イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

公務員の仕事内容について!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、公務員の仕事内容についてです。

 

f:id:destiny6711:20200303235402j:plain

公務員の仕事について

仕事の内容が人気で、公務員の仕事に就きたいと考えている人は多いようです。大変人気のある職種でもあります。

 

では、公務員の仕事とはどういった内容があるのでしょうか。公務員は仕事の内容に従って2種に分けることができますが、いずれも公的機関に雇傭される形で、国の公務に従事しています。

 

地方公共団体の公務を行う地方公務員と、国の公務を行う国家公務員です。これらは更に一般職と特別職とがあります。特別職とは大臣、副大臣、裁判官、裁判所職員、国会職員などです。

 

特別職を除いた公務員が一般職で、一般府省での勤務となります。水道やガス事業や、管理事務関係の職員などを指しています。一般職や特別職の例としてあげられた仕事からもわかりますが、公務員には多くの職務内容があり、内容も多岐に渡ります。つまり、公務員という仕事の内容はそれぞれが全く違うのです。地方公務員でも同じことです。

 

地方公務員には都道府県職員、市町村職員などがあります。公立学校の教職員も地方公務員ですし、県庁や市役所などに勤務している方や、警察関係、消防なども該当しています。地方公務員の種類からもわかるように、仕事の内容は様々です。公務員と総称されていうことは多いですがその内容は色々あり、仕事も待遇も差が大きいと考えていいでしょう。

 

公務員の中途採用の方法について

 

公務員の採用枠は毎年ごくわずかですから、公務員になりたくてもなれずに諦めたという人は、かなり大勢いるようです。

 

民間企業で働いてはいるけれども、本当は公務員になりかつた人は多いようです。一度は諦めたけれども、チャンスがあるならもう一度公務員に挑戦したいという人は、試験の合格が条件となります。

 

公務員試験は、新卒者のみを対象にしているわけではなく、中途採用者に対しても開催されています。

 

民間企業から公務員に改めて採用されるためには、中途採用試験を経て公務員にならなければいけません。最近は、新卒者を採用するだけでなく、民間企業で働いていた人を採用している地方自治体もふえています。団体職員は准公務員扱いですが、そういった国公立大学の職員や、公共団体の職員の中途採用も盛んに行われています。

 

新卒の時点で公務員になれなくても、中途採用で働ける可能性は残っているのです。社会情勢の変化や、財源の洗い直しといった様々な要因から、民間企業で働いていた経験を生かせる中途採用者を求める自治体はたくさんあるといいます。公務員の魅力の一つに、民間の企業よりも女性の活躍できる場が多く、福利厚生が整っていることがあります。

 

結婚や子育てを視野に据えた女性が、民間企業から公務員へと転職をすることは、ライフプラン的にも理にかなっています。大抵の自治体では、年齢制限を設けた上で中途採用を行っていますので、公務員の中途採用を目指すにはその辺りの確認も大事になります。

 

公務員になるための就職活動

 

公務員になりたくて就職活動をする人は、民間企業への就職を目指す人とは、やり方が大きく異なります。

 

公務員になるための一次試験における筆記試験は専門的で難しいため、事前の対策は必要不可欠です。事前に勉強をしておいて、公務員採用のための筆記試験に合格できる状態になっておくことが、第一の関門になります。

 

公務員試験では、一次、二次と筆記試験を受けなければなりませんので、一次合格後も専門的な試験対策をすることになります。大学1年の段階から公務員試験の準備をスタートさせる人もいますし、予備校に行き始める人もいます。予備校に行って、公務員になるための試験対策を教わったり、勉強の仕方を知ることは、とても重要な意味を持ちます。

 

その年の情勢によって、公務員のような堅実な職業が好まれるかどうかは、随分変わります。1990年代のバブル経済の崩壊後の大不況の時期には一時的に爆発的な数字を見せたこともありました。

 

傾向として、国内の需要が伸び悩む年には企業の求人数が少なくしますので、就職活動に行き詰まる人が多くなります。公務員は、会社のように雇い主が倒産する配がないので、景気がよくない時ほど、希望者が多くなります。

 

公務員の一般職や、事務職の場合、100倍にもなり倍率をくぐり抜けないといけない時もありました。就職先に公務員を希望するなら、早期から試験対策をしておきましょう。経済情勢が悪化すると、一気に狭き門になってしまいます。