イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

女性の転職と年齢の関係

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、女性の転職と年齢の関係です。

 

 

おすすめ記事

 

機械学習はこれ一本!pythonインストール~機械学習実装まで完全理解講座 | RIN@AIベンチャー | Brain

 

マナブさん風 テロップ集9点セット【Premire PRO】 | かずや@動画編集 | Brain

 

【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと | キメラゴン | Brain

 

f:id:destiny6711:20200417143926j:plain

女性の転職と年齢の関係

 

男性の転職より、女性の転職のほうが、年齢によって結果が左右されることが少なくありません。

 

もちろん職種によって採用のポイントは変わってきますが、年齢が重視されるのは多くの職種で同じことが言えます。転職をするなら、二十代のうちに取り組むようにするのがおすすめです。20代のころは、つきたい仕事の求人を探すことも可能ですが、30代、40代と進むにつれて仕事探しは困難になります。

 

パートや契約社員などの非正規社員の仕事はありますが、正規の社員募集となるとどうしても少なくなる傾向にあります。

 

特に女性の場合、30歳前後が最も結婚や出産などのライフイベントが発生しやすい時期であり、仕事を任せることが難しくなるのです。女性は、外で仕事をする以外の要素がたくさん絡み合ってきますので、仕事に注力するという選択肢がとりにくくなります。

 

接客販売業などでは顧客の層に合ったスタッフを必要とするので、経験があったとしても、採用されにくくなってしまいます。

 

介護の業種は常に人手が足りていないと言われていますが、体力仕事が多く、時間外労働もあって、若い方が有利な職場でもあります。結婚や、出産の機会が多い年齢にさしかかると、女性の転職活動は厳しくなりますので、早くから先を見据えた職探しをしましょう。

 

女性に対する配慮がされている会社もあれば、反対に女性が働きにくい会社もあるのは事実です。

 

最近は、結婚したからといって仕事を辞めるという女性はむしろ減る傾向にありますので、女性でも生き生きと働ける会社を見つけることです。

 

女性の仕事

 

会社での仕事だけでなく、家庭での料理、掃除、育児なども女性の仕事として認識されているようです。

 

最近は共働きの人が増えています。そのため、料理などの家事労働も夫婦共に取り組む仕事と見なしているケースもあります。家庭によっては、家事は女性の仕事として女性がすることだと見なしている男性もいます。

 

働く女性の中には、仕事が終わって帰ったら、寝るまで家のことをしているという人もいます。

 

家のこともやり、仕事も終わらせるためには、時間の融通をつけながら効率的に作業をしなければなりません。仕事をしている女性によっては、仕事により比重を置いた、仕事がメインの日々を送る人もいます。

 

仕事を5年、10年と続けて、結婚や出産を経験しても尚、仕事を辞めることなく続けている女性もいます。

 

育休をあまり取らずにすぐ職場復帰し、以前と同様に仕事に精を出す女性もいます。女性の立場が未だに低いという仕事場は、日本においては未だに多くあります。ただし、最近では重役や役員に女性がなることがあるなど、変化の兆しが見えてはきています。

 

仕事場での、女性の存在感が高まってきている証ともいえますので、働く女性にとって嬉しいところです。

 

f:id:destiny6711:20200417144110j:plain

女性の仕事と転職

 

仕事を変えることで、女性がより達成感がある仕事につけるというケースもあると言われています。

 

転職によって自分に合った仕事に就くことが出来て、やりがいを見つけることができたという人も少なくないことでしょう。勤続年数が長いと、日々しなければならない作業も既知のものばかりで新しいトラブルも発生しづらくなり、人と人とのつながりも安定して、同じ日の繰り返しになることが多いようです。

 

あまりにも仕事に慣れてしまうと、どの仕事も面白みにかけるようになり、つまらないと感じる事も多くなっています。

 

ルーチンワークの日常に閉塞感を感じるようになったら、仕事を変えることを考えるのもいいでしょう。女性に限らず、地位の向上には勤続年数が関係していたのは一昔前までの話です。近年では、ヘットハンティングなどで、優秀な人は勤続年数と関係なく高いポストについている人は多くなっています。

 

以前のように転職するがマイナスになってしまうケースは少なくなってきています。

 

今までの実績や経験に基づいて、条件のいい会社を見つけて転職をするという話もよく聞きます。自分が今まで経験してきた仕事の能力をさらに活かせる仕事を探して、転職する事も女性の仕事のやりがいを探すには役立つ時もあります。

 

新しい仕事のために資格の勉強をしたり、転職や起業に関する仕事のセミナーに積極的に参加して人脈を持つことも、将来の選択肢が広がります。最近は女性の社会進出が随分と進んできており、セミナーや資格講座などもたくさんあるので、転職を考えている人はしっかり情報収集をして、仕事のやりがいを見つけていただきたいものです。

 

女性の再就職について

 

人口が減少する日本では、この先は労働人口が減っていくことが予想されており、女性でも再就職しやすい環境を整えることが会社の急務となっています。

 

女性の再就職とは、結婚・出産・介護等で一旦離職し一定期間のブランクを経て、再就職により社会との関わりを再び持つ事です。いずれかの会社に採用され、雇用契約を結んで働くことが多いようです。再就職が成功すればその会社の社員となり、就業規則を守り働かなくてはなりません。

 

そして、会社のメンバーとして人間関係や社会的な責任の中で自分の役割を果たすことになります。

 

多くの子育て中の女性にとって再就職は、仕事と育児や家事との両立をどう行っていくかという問題を解決する事が必要になってきます。子供を育てることと働くことを両立させようとする女性が取る方法はいくつかあり、政府や自治体の支援策も変わっていきます。

 

仕事で何をしたいのか、子育てはどこまで自力でできるか、あまり気追い込まずにまわりの人とよく相談しましょう。

 

中には、子供が家にいない時間帯だけ働いている方もいるようです。しばらく働いていなかった分をゆっくり取り戻すために、最初のうちは労働日数を週3回にするなど無理せず働けることも大事です。

 

派遣や契約社員として、毎日必ずではないけれど働くという再就職の仕方もありますので、どうすれば自分にとって都合がいいかをよく考えてください。

 

短時間での就業をして機会をみて正社員になる等、子供の成長に合わせて就業形態を変えていく女性の再就職の方法も少なくありません。

 

f:id:destiny6711:20200417144423j:plain

女性の転職と資格

 

資格を持っていれば、女性の場合は特に転職活動の弾みになるでしょう。

 

経済情勢が不透明な現代でも、就職活動を有利にするのは資格です。国家資格を持っていると、転職では有利になるでしょう。可能性を広げることができるといえます。良い待遇で就職先を決めるためにも、資格手当がもらえるような資格があると便利です。

 

女性の中には、退職後の転職先を探すことができない人もいます。転職活動をしながら資格取得に励むことによって、就職の機会も増やせます。

 

女性が転職を有利に進めるには、看護師、保育士、薬剤師などの資格を持っていることだといいます。社会人になる前に、進路を決める時に資格を取得することを考えるのもよいやり方です。例えば薬剤師の場合、薬学部を卒業する必要がありますが、資格を生かして働く女性も大勢います。

 

ドラッグストアでは、薬剤師の資格を持つ人をパートで雇用する例が多いようです。時給も良く、転職先としてぴったりの勤め先です。

 

資格を有し、更に資格を生かした実務経験があるという人は、即戦力になれる人材として企業でも求められます。日商簿記1級を持ち、なおかつ経理の経験があるという女性であれば、経理で働ける人を探している会社への転職可能性を高めることができます。