イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

女性が仕事をしやすい環境を整えていくことが必要

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、女性が仕事をしやすい環境を整えていくことが必要です。

 

 

おすすめ記事

 

サムネイル制作と稼ぎ方の教科書(オンラインサロン付き) | ゆうすけ | Brain

 

ブログ型アフィリエイトの完全講義【ブログ歴6年の僕の集大成です】 | マナブ | Brain

 

【初心者向け】カッコいいWordpressブログ作成講座 クラウドワークス デザイナー ランキング1位 | じょうまさふみ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200329005923j:plain


 

女性が仕事をしやすい環境

 

社会に出て働く女性が多くなってはいますが、それでも女性が働きやすい社会になったとは言い難いものがあります。

 

男性と肩を並べて働きたいと思っても、妊娠から出産、子育て、家族との関わりが、フルタイムでの仕事を困難にします。家事や育児などと仕事を両立させていくのは大変なことです。配偶者の協力という意味では、昔よりもやりやすくはなっていますが、それでも女性がイニシアチブを取って子育てはするものと考えられています。

 

日本の景気を押し上げていくためには、女性も正社員として、働ける環境をつくることが急務です。

 

ただし、幸せに生きるためには、仕事よりまず家族と家庭を大事にしなければなりません。女性が社会に出て働けるように、環境整備をしっかり行うことが、社会に求められています。女性が仕事に専念できるようにするには、育児のことや、家のことを助けられる仕組みが必須です。

 

企業のなかには保育園などの設備があるところもありますが、まだまだ少ないのが現状です。女性が働ける社会をつくることは、多くの人が期待していることですが、従来どおりの育児や家事をした上で、さらに仕事というわけにはいきません。

 

限られた時間の中で、子供の面倒を見て、ハウスキーピングをして、フルタイムで働いている女性もいます。働きながら家のことをする女性が過重労働で潰れてしまわないように、社会は支援を続けることが必要です。

 

女性が活躍できる職場や仕事を見つけるには

 

ある程度年をとってから女性が仕事を探そうとすると、パートやアルバイトの占める率が高くなります。

 

長期雇用を想定して女性の求人を出しているところは少なく、大抵は期間を区切った上での契約期間タイプです。女性の場合、子育てを終わらせた段階で社会に復帰したいと思っても、正社員として働くことは難しくなります。

 

これから定年まで働きたいと考えても、子育てが終わったくらいの年齢の女性の正社員への求人はごくわずかです。

 

厳しい状況を憂うのではなく、仕事のブランクを良い方に捉えて、スキルアップを図っていくのも一つの方法です。子育てが終わった際にスムーズに仕事に戻れるように、資格をとっておくというのも名案です。ちょっとくらいブランク期間があったとしても、再就職には困らないような職種もあります。

 

再就職がうまくいった人の中には、妊娠出産期間中に、先を見越して技術を磨いていた人もいます。

 

何年もの間仕事をしていない期間が続いていると、改めて就職したいと思っても、採用先が決まらないという場合もあります。技術を磨いたり、資格を取得しておくことで、求人選びもやりやすくなりますし、自分の希望も通しやすくなります。世の中には女性に向いた仕事も多くあり、家庭と両立しながらも好きな仕事と両立させている女性も多くいます。

 

女性を正社員として雇用し、活躍の場を広げていきたいという会社もあり、いい求人を探し出したい人は多いようです。