安い

 

・仲間と一緒に学べる

 

・カリキュラムがきっちり決められているので、初心者にもわかりやすい

 

・仲間の会話を聞くことも参考になります

 

デメリット

 

・積極的に授業に参加しないと受け身のレッスンになりがち

 

・他の人に気を使ってしまう

 

・仲間と仲良くなれるとは限らない

 

マンツーマンのレッスン

完全プライベートレッスンで、生徒一名に教師一名のつきレッスンを行います。

 

メリット

・自分の目的やレベルに合わせたカリキュラムを組める

 

・他人に気兼ねすることなく、たくさんの英語を話せる

 

・講師を選べる場合が多い

 

デメリット

・かかる費用が高い

 

・講師との相性が強く反映される

 

・慣れていないと1対1で、英語で話し続けることにストレスを感じる

 

時間自由選択制レッスン

社会人の人など、決められた時間に通学するのが難しい人のために、1ヶ月あたりの受講数の範囲で、時間があるときに予約して、自分で時間を決められるレッスンスタイルになります。グループ、マンツーマン、スクールによってどちらにも対応しています。

 

メリット

・忙しい社会人でも通うことができる

 

・自分のペースで学習ができる

 

デメリット

・レッスンを受けたいときに予約が取れない時がある。

 

・意志を強く持たないと、受講回数を消化できないまま時間だけが過ぎてしまう。

 

オンライン英会話

教室に通わずにスカイプなどを利用してマンツーマンで英会話のレッスンを受講することができます。スカイプなどを通じて、海外に住む先生から直接学びます。

 

メリット

・場所や時間を選ばずにいつでもレッスンが受けられる。

 

・通学のマンツーマンに比べてかかる費用が安い

 

・自分の目的、レベルに合わせた英会話レッスンが受けられる

 

・マンツーマンレッスンなのでたくさんの英語を話せる

 

デメリット

・講師にバラツキがある

 

・人気講師の講座は予約が取りにくい

 

・カリキュラムを自分で組まないといけない

 

・通信状態が悪いと使えないことがある

 

・パソコンの操作に慣れていないと不便に感じることがある

 

大手英会話スクールと個人英会話教室との違い

f:id:destiny6711:20200210123604j:plain

大手英会話スクールで様々なコースの中から選ぶか、個人教室のアットホームな雰囲気で学習するかという選択肢があります。

 

大手英会話スクールのメリット

・多様な受講コースから目的にあったものを選択できる

 

・実績と安心感がある

 

大手英会話スクールのデメリット

・費用が高く、解約しづらい

 

個人教室のメリット

・気軽に始められる

 

・英会話仲間ができやすい

 

個人教室のデメリット

・コースが限られている

 

・講師を選ぶことができない

 

・教室との相性の影響が大きい(相性が合えばメリットになる)

 

初心者に向いている英語レッスンスタイルは?

f:id:destiny6711:20200210124212j:plain

一概に、初心者にどのスタイルがいいかは言えません。学ぶ目的と上記のレッスンスタイルのメリット、デメリットを参考に考えてみてください。

 

1. 海外旅行や自己啓発のために英会話を身につけるために通いたい人

趣味的に英会話を楽しみたい初心者には、大手英会話スクールのバイリンガルのネイティブによる少人数のグループレッスンがおすすめです。

 

カリキュラムがはっきりとしていて、日常会話、旅行など、多様なシーンで使う英会話を学ぶことができます。バイリンガルの先生も多いので、疑問点や難しいポイントは日本語での説明も可能です。なので、わからないまま終わってしまうこともあり得ません。また、同じ目的を持った仲間ができますので、教室外でも楽しい時間を過ごしているという話もよく耳にします。

 

2.とにかくたくさん英語を話したい人

周りの人に気兼ねすることなく、自分からどんどん英語を話したいという人は、もちろんマンツーマンレッスンがおすすめです。初心者の場合は、費用が許せば対面で学べる通学の英会話教室が良いでしょう。

 

対面なら、詰まったときに上手に会話を引き出すように導いてくれます。カリキュラムを継続的に共有してレッスンを受講することができます。レッスン時間もオンラインより長いので、余裕を持って学習できます。

 

オンライン英会話では、直接対面していない分(スカイプでも必ずしも画像を見てレッスンするわけではありません)こちらが話せずにいると、先生が一方的にフォローして話して終わってしまう場合があります。オンライン英会話を利用する場合は、テキストの内容をよく確認して今回のレッスンでは自分が何を学びたいかをはっきりと伝えることが大事です。自分にあった先生に出会うまで、色々な先生のレッスンを受講してみてください。

 

オンライン英会話の過去記事はこちら⬇️

 

www.isssa.xyz

 

3.試験対策のスピーキングやリスニングの力も身につけたい人

本人の本気度のもよりますが、時間と費用が許せば、目的別短期集中型コースがおすすめです。他の英会話スタイルにも言えることですが、この場合特に、予習と復習もしっかりして授業に臨まないといけません。

 

4.仕事上英会話スキルが必要になった人

初心者がいきなり英語でビジネスの交渉をすることはないと思いますが、海外出張やEメールでの対応など機会が多い時代です。ビジネスコース以外にも、海外出張に特化したクラスやプレゼンに特化したクラスなどもありますので、目的にあったコースを探してみましょう。

