イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

今の仕事に違和感を覚えたら転職を考える時です!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、今の仕事に違和感を覚えたら転職を考える時です!

 

 

f:id:destiny6711:20200307100735p:plain

 

今の仕事に違和感がある時

転職を考える時期は人それぞれですが、職場環境が気になってきた時がまずあるでしょう。

 

一度入社した会社を途中で辞めて、転職する会社員は日本において、かつては少数派でした。自分が勤めている企業に対して思うところがあったとしても、言葉に出さず黙々と働き続けることが、会社員の鑑とされていました。

 

日本人がそういったものの考え方をするようになったのは、背景に終身雇用システムや、年功序列のシステムがあったためです。

 

しっかり働いて、会社にとって必要な人材になることで、会社も社員を庇護してくれるから、転職は損というものの見方といえます。この頃は、転職をすることで自身のキャリアを高めていき、待遇や仕事の内容を向上させるという考えもあります。転職活動がスムーズに行えるようになったこともあり、転職をすること自体は決して悪いことではないという考えも広まっています。

 

日本において転職をする時には、IT業界や自動車業界、食品業界など、同じ業界内での転職しか出来ない風潮がありました。

 

今では、転職支援サイトなどが間に入ることで、転職希望者と企業とのマッチングがしやすくなり、転職活動の幅が広がってきているようです。最近では、今まで民間企業で働いてきた人が、転職で官公庁に入るなど、業種から業種へと転職を成功させるという人も、珍しくなくなってきています。

 

人によっては、新卒で採用されてから数年間は事務の仕事をしていたけれども、転職をしてから営業や企画の仕事をしているという人もいます。自分に合う仕事がどこにあるのか、転職を考えるようになったら、インターネットの転職サイトや、ハローワークの求人検索などを使ってみてください。

 

転職を考える時

 

働いていると、仕事が思うように進まなかったり、職場環境や待遇がストレスになったりという時があります。

 

そんな時に転職を考える人も少なくないようです。転職を考える理由は、会社を辞めたいからという場合もあります。転職先を見つけて退職するという考え方は、魅力的に感じることもあるでしょう。

 

ただし、良い考えといえるかといえば、決してそんなことはありません。

 

今の職場を離れたいと考える要因は、個人個人で違いますが何かしらあるはずです。会社の人と折り合いが合わなかったり、残業や休日出勤が多すぎたりということもあります。状況は転職すれば、変わるでしょうか。

 

少なくとも、仕事内容や待遇には満足しているかもしれません。

 

仕事を始めれば、思うとおりにならないことはあります。現在の職場を離れたいからと行う転職活動は、仕事を離れることを第一に考えがちです。そのために、転職について十分考えられない場合もあります。

 

新しい仕事を選ぶ時にかつての仕事のあり方に振り回されないよう、転職先を明晰な状態の頭で考えることが欠かせません。

 

働きながらの転職活動は、メンタル的ににも苦しい時を過ごさなければならないでしょう。しかし、転職活動とはそういう時期を乗り越えなければいけないものと、時間をかけてじっくり考えることも大事です。

 

f:id:destiny6711:20200307101512j:plain



転職を考える時の準備

 

転職を考える際に、まず検討しておきたいことが幾つかあります。

 

転職を考えていると言っても、仕事をしながら、すぐに求人情報誌をめくって履歴書などを用意するのは時間的にも厳しいのではないでしょうか。転職を考えるならば、自分の求める仕事内容や待遇、自分のキャリアプランなどもあわせて検討しなくてはなりません。

 

転職を果たすまでのステップはそう多くないようにも見えますが、思った以上に困難です。

 

どのような状態になりたくて転職活動をするか、譲れない条件や妥協できる条件について考えることが大事です。例えば大企業で福利厚生がきちんとしているというのもあげられます。福利厚生は十分でなくても、自分の裁量で仕事ができ、残業も多くないという点で中小企業を希望する人もいます。

