イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

ビットコインのウォレット(財布)を分かりやすく説明します【超初心者向け】

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマはビットコインのウォレット(財布)を分かりやすく説明しますです。

 

 

おすすめ記事

 

Brainテキストエディタ完全攻略!読みやすい記事を制作するためのテクニック | はなげるげ | Brain

 

【値上げ予定】今からAWSを学ぶエンジニアの1つの指南書_ソリューションアーキテクト問題50問付き!50,000字超えのボリューム【順次追記】 | くろかわこうへい | Brain

 

サムネイル制作と稼ぎ方の教科書(オンラインサロン付き) | ゆうすけ | Brain

 

 

f:id:destiny6711:20200208112507j:plain

 

ビットコイン初心者「ビットコインウォレットって何ですか?ビットコインの財布ってなんですか?何それおいしいの?というか何のために使うの?使う価値は?わけk話からいよ!」

 

こんな疑問にお答えします。

 

本記事ではビットコインウォレットの仕組みと利用価値に加え、オススメウォレットをまとめました。超初心者向けに現実世界の『円』と比べつつ解説せていきます。これを機会にしっかりと理解していきましょう。

 

ビットコインウォレットとは?

f:id:destiny6711:20200208160752p:plain

 

ビットコイン用の銀行です

ウォレットは財布という意味だけど、銀行と思った方が理解しやすいです。

 

よくある疑問:ビットコインウォレットっていらなくないですか?

Coincheckといった取引所でビットコインを買うと、取引所にビットコインを保管できます。「そしたらビットコインウォレットっていらないじゃないの?」って言われそうですが、そうでもありません。現実世界の円に置き換えて説明しましょう。

 

ビットコインウォレットが必要な理由を具体例で説明します。

コンビニアイスを買うときをイメージしてみてください。

あなたがコンビニ行って、100円払ってアイスを買うとします。この場合、100円とアイスが交換されました。

次に百貨店に行って、洋服を買おうと思って、お店へいき、2万円の洋服が気に入り、買いました。しかし手持ちの現金がないので、ATMでお金をおろしてから、洋服を買いました。

 

 

ビットコインウォレットとはATMみたいなものと考えてください。

・財布に入っている100円→ビットコイン取引所に保存されているコイン

 

・ATMに入っていたお金→ビットコインウォレットのことです。

 

こういう感じですね。

常に財布に現金を入れておくのは便利だけど、セキュリティ的には問題あります。ビットコインも同じで、取引所に保存しておけば、すぐ使えるけど、取引所が強盗にあったら終わりです。インターネット上の強盗とは、つまりハッキングですね。最近何軒もハッキングされてビットコインが盗まれた事件がありましたね。

 

ビットコインウォレットの利用価値とは?

f:id:destiny6711:20200208162315j:plain

ずばり、取引所がハッキングされたときのリスクヘッジですね。

セキュリティが万全な取引所があればウォレットに入れなくても大丈夫ということになります。しかし、現実的には難しいので、「ウォレットに入れておくといいよ」ってことなんです。

 

取引所がハッキングされた事件とは?

業者である取引所がハッキングされた事件で有名なのは、マウントゴックス事件ではないでしょうか。当時の金額で400億円という被害額でした。この事件以降、世界各国の取引所はセキュリティ意識が高まりました。しかし、絶対に安心というわけではありませんので、注意しておくに越したことはありません。具体的な対策としては、本記事で説明したウォレット保管しつつ、取引所のアカウントは必ず二段階認証をするようにしましょう。

 

ビットコインウォレットは5種類あります

ここからが本題になります。ビットコインウォレットの概要と利用価値がわかったところで、おすすめのウォレットを解説していきます。

 

まず、ビットコインウォレットは5種類あります。

 

・ハードウェアのウォレット

 

・オンライン上のウォレット

 

・ペーパー(紙)のウォレット

 

・スマホアプリのウォレット

 

それぞれの違いがありますので、順番に解説していきます。

 

ハードウェアのウォレット

USB端末にビットコインや仮想通貨を保存する形式のウォレット

USBなのでPCから抜いてオフラインにしておけば、セキュリティ上安心です。後述するペーパー(紙)のウォレットが一番セキュリティが高いと言われますが、ハードウェアのウォレットはその次に安全と言われます。

 

利用シーンとは

仮想通貨を長期間保持する場合に適しています。

短期トレードする場合にはハードウェアのウォレットは不要になります。ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を買って、将来的な値上がりを期待する方におすすめな保存方法です。

 

【日本正規品】Ledger Nano S (レジャー ナノS)仮想通貨ハードウェアウォレット ビットコイン イーサリアム リップル Less is More USB Type-Cアダプタ付き

新品価格
¥8,900から
(2020/2/8 17:18時点)

こちらが、定番のウォレットです。割と値段が高いですが、定番商品なんで安心かなと思います。

 

ペーパー(紙)のウォレット

ハードウェアのウォレットよりセキュリティが強いと言われています。

その名前の通り、紙やカードのウォレットです。

大きな金額を扱う場合は利用するのもいいと思います。ちょっと手間がかかるのが難点なんで、個人的にはUSBでいいかなと思います。

 

オンライン上のウォレット

オンライン上で保管できるので、利便性が非常に高いです。しかし、セキュリティ的には脆弱になります。だから、2段階認証は絶対にやっておきましょう。様々なサービスがあり、ものによって異なります。

 

デスクトップ上ウォレット

アプリをダウンロードして利用するタイプになります。最初のインストールや設定が面倒ですが、オンライン上のウォレットよりもセキュリティに優れています。デメリットはPCが壊れたりした場合は、永遠に取り出せなくなる可能性があります。

 

スマホアプリのウォレット

ビットコインの保管では、 GMOコインウォレットとかありますので、国内のアプリを使用しましょう。使い方は簡単で、スマホにインストールして秘密の鍵をメモで覚えておくだけでいいのです。取引所保管よりははるかに安全なので、ぜひやってみましょう。

 

総合:ハードウェアのウォレットかオンライン上のウォレットかスマホアプリのウォレットがおすすめです。

基本的にはハードウェアのウォレットとオンライン上のウォレットが良いと思いますが、手軽さからスマホのウォレットでもいいと思います。

 

・長期間保管する仮想通貨:ハードウェアのウォレット

 

・中期間保管する仮想通貨:オンライン上のウォレットかスマホアプリのウォレット

 

・短期間保管する仮想通貨:取引所

 

とはいえ、個人差もありますので、ぜひ、ご自身で比較検討してください。

 

まとめ:ビットコインのウォレットのポイント

f:id:destiny6711:20200208203938p:plain

 

記事のまとめは下記の通り。

 

・ビットコインウォレットはビットコイン用の銀行です。

 

・取引所がハッキングされたときのリスクヘッジとして、ウォレットを使用しましょう。

 

・ウォレットは4種類ありますので、ニーズに合わせて選択しましょう。

 

 

こんな感じになりました。

まだまだ発展途上のビットコインですが、可能な限りリスクヘッジして仮想通貨の取引を楽しんでください。

 

次いでにFX口座もひらく人はこちら⬇️

 

仮想通貨の過去記事はこちら⬇️

 

www.isssa.xyz