イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

検察庁法の改正案、現職の裁判官が「まともな法治国家とは言えない」発言!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、検察庁法の改正案、現職の裁判官が「まともな法治国家とは言えない」発言です。

 

 

おすすめ記事

 

【325種類】YouTuber向けPremiereスタイルデータを販売します。 | 赤津 亮太 / 赤トマト | Brain

 

【ゲーム飯】ゲーム系YouTubeチャンネル運営の教科書(オンラインサロン参加権付き) | 支配人ミル | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

f:id:destiny6711:20200516005847j:plain

仙台高等裁判所の裁判官が政府批判

 

検察庁の改正案については過去記事を参照してください、こちら🔽

 

www.isssa.xyz

 

国会で審議されている検察庁法の改正案について、仙台高等裁判所の裁判官が、13日、民法ラジオ番組に出演して批判しました。

 

現職の裁判官がメディアで政府を批判するのは極めて異例です。

 

仙台高等裁判所の岡口基一裁判官は13日、KBS京都ラジオ番組に電話で出演し、検察庁法の改正案について、およそ45分間に渡って、自身の見解を述べました。

 

裁判官は公平公正な裁判のために世論の話題には口を出さない

裁判官が世論の話題には口を出さないのが暗黙のルールになっています。

 

それを破ってでも、今回の法改正がいかにおかしいかを法の番人である裁判官が伝えたかったと思います。

 

もちろん、法の最高スペシャリストな裁判官なので、法改正には敏感になってしまうのです。中立性を求められている現職の裁判官がメディアに出演し、政府を批判するのは極めて異例です。

 

この中で裁判官が言いたかったこととは?

検察官が内閣の顔色を伺いながら、仕事をするようになると危惧される。

 

法解釈の変更を口頭の決裁で済ませるなど、まともな法治国家とは言えないとなどと批判しました。法案が大変複雑なため、内容を正確に理解した上で議論してもらいたかった。

 

裁判官が積極的に政治運動に参加することは許されていないが、法案の問題点を説明することは禁じられていないとNHKの取材では答えていました。

 

国会でも、森法務大臣が答弁に苦慮しているほど、難しい法案になります。

 

具体的なことが言えず、抽象的な法案を通してから、あとで具体化するとかわけの変わらんことを言っています。

 

国家の審議もこれからヒートアップしていく法案になるのは間違い無いですね。

 

これからもこの法案の国会審議には注視していきたいです。