イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

キャリアクライシスと転職活動について

ども、 ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、キャリアクライシスと転職活動についてです。

 

 

おすすめ記事

 

機械学習はこれ一本!pythonインストール~機械学習実装まで完全理解講座 | RIN@AIベンチャー | Brain

 

マナブさん風 テロップ集9点セット【Premire PRO】 | かずや@動画編集 | Brain

 

実は誤解だらけ?国際認定資格者が伝える本当のマッケンジー法 | Takehiro.S マッケンジー国際認定 | Brain

 

f:id:destiny6711:20200401020626j:plain



キャリアクライシスと転職活動

 

仕事を変える上でのキャリアクライシスが最近問題視されています。

 

キャリアは、一般的に経験と共に上がっていくものです。終身雇用制度が当たり前のころは、自動的に仕事を継続しているかぎり上がっていくのがキャリアというものです。転職はキャリアの上昇のためにするというのが、転職ブームのころは当たり前のことでした。転職をしても最近はキャリアアップできるわけではないといいます。

 

仕事のキャリアが反対に転職をすることで上がってしまう場合もあるといいます。

 

思ったよりキャリアがアップしないことをキャラクライシスといいます。最近は、転職をするリスクははるかしないリスクを上まっていると言っている人も中にはいます。キャリアクライシスに陥らないためには、転職について特に慎重に考える必要があるでしょう。

 

大事なのはすぐに決めないできちんと考えることなので、仕事をやめたいと思う人は多いと思いますが肝に銘じておきましょう。

 

転職をなんとなく仕事を変えたいからといってすると、キャリアクライシスから逃れることはできません。転職の最後の機会であるという考え方から、滑りこみ転職をしたいという気持ちを持ちやすいのが、特に30代後半ぐらいの人たちです。キャリアをリセットすることと仕事をすることはイコールではないのです。もう一回自分の仕事のキャリアについて、丁寧に検討するようにし、なんとなく転職するのはやめましょう。

 

仕事とキャリアパス

 

キャリアパスとは、仕事の経験やスキルをどのように延ばしていくかを系統化し具体化するものです。

 

意味としては経歴、経験、発展などがあるのがこのキャリアをという言葉ですが、仕事においては職業能力という意味になるのがキャリアというものです。目的意識がキャリアパスを具体的にすることでアップし、仕事に対するやる気も出てくるものです。

 

各個人が自分自身のために作り上げるものが、キャリアパスです。同じように企業のほうも、これからの個人の進むべき道を考えながら、どんな仕事が合っているかを判断することができるのではないでしょうか。はっきりとキャリアパスを打ち出している企業は、各社員の今後もはっきりとしています。

 

どんなスキルを取得し、どんなポジションにつき、最終的にはどんな働き方をしているかというものです。

 

最近は終身雇用制度が成り立たなくなり、当たり前のように転職をする時代になっています。キャリアパスをひとつの会社では構築することが難しくなっているのです。どんな転職をして仕事をしたら良いのか、どんなふうに自分のキャリアパスを見据えていくのかは、各自がきちんと決めなければなりません。

 

単に転職をすることがキャリアパスではなく、資格の取得や昇進、転職に必要な勉強をすることもそれにあたります。自分にとってやりがいのある仕事に、キャリアパスを充実させることによってつきやすくなります。

 

f:id:destiny6711:20200401020735j:plain


 

キャリアと仕事

 

キャリアと仕事についてです。最近良く使われる言葉にスキルという言葉があります。

 

キャリアアップ、スキルアップ等、仕事に関してもよく使われる言葉でもあります。個人と仕事が関連する場合に最も多く使われる言葉がキャリアであり、この言葉は個人の適正、能力などを指しています。

 

失業率がいぜんとして高い傾向にあるのは、現在の日本が長引く不況の影響を受けているからです。

 

就職活動や転職活動を、キャリアアップ、資格の取得、スキルアップに注力することで少しでも有利にしたいと思う人が増えているのです。一昔前の、仕事をする上で学歴重視だった時代とは違っています。

 

最近増えているのは、実力のある人材、能力の高い人材、即戦力になる人材を求める企業です。

 

キャリアと言えば、国家資格や国家公務員の試験をパスした者を表す言葉として使用される場合もあります。ノンキャリアやキャリア組といった表現で認識されているでしょう。キャリア組は給与面でノンキャリア組と比較すると相当な格差が生じると一般的に認識されているようですが、どれほどの差が実際はあるのでしょう。キャリア組はノンキャリア組と、給与に対しては一概には言えませんが、昇進については早い段階から分けられるといいます。

 

高級官僚のポストにはキャリア組が独占しているのは事実のようです。今の時代は、能力の高い人材がどちらのキャリアにしても求められており、間違いなくキャリアを持つ者が仕事上有利であるといえるでしょう。