 

転職について考える時は、転職をすることによって現在獲得しているものをなくす可能性も考えましょう。

 

転職によって失うものが多い場合もあります。本当にその会社に入りたいと考えているのか、きちんとアピールできなければ面接で通じないこともあります。転職をする時には、転職をすることがトータルで考えた時に良いことなのか、じっくりと検討してから行動に移すことが肝心です。転職する場合には、利点と欠点の両方を照らし合わせながら慎重に転職について考える必要があります。

 

なぜ転職したいのかを十分に考える事が重要

 

転職を考える際には、自分がなぜ転職したいのかを十分に考える事が重要です。転職の動機は今更考える必要がないという方もいるでしょうが、もう一度考えることで、新しい発見がある場合もよくあるようです。

 

もちろん、収入が低いからとか職場の雰囲気が合わないと言った引き金となる理由は明らかでしょう。

 

しかし、転職の判断を、一歩引いた目で見て考えることも、また大切です。今、自分に合う仕事ができているのかは、様々な考え方があります。働く時には、モチベーション高くありたい人もいますし、安定した生活を大事にする人もいます。

 

仕事でのスキルアップに喜びを感じる人もいます。

 

こうした各要素が自分の許容範囲内なら、その仕事や職場に満足しているので転職を考える事はそう無いはずです。現在の不満が、自分の我慢できるレベルを突破してしまうと、転職することを考えるようになります。

 

気になる点を強く感じるようになると、他の要素について考えなくなってしまう事が多くなります。

 

そういった部分をしっかり見極めないで転職に踏み切ると、目先の問題点は解決したけれども、今まで気にならなかった別の問題が表出して、やっぱり今の環境は納得がいかないので再度の転職をするようになります。転職を度々行うような状況を回避するためには、現在自分が置かれている状況や、会社の抱える問題など、複数の視点から考えてみることです。

 

どうして自分が転職をしたいと思ったかは、一度じっくりと考えるようにすると、次の会社の採用面接を受ける時の手がかりになることもあります。

 

f:id:destiny6711:20200307101349j:plain

仕事を辞める時期の決め方

 

一旦は勤めた職場を様々な理由で退職する人が出てきますが、仕事を辞める時期というものは、どこで決めるものなのでしょう。

 

日本では長らく終身雇用という慣習の中で、一度就職した会社は定年まで勤めることが当たり前になっていました。そんな日本でも転職が一般的な現象になりつつある今は、仕事を辞めるハードル自体は以前に比べてだいぶ下がりました。

 

会社を辞める時には、業務の引継ぎや社内の人間関係、また会社の文化などによって、辞める本人にかかるストレスや負担は相当大きなものとなっています。

 

会社の関係を壊さずに、いい関係を築きながら仕事を辞めるという時に、すべきことは何でしょうか。退職しようと決めた時に一番大事なことは、退職時期がいつであっても、突発的な事態で急な退職を迫られているのでない限り、なるべく早めに退職の時期を自分で決めておくことです。

 

退職をしなければならない事情を明確にして、準備が必要な時は準備を済ませ、余裕を持って上司に相談を済ませておくというのが定番です。

 

可能であれば、自分にとっても会社や同僚にとっても、一番都合の良い時期はいつなのかを慎重に選びましょう。仕事を辞めるまでの時間があまり無いと、都合の良いタイミングといっても、選択する余裕も無くなってしまうので注意が必要です。

 

例えば年度末や決算期などの繁忙期ではできる限り避けなければ、どの職場でも歓迎されないことは誰にでも分かることです。

 

ボーナスが間近に迫っている場合、ボーナスを受け取ってから仕事を辞めるという段取りにすれば、ボーナス前に辞めるよりお得です。何もない時期よりは夏休みや年末年始など、長期休みと同時に退職した方が、周囲の人間が休みに入るのと同時に退職することになり、自分にとっても周囲にとっても心理的な負担は軽減されるでしょう。