イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

女性向け求人サイトで転職先を見つける方法!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、女性向け求人サイトで転職先を見つける方法です。

 

 

f:id:destiny6711:20200308134517j:plain


 

女性の転職とは?

近年では、男性のみならず、女性で転職をする人も多くなっています。女性が社会の担い手として、必要とされる局面が増えています。

 

ハローワークに足を運び、自分の能力を生かしての転職先を探すという方法もありますが、その他にも転職活動の方法は存在します。求人サイトを使用することで、自宅や出先で簡単に最新の転職情報を得ることができます。

 

法律で、性別を指定しての求人をしてはいけないので、求人では明記されていないけれども、実際は性別条件が暗黙裏に決まっていることもあります。

 

求人情報の内容がよさそうだからと面接を受けに行ったものの、企業サイドは採用する人の条件を求人票とは別に決めていることもあります。女性のための求人と銘打つことで、求人サイトは女性用の求人を掲示することができます。

 

たくさんの求人に目を通し、自分の希望に合うものを選ぶという方法もありますが、働きたい企業の条件を決めて、検索しながら探すという方法もあります。

 

求人サイトの中でも、女性をターゲットにしているところは、条件検索のやり方や、情報の提示の仕方が、女性のニーズに合わせてあったりもします。人材を募集する側も女性を採用したいと思っている企業が殆どなので、双方の気持ちが一緒なので、効率よく仕事探しが出来ます。

 

女性のための転職セミナーや、面接会の期日が紹介されていたり、募集が掲示されていることがありますので、求人サイトを定期的に見に行くことで、役立つ情報をキャッチできるでしょう。

 

男性でも、女性でも、自分に合う職場を求めて、転職を重ねながらキャリアアップをしているという人は、最近は多くなっています。求人サイトで自分に合う仕事を探しながら、納得のいく転職先を探していきましょう。

 

女性の再就職について

 

人口が減少する日本では、この先は労働人口が減っていくことが予想されており、女性でも再就職しやすい環境を整えることが会社の急務となっています。

 

女性の再就職とは、結婚・出産・介護等で一旦離職し一定期間のブランクを経て、再就職により社会との関わりを再び持つ事です。いずれかの会社に採用され、雇用契約を結んで働くことが多いようです。

 

再就職が成功すればその会社の社員となり、就業規則を守り働かなくてはなりません。

 

そして、会社のメンバーとして人間関係や社会的な責任の中で自分の役割を果たすことになります。多くの子育て中の女性にとって再就職は、仕事と育児や家事との両立をどう行っていくかという問題を解決する事が必要になってきます。

 

子供を育てることと働くことを両立させようとする女性が取る方法はいくつかあり、政府や自治体の支援策も変わっていきます。

 

仕事で何をしたいのか、子育てはどこまで自力でできるか、あまり気追い込まずにまわりの人とよく相談しましょう。中には、子供が家にいない時間帯だけ働いている方もいるようです。しばらく働いていなかった分をゆっくり取り戻すために、最初のうちは労働日数を週3回にするなど無理せず働けることも大事です。

 

派遣や契約社員として、毎日必ずではないけれど働くという再就職の仕方もありますので、どうすれば自分にとって都合がいいかをよく考えてください。短時間での就業をして機会をみて正社員になる等、子供の成長に合わせて就業形態を変えていく女性の再就職の方法も少なくありません。

 

女性の再就職

 

女性が再就職をしたい場合、どのような状況にいてどんな職場を希望するかが人によって違います。

 

子育てや結婚によって何年か職場を離れていたものの、再び働けるようになったという方もいるでしょう。フルタイムで働く正社員より、パートやアルバイトのほうが家庭との両立がしやすいかもしれません。

 

残業や時間外出勤などの会社からの制約が少ないことが、正社員ではなく臨時雇用などで働くことの長所です。

 

自分の都合にあった、職場や環境が選びやすい面もいいところです。職務に実績があることが中高年の再就職では重要ポイントとなります。採用する会社からしても、採用から即戦力になってくれる人材はとても貴重です。

 

現状の職場に続けていけない理由があり、再就職をしてスキルを高めていきたいという方も少なくないようです。

 

勉強をして資格を増やし、再就職につなげるという方法もあります。専門学校に通ったり、通信教育を受けることで時間の合間に勉強はできます。職種によっては、資格を持っていることで給料のほかに資格手当てがつく会社もあり、賃金アップにもつながります。

 

再就職を成功させた女性の中には、派遣で勤務しながら並行して専門学校に通い、勉強をして資格試験に合格をしたという方もいます。求人内容や勤務内容に、特に性差を必要としない仕事も多くなっています。これはと思う仕事があるなら、女性であってもチャレンジしてみることが再就職成功の鍵となることもあります。

