イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

人材募集をする会社が実践している方法とは

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、人材募集をする会社が実践している方法とは?です。

 

 

おすすめ記事

 

【実践編】奨学金の返済を0に!在学猶予で返済をコントロールする方法を完全解説! | 奨学金アドバイザーK | Brain

 

[普段PC触らない方向け]〜動画編集〜導入と基礎編(Premiere Pro) | 大空 | Brain

 

副業完全攻略マニュアル!無駄な努力を省いて効率良く収入を上げていきましょう。 | すがっち@最短で稼ぐ元バンドマン | Brain

 

f:id:destiny6711:20200421155330j:plain


 

人材募集をする会社が実践している方法とは

 

会社の存続のためにも、新しい人材を採用するには、大抵の会社はいい人材を探したいと思うものです。

 

新しい優秀な人材は欲しいけれど、そのために使うお金はかけたくない会社もあります。色々なやり方で新しい人材を募集しているという会社は数多くあるようです。新しい人材を募集している旨を、自社のホームページに載せている会社もあります。

 

既にホームページを開設している会社なら、人材募集のページを増やすことにお金は必要ありませんので、費用もかかりません。

 

しかし、知名度の低い会社のホームページにはそもそも訪問者が多くないので、求人情報を掲載しても誰からも見てもらえないということもあります。中小規模の会社が人材を募集しようという時には、人材紹介会社から斡旋をしてもらえというスタイルがよく採用されています。

 

限られた期間内に、一定の能力がある人物の採用を必要としている場合は、人材紹介会社の斡旋サービスが効率的です。

 

仮に、面接に来てもらったけれど採用条件が合わなかったとしても、別の人を紹介してもらうことができるので、人探しの手間が省けます。様々な就職支援サイトが開設されるようになって、気になる求人を見つけたら、スムーズに応募できるようになっています。

 

低コストで人材を確保したいなら、ハローワークがお勧めです。ハローワークは公的な機関で、無料でサービスを利用できます。

 

転職先を探して情報収集をする側の人も、どんな媒体なら求人が集まりやすいかを把握して、最初のうちはいろいろな調べ方をしてみましょう。

 

募集方法による人材の集まり方について

 

最近は、求人を出したとしても、なかなか人材が集まらないということがあるようです。

 

今は売り手市場なので、これまでのように求人募集を出したら応募がたくさんあるというケースは少なくなってきています。人手を確保するために求人を出す会社が多くなり、求人の倍率事態が多くなってきているようです。

 

思うように人が集まらないという時は、求人募集をどこに出すべきかを、改めて考えてみる必要があります。

 

募集の方法というと年齢、給料、勤務時間、勤務地、厚生待遇などについて、いつも変わらず同じように載せがちです。採用条件等の見直しをすることも無く、同じ内容ばかりを載せていたのでは、求人内容を見ている就職者には魅力的は仕事には思えません。

 

多くの場合、求人を目にとめて、関心を抱いた人は、その会社についてのもっと詳細な内容を知りたいと思います。

 

募集する時の求人内容には、採用条件だけでなく、会社の雰囲気や入社後に期待していることが分かるような内容にすることが大切です。この会社で働いてみたいという気持ちを持ってもらうには、会社についての色々な情報を書いておくことです。

 

人材募集の欄にあまり詳しいことが書かれていないと、応募をしてくる人も、どういった働き方になるかイメージがわかず、悲観的な想像をしてしまう人もいます。

 

情報量の充実した求人を出した場合には、求人情報を見て集まる応募者も意識が高く、経験、スキルについても、会社が望んでいる人材が集まるようになります。会社が求めていない応募者が集まった場合には、更に費用も時間もかかることになるので、人材を募集する方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

求人募集の方法について

 

求人募集を、企業が新しい人材が必要になった時に開始します。

 

これまで、求人募集の定番としては、フリーの求人情報誌やタウン誌、新聞の求人や折り込み広告などを使うことが多かったようです。会社が新たな事業を始める時など、急に人手が必要になる場合があります。

 

忙しくなってきた場合、従業員に残業を頼みますが、間に合わないということになると、外部から新しく社員、アルバイトやパートを雇い入れることになります。

 

新しく事業を興す計画があれば新しい事業に必要な能力を持った人材を求めます。新しい従業員を求人するために、学校やハローワークなどへ募集要項の掲示を行います。今でも従来からある求人募集の方法は行われています。

 

新卒者などを対象とした就職説明会などの求人イベントが開催されることもあります。

 

様々な求人情報が掲載されている情報誌が学生援護会やリクルートから出版されるようになってから、ぶあつい求人雑誌で情報収集をする人も増えました。また、書店などで有料で売られている求人情報誌だけでなく、無料のフリーペーパーも活用されています。

 

フリーペーパーがよくある場所は、美容院やスーパー、喫茶店などで、出入口付近の手に取りやすい場所に置いてあります。

 

誰でも持って帰れる仕組みです。この頃は、有料の求人情報誌は少なくなってきたようです。企業サイドは、求人募集を出したいという時は、フリーペーパーや新聞、ハローワークなど様々なところに出しているようです。

 

 

売り手市場の中で人材採用に苦戦する中小企業

 

新卒の人材を採用するための試験において、優秀な学生の確保に悩む企業が増えているようです。

 

それまでの就職難とは状況は一変し、ここ数年は就職する側の売り手市場になっており、企業は採用活動で苦戦しています。一方の学生は、大企業や有名どころの企業への応募を殺到させ、狭き門を争っています。

 

求人に対して応募が多い企業は、たくさんの学生が来る中から求める人材を選べばいいので、人手が足りていないという問題を抱えることはありません。

 

ですがその反面、中小規模の企業は新卒者を採用したくても応募者がいないという状態になっています。安定した雇用や、充実した福利厚生を期待している学生にとっては、中小規模の企業に採用されることは望ましくないことと思われがちです。

 

学生たちの大企業志向が強くなると、場合によっては、優秀か否かに限らず、そもそも人材の確保さえ難しくなってしまいます。

 

就職サイトに求人を掲載していても、エントリーシートが期待したほど集まらず、そして面接に進んだ学生がいたとしても、ほかの会社の内定を得ているケースがほとんどです。最終面接の前段階で、他の会社から内定をもらったからという理由で、選考を辞退するという学生もたくさんいます。

 

転職活動をしている人でも、規模の大きい会社で働きたいと考える人は大勢います。

 

求める人材を適切に採用できている会社と、人材確保が思うようにいっていない会社との間には、大きな隔たりがあり、それは企業の今後の成長にも関係してくる要素といえます。採用されたいと考える学生も、応募されたいと考える企業も、自身を選んでもらうための工夫が重要だといえます。