ビジネスで突き抜けたい存在になりたい人と転職者を支援するブログ

ビジネスで突き抜けたい方やいい条件で転職したい方や起業家に役立つ情報を発信するブログです。

第44回 コインランドリー経営は儲かるのか?

f:id:destiny6711:20191102171805j:plain

こんばんわ、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマはコインラドリー経営は儲かるのか?です。

 

みなさん、街中でよくみかけるコインランドリーってもうかるのかな?どうかな?って疑問に思ったことあると思います。

 

その疑問に答えていきましょう。

 

最近コインランドリーのオープンが僕の街にも多いです。

 

ここ1年ほどで3店舗ぐらいオープンしました。

 

僕の知っている範囲なので、本当はもっとオープンしているかもです。

 

3点ほどデメリットを挙げておきましょう。

 

1.店舗が増え続けていて差別化が難しい。

店舗数が増え続けているので、ライバルが多く、店舗の差別化が難しい。

 

店舗増加はいいことないですね。

 

店舗経営はライバルが増えると収益が難しくなります。

 

コインランドリー業界自体の売り上げ高もそんなに大きくないので、店舗がちょっと増えるだけで大打撃になりますね。

 

コインランドリー自体の商圏も広くないので、ライバルできたときは結構売り上げに響きますね。

 

店舗増加理由はコインランドリーセミナーで集客しまくりですね。

 

フランチャイズ目当て、機材販売セミナーをしまくってます。

 

商圏を考えずに素人サラリーマンを参入させています。

 

2.売却が 難しい。

開業資金は恐らく2000万ぐらいですね。

 

店舗改装費用、洗濯機乾燥機費用

 

やっぱりやめたいと思っても機材は高値では売れません。

 

店舗の売却も難しく時間がかかります。

 

たとえば、開業したときは2000万かかって開業したとしても売るときには500万ぐらいでしかうれないとかですね。

 

不動産であれば、中古の価格も安定しているので、不動産投資のほうがやめやすく、資金も残りやすいですね。

 

参入したら、出資金はかえってこない覚悟で経営するべきですね。

3.優秀な不動産投資家も苦戦している。

 

止めはしませんが、僕なら手を出さないですね。

 

ちょっとリスクの割にはリターンが小さい気がします。

 

他の投資で成功している方もコインランドリー経営は苦戦している方が多いです。

 

楽に再現性良く儲かるものではないです。

 

よく見るようになったら、それだけ売るほうが儲かると思うことが大切です。

 

楽に儲ける方法はないです。

 

誰でもできるは地獄への入り口ですね。

 

誰でもできるなら、自分で店舗たててやりまくりますよ。

 

セミナーなどで紹介などしません。

 

なぜなら、ライバル増えると収益性が落ちるからです。

 

相手がどこで儲けているのか考えよう。

 

もし自分でやるとしたら・・・

 

業者の利益を自分でとる気持ちでやりましょう。

 

店舗と中古の機材とかも自分で仕入れる。

 

ただし、自爆参入してくる可能性があります。

 

1店舗でも近くにできたら、売り上げ半減を覚悟。

 

リスク>リターンなんで僕はやらないですね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

不動産投資とかで儲けている人でもうまく利益出せていない人多いです。

 

総額2000万かかるなら、交渉で2割まで値下げいけることもあります。

 

売り上げはシュミレーションより4割ぐらい低く見ておきましょう。

 

経費はシュミレーションより6割おおく考えておきましょう。

 

業者のシミレーションは結構いい加減な場合が多いです。

 

判断がつかないので、注意しておきましょう。

 

以上みなさんは騙されないように、何事にもきちんと調べて手を出すようにしましょう。

 

いつも読んでくれてありがとうございます。