イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

自治体が支援する転職

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、自治体が支援する転職についてです。

 

 

おすすめ記事

 

【値上げ予定】今からAWSを学ぶエンジニアの1つの指南書_ソリューションアーキテクト問題50問付き!50,000字超えのボリューム【順次追記】 | くろかわこうへい | Brain

 

機械学習はこれ一本!pythonインストール~機械学習実装まで完全理解講座 | RIN@AIベンチャー | Brain

 

ライブルーレット教材『エボ退治』 | シミソン | Brain

 

f:id:destiny6711:20200330012325j:plain

自治体が支援する転職

 

転職を支援する自治体があるようです。

 

過疎が進行している地方では、労働人口の不足から求人がだぶついている職業も存在します。国の屋台骨となる農業や漁業のつき手で減少しつつあることも問題であり、就職の支援に熱心な自治体も多いようです。

 

過疎が進んでいる自治体では、独自の転職、就職支援セミナーを開催しUターン就職やIターン転職を支援しています。

 

自治体の開催する支援セミナーでは、求人を出している企業が出てきていることも少なくありません。仕事内容や条件など、直接話を聞くこともできより実践的です。国の政策の中で、特に介護職の人材の確保が急がれています。

 

介護や福祉関係の会社に就職する人の増加を推進するため、ハローワークでも様々な支援を行っています。

 

不足しがちな人材の補充やスキルアップのため、商工会議所でも転職活動を支援するための就職フェアなどが開催されています。転職に関するセミナーやフェアに参加することで、これまで目を向ける機会がなかった業種とのつながりができたり、有力な情報が手に入ることもあります。

 

外資系企業やIT関係は求人に関する情報が入りにくく、転職活動を独力で進ませるとが困難だといいます。転職に関する契機が、支援セミナーや転職フェアでの企業の出会いの中にあるかもしれません。

 

今はまだ退職の予定が具体的に決まっていないとしても、転職支援のセミナーに行って情報を集めるという考え方もあります。

 

ハローワークの求人で仕事を探す

 

新しい仕事を探したい場合は、多くの人がハローワークの求人を閲覧しています。

 

求人雑誌やインターネットの求人サイトなど、仕事の情報を探す方法はいろいろとあります。その中で、ハローワークで探すことのできる求人情報は、地元の企業や店舗の仕事情報です。ハローワークは、近隣で仕事を探したい人や、自宅から通える範囲の職場を探している人向きの求人情報があります。

 

僻地で住みながら、都心への転職を希望しているという人は、日本国内の求人情報を閲覧できる、インターネットの求人サイトがおすすめです。

 

ただし、インターネットの求人サイトでは、地方の中小企業の求人を探すことは、なかなか難しいようです。やはり、大企業ならばまだしも、中小企業の場合、遠くから仕事に来るというのは、リスクでこそあれ、メリットにはならない為でしょう。

 

わざわざ遠くに住んでいる人を採用するより、近隣の人に勤めてもらってほうが何かと便利です。

 

そのため、中小企業はわざわざネットにまで求人を出しません。ハローワークを使った仕事探しのメリットは、地元での求人が多いということだけではありません。ハローワークに登録しておくと、自分の希望条件にあった求人があった時など、連絡をくれる事さえあります。

 

ハローワークの目的は、人材と企業のマッチングであるために、一般的な求人サイトよりは、もう一歩踏み込んだ職業の紹介を行っています。

 

ハローワーク主催のセミナーや面接会などを行い、人材を求めている企業が、求人中の人と出会える場をつくります。ハローワークのサービスの一部として、面接試験をしてアドバイスをしてくれたり、職務経歴書の書き方を教えてくれたりということもやっています。一般的に、求人をネットや新聞に出すためにはお金がかかるものですが、ハローワークは無料で利用できるため、多くの企業が求人募集にと利用しています。

 

予算のあまりない中小企業や個人事業の求人情報もあり、情報量について一番多いのが、ハローワークの求人情報です。