 

 

f:id:destiny6711:20200308134609j:plain


 

女性の転職と資格

 

資格を持っていれば、女性の場合は特に転職活動の弾みになるでしょう。

 

経済情勢が不透明な現代でも、就職活動を有利にするのは資格です。国家資格を持っていると、転職では有利になるでしょう。可能性を広げることができるといえます。良い待遇で就職先を決めるためにも、資格手当がもらえるような資格があると便利です。

 

女性の中には、退職後の転職先を探すことができない人もいます。転職活動をしながら資格取得に励むことによって、就職の機会も増やせます。

 

女性が転職を有利に進めるには、看護師、保育士、薬剤師などの資格を持っていることだといいます。社会人になる前に、進路を決める時に資格を取得することを考えるのもよいやり方です。

 

例えば薬剤師の場合、薬学部を卒業する必要がありますが、資格を生かして働く女性も大勢います。

 

ドラッグストアでは、薬剤師の資格を持つ人をパートで雇用する例が多いようです。時給も良く、転職先としてぴったりの勤め先です。資格を有し、更に資格を生かした実務経験があるという人は、即戦力になれる人材として企業でも求められます。日商簿記1級を持ち、なおかつ経理の経験があるという女性であれば、経理で働ける人を探している会社への転職可能性を高めることができます。

 

女性の仕事とやりがい

 

男性であれ女性であれ、やりがいを感じる一生涯の仕事をしたいと考えている人は、大勢いるのではないでしょうか。

 

生きていくためには、仕事に割く時間はどうしても多くなりまず。そうである以上は、やっていて楽しいと心から感じられる仕事をした方が、満ち足りた人生を送ることができるでしょう。

 

客先が喜んでくれる仕事ができたり、会社へのメリットが大きい業績を上げることができれば、仕事をすることに誇らしさを感じられます。自分の発想が当たってヒット商品を出すことができたり、会社の売上げアップに役立って、会社のためにやってきたことが周囲に認められると、仕事へのやりがいを強く感じるようになります。

 

仕事にやりがいを感じることができるかどうかで、現状に自分に満足できるかどうかもかなり違ってくるものです。

 

ある調査では仕事を持っている女性の半数以上の人が、仕事にやりがいを感じていないという結果が出ています。達成感を感じられない仕事をしているのは、どうしてなのでしょうか。仕事をしていて面白いと感じられない気持ちが、やりがいを感じる作用を阻んでいます。

 

常に機械作業のようにして仕事をしていると、自分が歯車の一部になったような気がして、面白味がなくなります。

 

仕事をするとやりがいを感じられるとう場合は、興味ある物事に対するアプローチを考えることが大事になります。仕事の手順を変更してみたり、関心のある分野の仕事に力を入れてみるなどすることで、女性でも重要なポストにつけることがあります。よりやりがいを感じる職場環境につくことが可能です。

 

漫然と、日々のルーチンワークをこなすのではなくて、これをやろうと思った目標に向けて頑張ることも大事なことです。

 

女性もいつもよりも目標のレベルを上げてみたり、目標を達成したら食事やエステに行くなど、自分へご褒美をあげたりいろいろな工夫をして仕事のやりがい作りをしてみましょう。

 

 

女性の転職と年齢の関係

 

男性の転職より、女性の転職のほうが、年齢によって結果が左右されることが少なくありません。

 

もちろん職種によって採用のポイントは変わってきますが、年齢が重視されるのは多くの職種で同じことが言えます。転職をするなら、二十代のうちに取り組むようにするのがおすすめです。20代のころは、つきたい仕事の求人を探すことも可能ですが、30代、40代と進むにつれて仕事探しは困難になります。

 

パートや契約社員などの非正規社員の仕事はありますが、正規の社員募集となるとどうしても少なくなる傾向にあります。

 

特に女性の場合、30歳前後が最も結婚や出産などのライフイベントが発生しやすい時期であり、仕事を任せることが難しくなるのです。女性は、外で仕事をする以外の要素がたくさん絡み合ってきますので、仕事に注力するという選択肢がとりにくくなります。接客販売業などでは顧客の層に合ったスタッフを必要とするので、経験があったとしても、採用されにくくなってしまいます。

 

介護の業種は常に人手が足りていないと言われていますが、体力仕事が多く、時間外労働もあって、若い方が有利な職場でもあります。

 

結婚や、出産の機会が多い年齢にさしかかると、女性の転職活動は厳しくなりますので、早くから先を見据えた職探しをしましょう。女性に対する配慮がされている会社もあれば、反対に女性が働きにくい会社もあるのは事実です。最近は、結婚したからといって仕事を辞めるという女性はむしろ減る傾向にありますので、女性でも生き生きと働ける会社を見つけることです。