イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

懐かしの電話帳「ハローページ」廃止へ!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、懐かしの電話帳「ハローページ」廃止へです。

 

おすすめ記事

 

【完結】一度もブログを書いたことがない超初心者が1時間で稼げちゃった話 | さよちゃん | Brain

 

ブログアイキャッチテンプレート100! | ぐりお | Brain

 

ブログの書き方講座:個人ブログ月間100万PVの手法 | たろお | Brain

 

f:id:destiny6711:20200623154458j:plain

ついにハローページが廃止されます

懐かしいですね。

 

みなさんもお世話になったことがあるのではないでしょうか。思い出深いハローページがなんと廃止されます。

 

NTT東日本とNTT西日本は2020年6月18日、50音順電話帳「ハローページ」の発行を終了すると発表されました。

 

日本で初めて電話帳が発行されたのは1890年以来、130年の歴史に幕を閉じることになります。

 

スマートフォンやSNSの普及で、役割を終えたと言えばそれまでだが、ネット上ではお疲れ様と惜しむ声が溢れている。

 

今や存在しない息子からの電話ばかりですという声もある。

 

NTT東西の発表によると、スマートフォンの普及などに伴って、固定電話の利用が減ったほか、個人情報保護に関する社会的意識が高まり、電話帳そのものの需要が激減したことが廃止の理由である。

 

2020年の発行部数は119万部で、ピークだった2005年(6500万部)の1.9%にまで落ち込んだ。

 

時代の流れを感じる

昔はハローページがあった方が便利で、よく名前しか知らない友人に電話をかけるのに重宝したものだが、今はSNSがある。

 

こういう電話帳はもはや、今の時代悪用しかされないのである。

 

確かに今のご時世、電話番号なんて公開したら、毎日毎日不動産投資とか節税、存在しない息子からの電話などばかりかかってきてしまいます。

 

利便性から迷惑なものへと変化して行った。

 

携帯電話が普及し始めて時点で、公衆電話と同じようになくなっていく運命だった。携帯がない時代には調べるのに役立ったけど、今やそんな必要もない。

 

最近では詐欺グループの情報源にしかなっていない状態ですね。

 

時代を感じます。昔は便利でよかったものが、今は迷惑なものになったり、不要なものになっていくことはよくあります。

 

次は何が不要になったり、迷惑なものになっていくのか興味深いものがありますね。