ビジネスで突き抜けたい存在になりたい人と転職者を支援するブログ

ビジネスで突き抜けたい方やいい条件で転職したい方や起業家に役立つ情報を発信するブログです。

第47回 起業家の才能がある人の特徴3選!

f:id:destiny6711:20191104215037j:plain

 

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは起業家の才能がある人の特徴3選です。

あくまでこれはアメリカ人を10代の頃から40代ぐらいまで1.2万人調査して得られた内容になりますので、日本人には当てはまらないかもしれませんが、参考になると思います。

 

 

成功している起業家の特徴は、子供時代に特徴があったことがわかりました。

 

その特徴を備えていると、起業して成功しやすいことがわかります。

 

この特徴にみなさんが入っていないからといって起業で成功しないというわけではありません。

 

この起業して成功した人達の特徴を捉えることで、なにをどう学んで、どうしたら成功したのかを知ることが大切です。

 

この成功した過程をしっかり学ぶことができれば、みなさんが起業して成功するための参考になるかもしれません。

 

若いころ悪かった人ほど、起業して成功しやすい。

 

子供のころ、やんちゃだった人ほど成功しやすい。

 

万引きとか喫煙、不登校とかですね。

 

クラスに何人かはそういう人達いましたよね。

 

そういう人がやんちゃをやめて、まじめな大人になった人ほど成功しやすいです。

 

学校に行かなくなって、不登校になるとすごくリスクを背負うことになりますよね。

 

友達関係とかもうまくいかなくなる可能性があります。

 

子供の頃に従順になりすぎないで、他人と違うことをするとリスクが生じます。

 

人と違うことするだけでいじめられたりすることもあります。

 

そういうリスクを平気でとれるような人でないと起業家になるのは難しいです。

 

こういうリスクを取れるっていうのは子供の頃に身につけないと変われないので、大人になってもリスクをとれるようになりません。

 

実はリスクをとれるだけでは起業で成功しません。

 

このリスクを取れる+3個の特徴があれば、成功しやすいことがわかっています。

 

1.育った家が裕福。

2.高い教育を受けていた。

3.お父さんとお母さんの仲がよい。

 

以上3つの特徴があれば、起業しても成功しやすいといえます。

 

つまり、家のバックグランドはしっかりしているんだけど、子供のころにちょっとやんちゃをしていたという人は起業家に向いているということです。

 

子供のころ悪いひとっていえば、リスクをきちんととれる勇気があります。

 

そこにきちんと教育できる家庭が備われば、大人になって悪から抜け出し、しっかりとした社会人になって起業するととても良い起業家になるということです。

 

こういう人たちは俺もやればできるんだっていう気持ちがわいてきて、自分に足りないものを的確に認識して、勉強していき、成功するのです。

 

物事を恐れないでチャレンジする能力があることが強みですね。

 

やればできるっていう考え方がすごく大切です。

 

子供のころ悪かった人たちは、やればなんとかできるっていう意識が植えつけられるので、そこが起業家として非常につよみになっています。

 

やればできるという感覚とリスク取りに行く姿勢がとても大切であることが学べます。

 

では、あとかできるっていう意識を身に着けるためにはどうすればよい?

 

これはつまり成長マインドセットですね。

 

やればできる=成長マインドセットと呼ばれています。

 

やればできるっていう感覚をもてたら、実は人生はイージーモードになります。

 

マインドセットには2つあります。

 

硬直マインドセットとは?

人間はダメな親の元にそだってしまって遺伝的に変えられないんだとか親に能力ないから自分にも能力がないと思い込んで自分の能力を固定してしまうことです。

 

自分はいい会社にはいれなかったからダメなんだとかですね。

 

自分の能力は伸ばせないと考えてしまうことです。

 

しなやかマインドセット=成長マインドセットとは?

人間の能力は変えることができる。

 

どんなダメな人でも勉強すれば、絶対にうまくいくだろうし、あるいはどんなすごい人も勉強しなかったダメになるんだみたいな思考の持ち主です。

 

成長マインドセットをもつことがとても大事なんです。

 

自分は緩やかだけど、かわれることができるんだって思うことがとても大切です。

 

成長マインドセットを持つ人は、起業するときに、自分の能力を気にすることなく起業できます。

 

やってみて、能力がたりなければ、自分で勉強したり、人に助けてもらったり、自分の能力はいかようにも変えれると考えていますので、不安もありません。

 

いろいろと試しにチャレンジできるし、失敗してもへこたれないので、成功を掴んでいけると思います。

 

硬直マインドセットを持っている人との一番の違いは、失敗したときに硬直マインドセットの人は、自分には才能がたりてなかったからダメなんだって思うんです。

 

成長マインドセットの人達は、自分の能力や才能だけではなくて、いろいろな状況もあるし、自分の能力がなかったのではなくて、足りなかったんだと考えていきます。

 

この部分の知識が足りなかったからこれを勉強したら、次は成功するんだと思ってまた努力して、チャレンジします。

 

成長マインドセットの考え方がとても重要になります。

 

最後に

いかかでしたでしょうか。

 

みなさんが子供のころ、悪でなくても裕福な家庭でもなくても、この成長マインドセットの考え方さえ身に着ければ、起業してもきっと成功することでしょう。

 

みなさんの起業のお役に立てれば、幸いです。