イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

海外就職のための労働ビザ

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、海外就職のための労働ビザです。 

 

おすすめ記事

 

失恋回復プログラム | 東京恋愛診療所 | Brain

 

【特典付き】営業や販売、恋愛にも即役立つ!面白く学べる「顔相動画」のご案内 | 未空(Miku) | Brain

 

【正しい環境認識大全集〜】(初心者・中級者向け) | Ryonymos | Brainf:id:destiny6711:20200429234614j:plain

海外就職のための労働ビザについて 

海外で就職したいときに絶対に必要になるのが労働ビザです。

 

どのような方法で労働ビザを取得したらよいのでしょうか。労働ビザが欲しければ、まずは専門的なスキルを持っていることを証明することです。労働ビザは取りたいと思っても、観光ビザのように簡単に取得できるものではないので気をつける必要があるでしょう。

 

人によっては手続ができないこともあるといいます。

 

海外で労働ビザを取得するためには、滞在したい国の要求する労働ビザの条件を満たしている必要があります。多くの場合労働ビザは専門職を対象としています。労働ビザの取得条件として多いのは、2~3年の職務経験、大学卒業以上の学歴といったものです。

 

海外で就職するために労働ビザを得るために必要な期間は個人の能力によって差があります。

 

基本的には2、3ヶ月、早い人であれば2週間から1ヶ月で結果が出ます。できれば自国の人間が仕事について欲しいというのが、労働ビザを出す国の側の意向といえるでしょう。国内の失業率を下げるためには、仕事は国内で割り振りたいからです。

 

労働ビザの出し方に制限があるのは、そんな国内の考えがあるためです。海外就職をするために労働ビザを取るには、とにかく専門的な技術や知識を身に付けることが大切です。

 

f:id:destiny6711:20200429234714j:plain


 

海外就職に関する年齢について

 

年齢は、海外で就職する時にどのくらい影響するものか、語学力の勉強をする時に気になるものです。

 

これが日本なら、年齢は就職活動をする上での重要な要素になりますが、海外の就職では、年齢はどの程度気になる事柄なのでしょうか。転職をすることが当たり前というくらい、しょっちゅう転職をする国がアメリカです。

 

日本の考え方のほうが、海外の転職に対する価値観から見ると、珍しいものなのかもしれません。

 

平均でいうと、アメリカでは一生のうち3回から4回は仕事を変えますし、それ以上の転職を経験する人もいます。アメリカは、日本と比較すると、断然転職回数が多い国であるということができるでしょう。

 

海外での就職に、年齢そのものが及ぼす影響は、日本の転職市場と比較すると、ずっと小さいものだといえるでしょう。

 

一定年齢以下であることが日本で就職する時には非常に重視されており、差別ともいえるくらいです。とはいえ、海外の就職は実力主義社会になりますので、年功序列という考え方もなく、何かのきっかけで雇用契約を解除されることもありますので、うかうかしてはいられません。

 

日本企業は、正社員として雇用された社員は、よほどのことがなければクビになることはなく、立場が安泰という利点があります。

 

これが海外企業ならば、自分が会社に有用な人材であることを証明していられなければ、とたんに立場が怪しくなります。もしも海外での就職を希望するなら、年齢を気にする人はないけれど、実力をつけることを重視しなければならなくなります。

 

海外の仕事

 

海外の仕事につくには、どのようなことをすればいいでしょう。

 

就職活動を行う留学生や海外への転職希望の人材、グローバルに活躍したい人材と企業とをつなぐ日英バイリンガルの為のジョブサイトがあります。このサイトを利用すれば、外資系の会社や外国との取引が多い会社など、色々な求人をチェックできます。

 

コンサルティング業務やIT関係、金融関係など、海外での展開が活発に行われている幾多の企業について研究できます。

 

アメリカやイギリス等の希望勤務地を指定しての絞込み等、自分に合った仕事情報を自由に探し出す事が出来ます。これはと思った求人があれば、履歴書をオンラインで送信できます。仕事の内容や海外の環境などをインターネットで下調べをしてから応募をすることができます。

 

語学スキルを活かすだけでなく、留学の体験や海外生活で得たスキルを活用したいという方には役に立つでしょう。

 

サイトの情報を活用して、世界を相手に仕事ができるようなキャリアを持ちたいという方には役立ちます。転職活動や就職活動で役立つ求人サイトとして、利用する人は増加しています。いつも新しい仕事に関する情報が参照可能で、エグゼクティブやMBAを持つ人、IT系技術者などもチェックしています。

 

海外の仕事に関する情報を効率よく集められる求人サイトを活用して、希望する仕事につけるよう取り組んでください。

 

海外で就職活動をする人

 

働き方は多様化しており、海外で就職活動をする人が増加しているそうです。

 

海外を視野に入れた就職活動を、海外で仕事を得るためにしている人も、かなり多くなってきました。就職を海外でする人が増えている理由には、情報化社会になったことも挙げられ、これはインターネットの普及によるものです。

 

日本に居ながらにして、いろいろな国の仕事情報を、リアルタイムで入手することが可能になりました。

 

海外に行くことが、以前と比べてさほど珍しくなくなったことも影響していると考えられます。海外での就職を希望している人のために、海外専門の就職活動サイトもたくさん出来ています。

 

ビザについてや滞在国の安全情報、家探しの方法、銀行口座の開き方など、生活に密着した情報を提供してくれるのが多くの海外就職活動サイトで、海外の求人情報だけではないのが便利なところです。

 

事細かに海外の詳しい内容がわかるようになっており、日本に居ながらにして情報を得ることができます。

 

大きく日本と異なっている点としては、インターンシップなどの経験を、海外での就職活動の場合には問われるケースが多々あることです。インターンシップというのは、職業体験ができる制度のことです。

 

過去に海外での就職経験が無い場合に必要不可欠といわれているのは、インターンシップを受けるなど、実務経験を通して専門知識をさらに深めることです。

 

おおむね海外での就職活動の場合は、より実務的な経験や専門知識が求められる傾向が強いようで、国にもよりますが就職試験や面接が大切な日本とは随分と異なる場合が多いといえるでしょう。