イッサヒューマンラボ

会社員や起業家などにちょっと役立つ情報を発信するブログです。

第63回 起業なんて失敗してなんぼです!

ども、ブロガー講演家イッサです。

 

f:id:destiny6711:20191126230801j:plain

 

 

今回のテーマは起業なんて失敗してなんぼです!

僕は起業推進派なんですが、よく質問されるのは、そんなに起業を推進して失敗したら、責任取れますか?って言われます。

そもそも、起業すればだいたい失敗します。

f:id:destiny6711:20191126231941j:plain

 

失敗しながら、活路を見出していくのです。

 

炎の講演家鴨頭さんは、失敗しないことはしつこく成功するまでやることだって言ってます。

 

マコなり社長さんは、まさに失敗しながらひらめいてエンジニアスクールを成功させています。

 

f:id:destiny6711:20191126232120j:plain

では、なぜ起業するのでしょうか?

 

サラリーマンはリターンが小さいからです。

 

週5ぐらいで人生固定されている割には、リターンが小さいです。

 

それならば、せっかくの人生、起業して成功すれば豊かになれます。

 

成功の度合いによりますが1億円も夢ではありません。

 

サラリーマンでは到底1億円は無理です。

 

サラリーマンは平均生涯働いて2億円です。

 

早めに豊かになるためには、起業したほうがいいです。

 

f:id:destiny6711:20191126232350p:plain

こういう話をすると絶対失敗したらどうするんだって言われます。

これはまさにサラリーマン脳です。

 

起業家や事業家は考え方を変えないといけないです。

 

前提として、起業なんて失敗するに決まっています。

 

失敗すると思っているけど、みんなには起業して欲しいです。

 

いきなり、起業してうまくいくなら、誰も人生困らないと思います。

 

ずっとサラリーマンやっていた人がいきなり起業してうまくいくと思ったら、大間違い。

 

そんな簡単にいくなら、みんな起業家になっていますよ。

 

それでも、やる価値は絶対にあると思っているから、オススメしています。

 

f:id:destiny6711:20191126233316j:plain

起業は失敗するのが当たり前?

ちなみに10年続く企業は6%らしいです。

 

10年というスパンで見てもなんと94%の企業が失敗しています。

 

半端ないですね、ほとんど失敗ですよね。

 

30年続くのは、全体の0.02%らしいです。

 

そう考えると失敗ってなんですかって思えますよね。

 

失敗するのが前提なんです。

 

短期間で見ても、失敗している企業は多いです。

 

失敗した時にどうするかが重要です。

 

f:id:destiny6711:20191126234032j:plain

起業して失敗したらどうするのか?

失敗したら、もう一度挑戦する。

 

連続起業家になる。

 

成功するまで粘り強く続ける。

 

4回目で成功した起業家もたくさんいます。

 

最初から成功する起業家は珍しい。

 

大成功を初めから当てるのは難しい。

 

スティーブ・ジョブズだって何度も失敗しているし、ドナルド・トランプだって何回も失敗してます。

 

ジョブズは自分の会社さえ追い出されています。

 

起業の失敗は絶対どこかでします。

 

再就職する

失敗して起業するのが嫌になったら、またサラリーマンに戻ればいいんです。

 

これは結構、一般的ですね。

 

これは僕の知り合いも結構います。

 

再就職の時は、起業していたことは評価されます。

 

一から物を作った経験は、企業も貴重な人材であると捉えることが多いです。

 

起業していたことをマイナス評価するところは就職しないほうがいいですね。

 

再就職して、取締役まで上り詰めた人もいます。

 

f:id:destiny6711:20191126235146j:plain

事業立ち上げが失敗するのはよくあること

 

会社の中でも、事業立ち上げて失敗することもあります。

 

失敗したから、マイナス評価になることはない。

 

市場を見て、この商品ならいけるって思ってゼロから作った経験は評価されるべき。

 

失敗を評価しない会社はやばい。

 

f:id:destiny6711:20191126235626p:plain

まとめ

起業しても、ほとんどは失敗します。

 

みなさんが会社を作っても、うまくいかないことのほうが多いです。

 

これが当たり前なんです。

 

その中でも、たまに成功する人がいる。

 

だからこそ、やる価値があります。

 

ある意味語弊があるかもしれませんが、宝くじみたいなもんです。

 

僕も企業のコンサルやっていますが、潰れる会社を食い止めることはできない時があります。

 

業界自体が消滅したり、衰退していたりしたら、その業界で利益出すなんて至難の技です。

 

失敗の連続でも、一度成功すれば、大きなリターンが得られます。

 

これがまさに起業の醍醐味です。

 

失敗しても経験値が上がり、次の成功へとつながるかもしれません。

 

迷うぐらいなら、さっさと起業して頑張りましょう。

 

せっかくの一度しかない人生挑戦して生きていきましょう。