イッサ研究所

会社員や起業家などにちょっと役立つ情報を発信するブログです。

第108回 【絶対順守】絶対人に言ってはいけない禁句ワード!!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、絶対人に言ってはいけない禁句ワード!!です。

f:id:destiny6711:20200117234331p:plain

 

 

禁句ワードと言っても明らかに差別用語とか『死ね』とか明らかに問題があるものは除きます。

 

それは、もうわざわざ言わなくても、わかりますよね。

 

今回の言葉は、みんながついつい使いがちなんだけど、実は絶対に使ってはいけないと言う言葉に絞っています。

 

こう言う言葉を使ってくる他人を変えるのは難しいかもしれませんが、じぶんが言わないように気を付けることはできますよね。

 

では、早速言ってみましょう!

 

f:id:destiny6711:20200117234954p:plain

『おまえ』です。

どうでしょうか?

 

ついつい使ってしまったことないですか。

 

もしくは人に言われたことないですか?

 

いや、誰もが確実に1回は言われたことありますよね。

 

一体なぜ、『おまえ』と言う言葉を使ってはダメかと言うと、私はあなたを下にみていますと言うことを伝える言葉だからです。

 

もし、あなたが相手からみて先輩だったり、年上だったり、兄貴だったり、親だったりしても、『おまえ』という言葉は絶対に使ってはいけません。

 

どんなに偉い立場であっても、相手を見下す権利はありません。

 

『おまえ』と言う言葉を使うと私が上で、あなたが下と言う序列を、明確に伝えて威圧することになります。

 

そうなると相手が自分で考えなくなります。

 

当たり前です。

 

『おまえ』と言う言葉を使ってる時点で俺の方が偉い人間なんだから、とにかく言うことをきけと言っているのと同じです。

 

そんな相手に対して、何か主体的に自分の意見を伝えようとなんて思いませんよね。

 

その結果、一体何が正しいのかと言う事実を探求する姿勢は一切なくなって、この偉いマウントをとってくる人が納得するには一体どうしたらいいのか?と言う発想だけになります。

 

もう『おまえ』と言う言葉が使われた時点でその人は指示待ち状態の人間になります。

 

そして、さらにその状態が長く続くと最終的に『おまえ』と言う言葉を使う上の立場の人たちは、下の立場にいる人たちから舐められるようになるんです。

 

特に指示に従って結果が出なかったときに、こう言う時に本当に舐められます。

 

常日頃から自分の言いたいことを抑圧された人たちが、やることはただ一つです。

 

その人のいないところで嘲笑うことです。

 

簡単に言う愚痴です。

 

愚痴を言う本人も悪いんですが、上司が日頃から抑圧しすぎている反動でそうなってしまうんです。

 

職場の上司が部下に対しておまえ、自分の意見をはっきり言えよと言うのは本当に最悪です。

 

自分のことを見下してくる人の前で、はっきりと自分の意見を言える人なんていませんから。

 

威圧しながらも主体性を促すと言うのは、はっきり言ってしまうと『いじめ』と同じなんです。

 

『おまえ』と言う呼び方は本人のやる気を無意味に奪い、信用を失い、成長を阻害する言葉なので絶対に使わないようにしましょう!

 

どんなに親しい人であっても未熟な人であっても、年下であっても、必ず名前で呼ぶようにしましょう!

 

相手が致命的なミスをした時も、『おまえさあ』みたいな言い方をしてはいけません。

 

さらに言うと僕は基本的に人のことは全部さん付けで呼んだ方がよいと思います。

 

名前で呼んだとしてもやっぱり呼び捨てにするとやっぱり見下すニュアンスが入ってしまいます。

 

f:id:destiny6711:20200118022618p:plain

相手から言われた言葉に対して『いや』もしくは『でも』で切り返すことです。

これも、ついついやってしまいがちですね。

 

『いや』や『でも』はもう死ぬまで封印しちゃいましょう!

 

これはなぜダメかと言うと誰も得しない形で相手を否定してしまうからです。

 

例えば、この前あの映画見たんだけどめっちゃ、面白かった!と言う人に対して、『いや』でもさ、みたいな感じで切り返すとこれからあなたの話を否定しますよと言うメッセージになるからなんです。

 

もちろん相手とは違う意見を持ってもいいんです。

 

自分に嘘をついて相手に媚びをうるのも誰も幸せになりません。

 

ここでの問題は伝え方なのです。

 

友達がある映画を面白いと言っていて、自分はそう思っていなかったとしても、『いや〜』『でも』から切り返す必要はありません。

 

じゃあ、自分とは違う意見を持った相手にどうやって切り返せばいいのかと言うと質問することです。

 

