イッサヒューマン研究所

会社員や起業家などにちょっと役立つ情報を発信するブログです。

第67回 僕が感じた会社を辞める時の不安と決断の思い

ども、ブロガー講演家イッサです。

 

f:id:destiny6711:20191202212515j:plain

 

本日のテーマは僕が感じた会社を辞める時の不安と決断の思いです。

 

会社辞めようかな、会社辞めたいなと思っている方に役立てていただけたら、いいなと思います。

 

 

会社を辞めた時

会社を辞めたら、結構不安になりますよね。

 

このまま、65歳まで生きていけるのかとか、稼げるのかとかいろいろと考えてしまいます。

 

どういった不安があったのか?と不安に対して自分のモチベーションを上げて行動に繋げたか?を話していきましょう。

 

f:id:destiny6711:20191202213342p:plain

この時僕が感じた不安は3つありました。 

1.キャリア(職歴)の不安

 

これは結構きつい不安でした。

 

1回会社辞めたら、再就職できるかどうかわからない不安で押しつぶされそうでした。

 

失敗したらどうしようとか不安な日々でした。

 

独立して死ぬまで食べていけるぐらい稼げるかどうか不安だった。

 

今考えてみるとこの不安は会社を辞めたとしても、また余裕で会社員に戻ることはできます。

 

そんなに深刻に考えなくてよかったなと今なら思えます。

 

辞めて独立して、向いてないなと思ったら、また就職すればいいんです。

 

意外とこう言う人も多いです。

 

決して独立して失敗しても損なことはなくて、経験値が大幅にUPするので、気にすることはないです。

 

会社辞めたからといって、そこから全て一人で生きていかないといけないわけではありません。

 

こう言うことを言うと必ず「会社辞めたら、もう雇ってもらえないんですけど」って言う人います。

 

これは前提が間違っているんです。

 

そもそも会社辞めて、もう雇ってもらえない人材ならこの人自体がやばい。。。。

 

これっていわゆる能力が足りてないってことですよ。

 

これは独立する以前の問題で、会社に残ってもリストラになるんじゃないかなと思います。

 

戻れないようなら、そもそもスキルが低すぎてやばい。

 

戻れない不安があるなら、今の内からスキルを磨いて会社に必要と思われる人材になりましょう。

 

未来を完全に予測することは不可能なんで、自分にコントロールできない不安は捨てましょう。

2.税金や保険が支払えるかの不安

会社が今まで払ってくれていたけど、これから自分でどうやって払えばいいの?って思いました。

 

これは結論から言うとめちゃくちゃ簡単で、今は一切気にする必要はないんです。

 

このことも今ならわかるんですけど、その時は何も考えずに税金を貯金から払っていました。

 

会社辞めたら、区役所にいって税金や健康保険や年金のことを教えてくれます。

 

支払うお金はかなり相談に乗ってくれますので、区役所の人に相談しましょう。

 

参考までに過去記事にあります。

 

www.isssa.xyz

3.固定された給料を失う不安

この不安も大きいですよね。

 

辞めた当時はかなりこのことでも不安になりました。

 

会社に入ると普通に毎月20万円から30万円ぐらい振り込まれていましたので、自分の成果に関係なく、ずっと給料は振り込まれます。

 

会社辞めると当たり前だけど、0円になります。

 

すでに持っているものを失う恐怖や不安がめちゃくちゃありました。

 

これはある程度生きれる貯金をしておくとこの不安は少しマシになると今ならわかります。

 

辞めた当時は貯金0でした。

 

退職金もなく、途方にくれていましたね。

 

実家暮らしだったので、なんと生きれました。

 

なので、貯金0で辞めるとしんどいので、少なくても2年間ぐらいの生活費を確保できたら、精神的にも良いです。

 

f:id:destiny6711:20191202220705j:plain

会社を辞めることのリスク

 

世間的なイメージとして、独立したら危ないと今でも思われていますが、実はそんなにリスクはありません。

 

現実をかなり歪めて捉えているなって思います。

 

一番最悪なケースとして起業してズタボロに失敗して借金まみれになったら、自己破産しかないです。

 

でも、このケースになることも稀です。

 

いきなり銀行からたくさんお金を借りて事業をするとかはないです。

 

まずは小さく事業を始めてみる。

 

最初はそこから始めてみるべきです。

 

そういう風にやれば、借金を背負うことはないです。

 

未来は予想できないので、会社から抜け出すためにジャンプする勢いは必要です。

 

f:id:destiny6711:20191202221330j:plain

どうやったら辞める勢いを持てるのか?

周りの環境によります。

 

周りにフリーランスと経営者がいれば、かなり辞めることに傾きます。

 

辞めることに抵抗がなくなるんです。

 

こんだけフリーランスがいるし、自分もなんとかなるなって思えたんです。

 

僕の周りが全員公務員や大企業志向だったら、独立していません。

 

f:id:destiny6711:20191202222957j:plain

独立してもうまくいく人はごく一部なの?

意外とそんなこともないです。

 

結構稼いでる人は多い感じがします。

 

逆に真剣にやって試行錯誤もできて、考える力があれば才能や資産がなくても成功している人はいっぱい見てきました。

 

定年が大体65歳から70歳ぐらいと考えると、定年までずっと会社にしがみついて働くのもどうかなと思います。

 

しかも今の時代寿命は100年時代ですから、定年しても残り30年貯蓄だけでは生きていくのは難しいです。

 

そんな時に役にたつのが、起業や副業のスキルです。

 

僕が感じたのは今の時代自分なりの働き方を模索していくのが大切であることです。