イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

【文春砲炸裂】政府の持続化給付金769億円を受注したのはまさかの「幽霊法人」だったことが判明!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、政府の持続化給付金769億円を受注したのはまさかの「幽霊法人」だったことが判明です。

 

 

おすすめ記事

 

【Twitterの有料サービス】5万円払ってわかった闇-コスパ高いサービスとクソサービスの見極め方- | SHO | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

雑記ブログ運営論 | mutr@はてなブログ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200528151009j:plain

トラブル続出、新型コロナウィルス「持続化給付金」を769億円で受注したのは「幽霊法人」だった

安倍政権が新型コロナウィルスの影響による不況への緊急経済対策として打ち出した「持続化給付金」。

 

約2兆3000億円の予算がついたこの事業を経済産業省から委託された一般社団法人が、実態のない幽霊法人だったことが週刊文春の取材で分かった。

 

社団法人の代表理事が、週刊文春の取材に対し、何も活動がないと認めた。

 

これは血税の横領か?許されざる内容ですね。空きあれば、税金の中抜きみたいに取っていくから、無駄が多い感じがするんですね。

 

こんな非常時でも血税を吸い取ることしか考えてないのか?

 

いかに税金の多くの業者がたかってくるかわかりますね。これは美味しすぎますね。政府はきちんと実態ある企業かどうか確認しないんですね。

 

f:id:destiny6711:20200528151927j:plain

持続化給付金事業はトラブルが相次いでいる

持続化給付金事業は、昨年より収入が減った中小企業等の法人に最大200万円、フリーランスを含む個人事業者に最大100万円を上限に現金を支給する制度だが、入金が遅れるなどトラブルが相次いでいる。

 

担当する中小企業庁のホームページによれば、同事業を受注したのは一般社団法人サービスデザイン推進協議会でアベノマスクの予算を300億円も上回る769億円で契約している。

 

天下りや不祥事の温床になります

国の補助金事業を受注した一民間団体の代表理事選定に、発注者である経済産業省が関与していたとすれば、問題ではないか。

 

経済産業省が外郭団体の設立に関与することは天下りや不祥事の温床になります。

 

また、今回のケースではサービス協議会はトンネル会社みたいなものであり、実際に事業を託された企業に対し、補助金の公正な使用を求める補助金適正化法の直接的なコントロールが及ばないのは問題でしょう。

 

血税769億円が注がれる「持続化給付金」事業。

 

この巨額の資金は「サービス協議会」を経由し、どこへ流れているのか。「サービス協議会」及び所管する経済産業省には詳細な説明が求められるはずだ。

 

いくら重税をかけても、こういうところに使われているのであれば、国民は全く納得できないですね。

 

いくら課税しても、いつまで経っても、福祉や教育などに十分な税金が使われないでしょう。どんどん消費税上げて、どんどん所得税を上げて国民が苦しくなっていっても、福祉や教育は充実しないでしょう。

 

結局こういうところが大儲けするだけなんですね。

 

こういう非常時にも、自分達の金儲けに走れるのはすごいなと思いました。なんで新型コロナウィルスで大変な時にこういうことができるのか疑問に思います。