面白かった?どこがよかった?と言うふうに質問すれば、、相手は自分の話を聞いてくれてると思ってもらえます。

 

そうやって言うと本当は興味持っていないのに、質問するなんてそんなのよくないって言う人がいます。

 

はっきり言うとその主張は子供のわがままと同じことなんです。

 

世の中の人が何でもかんでも自分の感情に任せて言いたいことを言うと社会は成り立ちません。

 

何も嘘をつく必要はないですけど、理性ある大人であれば、ちゃんと相手がどう思うかを考えて発言すべきです。

 

時には相手と意見が正反対で衝突することもあるでしょう。

 

そんな時にも、極力相手を否定しないような言い方は、絶対にできます。

 

あなたはこう思ったんですね、私はこう思いました、どうして違う考えに至ったのか一緒に考えませんか?

 

と言うようなスタンスでいればいいんです。

 

自分の信念を強く貫いていければ、道の途中で、衝突することもたくさんあります。

 

コミュニケーションの中で、『いや』とか『でも』とかそう言う言葉づかいをして相手に否定のプレッシャーをかけるのは言ってしまえば無駄な戦いです。

 

それは伝え方一つでよくできるものですから。

 

相手が間違っている!と衝動的に思った時こそ、衝動的に『いや〜』とか『でも』とかそう言う言葉を使いがちです。

 

イライラする憤りを感じた時に、どれだけ自分を抑えて相手の意見を尊重できるか?

 

それが人の心の大きさ、器の大きさだと思います。

 

f:id:destiny6711:20200118025314p:plain

『あなたのためいっている』

この言葉は意外とみなさん何気なく使っていませんか?

 

説教したり、アドバイスをしたりしている時に、『おまえのために言っているんだ!』って言う人いますよね。

 

断言して言えるのは、あなたのために、と言う言葉を使う人はその相手のことなんて1mmも考えていないと言うことです。

 

『あなたのために』と言う言葉は言ってる本人にとって都合がいいから言うことに従わせたいために使ってるんです。

 

だって、『あなたのために言っている』は相手の共感や理解を一切無視していますよね?

 

相手が理解できるか共感できるかを一切無視して私の言うことは聞いておいた方が良いから、とにかく言うことをきけ!とすごく暴力的で高圧的なメッセージなんですけど、それを『あなたのために』と言う言葉を使うことで、自分の言葉に責任を取ることを放棄しています。

 

この言葉のたちが悪いところは相手の良心につけ込んで、一方的に相手を殴れることです。

 

特に立場が弱い人ほどあなたのためにと言ってくる人の話を聞かないことは失礼なことかな?と思ってしまいます。

 

だから、これは違う?かなとかも違ってるかも?と思っていても相手に伝えることができません。

 

まさにそこにつけ込んで、言いたいことを、言いたいだけ言えるすごい卑怯な言葉なんです。

 

相手と対等な立場で対話することを恐れた臆病者の使う言葉です。

 

もし、本当に相手のことを思っているのであれば、次のことをも守りましょう!

 

100%自分が正しいと言う立場を取らないこと

 

衝動的に相手が間違っていて、自分が正しいと思うことであっても、もしかしたら、自分が間違っているかもしれません。

 

これまでずっと自分が正しいとやってきたやり方が違うかもしれません。

 

絶対に間違えない人、常に正しい人なんていませんから。

 

そうわかっていても人間ってつい相手が、あ、間違っていると思ったら、自分が絶対正しいっていう言い方をしてしまうんです。

 

むしろ、自分がそういう言い方をしてしまうことで自分を洗脳してしまって自らもしかしたら、自分は間違ってるんじゃないかっていう余白を消してしまいます。

 

もちろん、自分の意見を持つことは大切ですが、それを相手に押しつけちゃいけないんです。

 

日常のコミュニケーションにおいては、もしかしたら、自分は間違ってるかも?とそういう余白を常に残しておくことが非常に大切です。

 

相手の理解と共感を得られる努力をすること

 

相手が何か間違っていると思った時、それを正してあげたいと思いますよね。

 

そして、何か教えたにも関わらずそれを聞いてくれない時、なんでいうこと聞いてくれないんだろうってイライラします。

 

人間って自分がコントロールできない状況にいるのが一番のストレスがかかると言われています。

 

だから、つい意見を押しつけたくなっちゃうんです。

 

いいから、言うことをきけって、そういう方が楽だから。

 

楽なことに流れない勇気ある人間になって欲しいです。

 

相手に分かってもらえなくても、何度でも機会を与える。

 

相手の考えを心から尊重して向き合い続ける。

 

それが本当に思いやりがある人の行動です。

 

僕は世の中の人が一人でも、そんな思いやりのある人になって言って欲しいと思います。