イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

女性が働きやすい仕事の求人情報を探す方法

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、女性が働きやすい仕事の求人情報を探す方法です。

 

 

f:id:destiny6711:20200308130740j:plain

女性が働きやすい職場の求人

 

求人情報から、女性が働きやすいかどうかを知るにはどうすればいいでしょう。

 

最近は、長く働き続けたいという気持ちを持つ女性が多くなっており、そのため、女性を歓迎してくれる求人探しも重視されています。たとえ簡単に就職できたとしても、女性が元気よく活躍できる職場環境なのかとか、働きやすい職場なのかは別問題だからです。

 

女性の働き方にも変化が生まれ、子育てと両立した働き方を模索している人も少なくありません。

 

最近では、女性の雇用を推進していく家庭で、子育てサポートも行っている会社もあります。女性の雇用を積極的に行っている会社があっても、自分の希望と合致している会社かどうかを知るには、どういう方法があるでしょう。

 

求人内容に惹かれて応募をしたものの、実際に詳しい話を聞いてみると食い違いがあったり、無事に採用は決まったけれど実態はかけ離れていたということもあります。

 

あらかじめ情報収集をしておいて、後で困ったことにならないようにすることも必要です。

 

求人を検索する媒体を複数にすることも有効な手段であり、女性に適した仕事を多く取り扱っている求人情報サイトもあります。また、仕事探しは一人で進めていくものでしたが、いまではネットを利用した検索以外にも仕事を探す方法があります。転職サービスを受けて、専門家の意見を聞いたり、条件のいい求人を紹介してもらってもいいでしょう。

 

重要なことは、自分にとって有用な情報をどうやって手に入れるかということです。女性専用の転職情報サービスも活用してみてください。

 

女性の再就職について

 

人口が減少する日本では、この先は労働人口が減っていくことが予想されており、女性でも再就職しやすい環境を整えることが会社の急務となっています。

 

女性の再就職とは、結婚・出産・介護等で一旦離職し一定期間のブランクを経て、再就職により社会との関わりを再び持つ事です。いずれかの会社に採用され、雇用契約を結んで働くことが多いようです。

 

再就職が成功すればその会社の社員となり、就業規則を守り働かなくてはなりません。

 

そして、会社のメンバーとして人間関係や社会的な責任の中で自分の役割を果たすことになります。多くの子育て中の女性にとって再就職は、仕事と育児や家事との両立をどう行っていくかという問題を解決する事が必要になってきます。

 

子供を育てることと働くことを両立させようとする女性が取る方法はいくつかあり、政府や自治体の支援策も変わっていきます。

 

仕事で何をしたいのか、子育てはどこまで自力でできるか、あまり気追い込まずにまわりの人とよく相談しましょう。中には、子供が家にいない時間帯だけ働いている方もいるようです。しばらく働いていなかった分をゆっくり取り戻すために、最初のうちは労働日数を週3回にするなど無理せず働けることも大事です。

 

派遣や契約社員として、毎日必ずではないけれど働くという再就職の仕方もありますので、どうすれば自分にとって都合がいいかをよく考えてください。短時間での就業をして機会をみて正社員になる等、子供の成長に合わせて就業形態を変えていく女性の再就職の方法も少なくありません。

 

女性が求人を探す場合のハローワーク

 

ハローワークで、女性の求人をチェックする人は意外とたくさんいます。近年では、結婚、出産後も働く女性が増加しています。

 

女性が職探しにハローワークを活用するのもよくある話です。就職活動について、女性ならではの悩みも理解してくれそうな同性のスタッフと話がしたいという人には、マザーズハローワークが向いています。

 

子育て中の女性が求人を探しやすいように、キッズコーナーや授乳室、ベビーベッドなども用意されていて安心して利用できます。

 

ベビーカーが横に設置されている求人検索機や、頼むとベビーカーを貸してくれるというハローワークもあり、女性が働きやすい環境をバックアップしてくれています。ハローワークでは、予約制でカウンセラーに話を聞いてももらえます。

 

希望すれば、同じカウンセラーに継続してかかることができるので、就職活動もその分やりやすくなるでしょう。

 

地元の行政とハローワークは密に連絡を取っています。子供を育てることと、会社で働くことがどちらも可能なように、託児に関する情報提供や、育児に関する職場環境について知ることもできます。

 

ハローワークが実施している就職セミナーでは無料の託児がついているものもあります。マザーズハローワークのいいとこは、子供を連れて行っても就職活動に必要なことができるとこにあります。求人情報を探す時には、マザーズハローワークのサービスを有効に使うといいでしょう。

 

f:id:destiny6711:20200308131111j:plain

女性が活躍できる職場や仕事を見つけるには

 

ある程度年をとってから女性が仕事を探そうとすると、パートやアルバイトの占める率が高くなります。

 

長期雇用を想定して女性の求人を出しているところは少なく、大抵は期間を区切った上での契約期間タイプです。女性の場合、子育てを終わらせた段階で社会に復帰したいと思っても、正社員として働くことは難しくなります。

 

これから定年まで働きたいと考えても、子育てが終わったくらいの年齢の女性の正社員への求人はごくわずかです。

 

厳しい状況を憂うのではなく、仕事のブランクを良い方に捉えて、スキルアップを図っていくのも一つの方法です。子育てが終わった際にスムーズに仕事に戻れるように、資格をとっておくというのも名案です。

 

ちょっとくらいブランク期間があったとしても、再就職には困らないような職種もあります。

 

再就職がうまくいった人の中には、妊娠出産期間中に、先を見越して技術を磨いていた人もいます。何年もの間仕事をしていない期間が続いていると、改めて就職したいと思っても、採用先が決まらないという場合もあります。

 

技術を磨いたり、資格を取得しておくことで、求人選びもやりやすくなりますし、自分の希望も通しやすくなります。世の中には女性に向いた仕事も多くあり、家庭と両立しながらも好きな仕事と両立させている女性も多くいます。

 

女性を正社員として雇用し、活躍の場を広げていきたいという会社もあり、いい求人を探し出したい人は多いようです。