イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

【鬼滅の刃の考察】無惨は必ず「ある血を求める!」薬の効果から判明する鬼の体の仕組みを解明(ネタバレ注意)

今回のテーマは無惨は必ず「ある血を求める!」です。

 

 

みなさん、鬼滅の刃第193話みましたでしょうか?

 

第193話を一言でいうと、マジか!!!!って感じでしょう。

 

考察によって無惨のやばいこともわかってきました。

 

f:id:destiny6711:20200214145344p:plain

鬼滅の刃 最新193話の考察

では早速いきましょう。画面に全集中常駐でお願いします。

 

193話の振り返り タイトルは困難が扉を開き始めるです。

 

前回の192話のあらすじ

 

・日の呼吸の秘密

 

・耳飾り

 

・十三ノ型の全貌

 

そんな中で注目された193話だったんですけど、炭治郎が一三ノ型習得に奮闘する姿を見て無惨が物思いにふけるところから始まるんです。

 

困難の扉

 

・日の呼吸の12個の型を繋げようと必死の形相で型を続ける。

 

・対する無惨は炭治郎を睨み、今までの戦いについて物思いにふける。

 

・無惨は死の淵を垣間見た生き物はより強靭になるという。

 

・死という訪れる未来を回避するための進化であり、生きていく上では不必要だった感覚や力の扉が開かれる。

 

・この扉を開けぬものは死に、扉を開いたものは生き延びるのだと・・・

 

・炭治郎が赫刀を発現する。

 

・禰豆子の爆血に頼らず自力で赫刀に・・・

 

・無惨はこのことで炭治郎を死の淵で扉を開いたものと評価した。

 

・でも、無惨は評価を一変し及ばないという。

 

・いくら扉を開こうとも炭治郎や柱では縁壱には遠く及ばない。

 

・無惨の脳裏には縁壱が過り、炭治郎はまだまだ縁壱には及ばないと再評価する。

 

炭治郎の現状

・無惨が物思いにふける中で、炭治郎は日量の龍・頭舞い、火車と12個の型を次々と繰り出す。

 

・ただし、炭治郎が繋げた型は6つでやっと半分です。

 

・無惨の攻撃に押されてしまい、炭治郎の攻撃は無惨の胴体に届かず、炭治郎の肺や四肢は悲鳴をあげ、心臓は今にも破裂するほどの大ダメージを負っている。

 

縁壱の亡霊

・炭治郎の技の精度が落ちたことで、赫刀が消えるのも時間の問題と予測する。

 

・無惨は炭治郎を所詮はこの程度の鬼狩りかという。

 

・同時にあんな物(縁壱)がそうそう生まれてなるものかと無惨はいう。

 

・無惨の脳裏に縁壱を思い出し苛立つ。

 

・繰り返し何度も縁壱と比較していることから縁壱がいかに化物ですごい人だったかが伺える。

 

・無惨の強力な一撃が炭治郎を捉え、炭治郎は大量の血を吐いてしまいます。

 

・炭治郎はなんとか攻撃を回避する。

 

・無惨は違和感を覚える。

 

・炭治郎は変わらず疲弊を続け、動きは精細を欠いている・・

 

・では、なぜ手負いの人間にとどめをさせないのか?

 

・無惨はここで確信します。違う、私も遅くなっているのだと。

 

・そうでなければ、1対1で2度もトドメを刺し損ねない。

 

珠世としのぶの策

・同時に原因を珠世の薬と推測した。

 

・取り込んだ珠世の細胞を生首として出現させ使った珠世に問う。

 

・無惨は珠世に使った薬は人間返りの薬ではなかったのか?

 

・使った薬は人間に戻すもの、それと言わない。

 

・無駄に増やした脳みそを使って考えたら、どうだ?

 

・無惨は珠世の生首を握り潰して、細胞に残る記憶を辿っていく。

 

・しのぶは薬を分解される前提で考えていて、別の薬と掛け合わせると提案する。

 

・つまり薬が効かなかった場合、残った薬が作用する。

 

・そして2つ目の作用が老化の薬なんです。

 

・これなら1分で50年老化させることができる。

 

無惨の老化

・炭治郎をなかなか倒せないのは、老化の進行を止めるために力が削がれているからと確信する。

 

・薬が効いてから3時間以上は作用している。

 

・無惨は現時点で、9000年も老いている。

 

・無惨の髪の毛が白いのは老化のためです。

 

・炭治郎は更なる攻勢に打って出て、ついに十二の型を全てつなげることに成功する。

 

という感じで第193話が終わったわけです。

 

まさか、まさかの展開ですね。無惨の髪の毛の色が変わったのは覚醒ではなくて老化だったとは・・・

 

今後の展開と考察

・まだ明かされていない鬼の老化の秘密

 

・無惨に残された時間と禰豆子の吸収

 

・無惨は稀血を欲する。

 

まずは明かされていない鬼の老化の秘密

鬼滅の刃において、鬼は何年も生きてきたことから不老不死とされてきた。

 

193話では鬼=不老不死を覆しました。

 

ただ193話の描写を見ていくと鬼の体の秘密が見えてきます。

 

無惨は老化の進行を食い止めるために私の力は削がれと言っている。

 

この描写から鬼も老化するが、老化の進行を止めることができるだけ・・

 

言い換えると人間が年齢を重ねると同様に鬼も重ねる。

 

しかし、人間が体がおいて弱体化する一方で、鬼は鬼の力によって老いによる弱体化を止めることができる。

 

無惨は禰豆子の出来事に気づいていない。

 

次に無惨に残された時間と禰豆子の吸収

残された時間は193話時点で残り1時間しかない。

 

無惨は夜が開けることには12000年の老いになるということです。

 

時間と共に一層老いが深くなるため、今まで以上に短期決戦にしたいはずです。

 

そして、無惨の対抗手段は193話で無惨の一方的な展開が一気に巻き返しムードとなりました。

 

ここで一つの疑問が湧いてきました。

 

そもそも無惨が勝って鬼殺隊を滅ぼしても、無惨の老化って止める方法があるのかということです。

 

最後に無惨は稀血を欲する

・老化を食い止めるために力を使う

 

・残った力で炭治郎に対応している。

 

・鬼の回復&力をつける方法は鬼滅の刃の世界では、鬼は人間を食った分だけ強くなる。

 

・もっというと若い女性・稀血を食すことでより力がパワーアップします。

 

・無惨がパワーアップするためには、今一度人間の血を取り入れる必要がある。

 

ではそれは誰なのか?

 

【本命】日光も克服でき、かつ若い女性である禰豆子

 

【対抗】確実に生存していると思われる若い女性カナヲ

 

【穴】 稀血の持ち主である実弥

 

【大穴】村田

 

以上こんな感じの考察になりました。

 

次回のお話も楽しみですね。