イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

派遣社員として仕事することのメリット

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、派遣社員として仕事することのメリットです。

 

 

おすすめ記事

 

臨床編:マッケンジー法でみる「ドケルバン病」評価と介入 | Takehiro.S マッケンジー国際認定 | Brain

 

機械学習はこれ一本!pythonインストール~機械学習実装まで完全理解講座 | RIN@AIベンチャー | Brain

 

ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】 | マナブ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200411225355p:plain

派遣社員として仕事することのメリット

 

派遣社員という働き方には良いイメージを持っていない人もいるようです。

 

派遣社員として働くことは、マイナスに捉えられるようなことでしょうか。派遣の仕事のメリットと働き方について調べてみました。派遣社員として働くには、派遣会社へ登録すればいいので、求人票から仕事を探すという手間が省けます。

 

派遣社員を受け入れている会社は年々増加しており、職種も多種多様化しています。

 

大手の派遣会社になると、膨大な数の会社から、自分に合った仕事を紹介してくれます。自分で就職活動をするよりも、多くの選択肢の中から、適した仕事を紹介してくれるのが、派遣のメリットといえます。

 

希望の勤務時間や、曜日に沿って働けるという利点もあります。派遣先の会社に所属しているわけではないので、長時間のサービス残業や急な休日出勤などを避けられます。

 

無理のかかる労働は避けて、自分らしく生きることにも時間を使いたい人に派遣の仕事はお勧めです。派遣の場合は働く期間が決まっているので、いろいろな職種を経験してキャリアアップしたい人に適しています。開業やフリーランスで活躍することを視野に入れて、派遣の仕事を選択している人もいます。

 

派遣社員と正社員では仕事内容に違いがあるのか

 

正社員となる能力がない人が、派遣社員になるという価値観の時代がありました。

 

正社員のほうが仕事の能力が優れていて、正社員を希望しつつも採用されなかったような人が派遣社員になるというイメージがありました。しかし、最近は企業も人材不足が相次ぎ、不足した人材を派遣社員で補うようになってきました。

 

仕事をする側も、拘束や制限の多い正社員になるより、自分の生活を大事にしながら派遣社員として働くことで自分らしい生き方を求める人が増えています。

 

派遣切りが話題になり、不安定な社会的な地位がハイリスクと見なされていたこともありましたが、近年ではまた違う考え方もできています。派遣社員の中でも仕事能力が高く、正確に早く仕事をこなして、決められた時間で確実に仕上げるという人材が増えています。

 

派遣社員を多く採用して、正社員に割り当てる仕事を分散してやってもらうことは、会社の立場からしても歓迎すべきことになっています。

 

かつてと違って、派遣社員に対する依存度も高くなっており、正社員より派遣社員のほうが多い企業も存在します。特に女性は、家庭と仕事との両立が必要のため、派遣社員を選ぶ人が増えています。自分らしく生きるために最も適した働き方を探したところ、派遣社員に行き着いたという女性もいます。

 

働きたいという意欲があり、家族のためにも時間を使いたいという女性にとっては、派遣社員として働くという選択肢はとても合理的です。派遣社員という働き方はこれからも増えていき、企業の人材活用方法も時代とともに変化していくことが予想されます。