 

英会話教室選びのポイント

f:id:destiny6711:20200210130420p:plain

これまでのことを考えて上で、英会話教室を選ぶわけですが、選ぶ時のポイントを確認しておきましょう。下記のポイントを、英会話教室を選ぶ時の参考にしてください。

 

・通学の場合は、近い場所を選ぶ

 

・問い合わせの時の対応が良いところ

 

・目的にあったコース、レッスンスタイル、オンラインの場合はテキスト

 

・グループレッスンの場合は、1クラスの人数

 

・体験レッスンがあるかどうか

 

・講師の選び方(担任制、選択制など)

 

・講師は、日本人かネイティブかバイリンガルかなど

 

・かかる費用

 

・振替制度・コース変更などできるかどうかの確認

 

・解約方法の確認

 

英会話レッスンで成果を上げるためには?

f:id:destiny6711:20200210143833p:plain

どのレッスンスタイルを選んだとしても、英会話スクールに通っただけでは、単純に英語を話せるようにはならないということです。レッスンで英語力を伸ばすには、レッスン受講の受け方、レッスンから次のレッスンまでに何の学習をするかがとても大事です。

 

下記に効果的なレッスンの受け方を説明します。

 

積極的にレッスンに参加する

 

・レッスン中にわからなかったこと、聞き取れなかったことは必ず質問する(聞き直すためのフレーズをたくさん覚えて、実際に使ってください)

 

・宿題がなければ、丁寧に取り組み、レッスン内容を確認し、声を出して復習する

 

・話したいこと、使いたいフレーズを練習し、実際に通じるのか試してみる

 

・聞けることも重要ですが、レッスン中は話すことに重点を置く

 

・レッスン外でも、リスニング、英文法、英作文、語彙などの勉強を怠らない

 

・自分なりの具体的な目標を持ち継続する

 

こんな感じです。

 

例えば、週2回45分のレッスンを受けたとしても、単純計算で、1年に3日分程度です。つまり英会話スクールを英語学習のメインにしてはいけないといことなんです。残りの362日の英語学習の成果をぶつける3日間と考えた方が良いでしょう。

 

英語初心者におすすめなスクール

f:id:destiny6711:20200210145107j:plain

ここでは、数ある英会話教室の中から、開講しているスクールの英会話教室についてご紹介します。自分にあった英会話教室は個人それぞれなんで、ご紹介するスクールが誰にでもおすすめというわけではありません。比較の参考例として、ご自分の英会話教室選びにお役に立てたら、幸いです。ただし、情報も変わることもありますので、必ずご自分でご確認いただくようお願いいたします。

 

Merise英会話スクール

完全マンツーマンレッスンで上達が早い。高品質で低価格な英語レッスンを受講できます。TESOL取得のプロの講師がレッスンしてくれますので、安心です。デメリットとしては首都圏しかスクールがないことですね。

 

 通い放題の英会話カフェ LanCul

月額制で通い放題が売りです。お酒やお茶などを片手に好きなだけ通い放題になります。日々の生活に英会話を取り入れることができるので、初心者におすすめです。趣味で英語を喋って、外国人の友人とお友達になりたい人向けです。

首都圏にしかないのがデメリットですね。

定額制で習い放題の英会話スクール Memolish 

習い放題なので時間に縛られずに、自分の好きなタイミングで受講できます。英会話指導のカリキュラムは国際舞台で通訳、翻訳をこなすプロがの通訳がカリキュラムを作成しています。講師は日本語もペラペラなバイリンガル講師が担当します。安いのにハイクォリティな授業を受講できます。

 

まとめ

ここで紹介して以外にも、たくさんの英会話教室があります。競争も激しいため、講師の採用についても厳しい基準を設けて、独自の「売り」を持っています。

 

個人的には、英語人口の半分以上が非ネイティブという時代にネイティブ講師にこだわる必要性はないと思います。むしろ、ネイティブにこだわってしまうところに、日本人の英語に対する弱点があるように思えます。

 

大切なのは、出身国ではなくて、講師個人の資質や英語教師という仕事に対する姿勢です。英会話教師という仕事を職業としている人と、副業にしている人では大きく差が出てしまいます。こちらがスカイプで気楽に受講できる分、講師も自宅で空き時間に気軽に教えられるおんらいん英会話では講師の能力にばらつきが出るのも仕方がないのかもしれません。もちろん、オンラインにも良い講師はたくさんいます。教えてもらっているという姿勢ではなくて、こちらが講師を利用しているという気持ちでレッスンに臨んでください。

 

 

日本人はネイティブにはなれないのですから、そういういみでは、何一つ不自由なくネイティブと会話ができる日本人から習った方が、日本人なりの克服方法などを学べるかもしれません。様々な視点から見てみると、英会話ももっと身近に気軽なものになるでしょう。

 

今は通学でもオンラインでも、無料の体験レッスンを受けられますので、、遠慮せずにどんどんチャレンジして、疑問点は納得できるまで質問しましょう。英会話スクールは自分への投資です。決して安い投資ではありませんので、後悔しないスクール選びをしたいものですね。