イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

求人雑誌の仕事情報

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、求人雑誌の仕事情報です。

 

 

おすすめ記事

 

どんな人でもできる⁈⁈心理法則から読み解く問診 | yushi_医療×営業=問診 | Brain

 

機械学習はこれ一本!pythonインストール~機械学習実装まで完全理解講座 | RIN@AIベンチャー | Brain

 

【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと | キメラゴン | Brain

 

f:id:destiny6711:20200417015504j:plain

求人雑誌の仕事情報

 

仕事情報は、求人雑誌の場合、人材の欲しい企業が掲載を依頼をしたものが載っています。

 

最近でこそインターネットでの仕事探しをする人が増えていますが、ハローワークと同じくらい求人情報誌が重要だった頃があります。最近でも求人雑誌は、仕事情報を提供する中心媒体の1つです。仕事情報量は転職サイトと同じくらい多いようです。

 

求人雑誌の利点は、仕事情報の比較が容易であることです。情報誌では、どんな求人があり、給与や休日などの相場はどのくらいなのかの判断がつきやすいです。

 

また、転職に関するコラムやアドバイスなどもあります。コンビニでも沢山の求人雑誌が売られています。地方の方には掲載されている仕事情報の地域範囲が広すぎて探しにくい場合もあるようです。

 

地域密着型の、求人情報を扱うフリーペーパーも最近は増えているようです。

 

最新の情報が確認できる、この頃多い形態といえます。無料配布のフリーペーパーは、時に有料で販売されている雑誌より威力を発揮すると見なされており、掲載数も相当数にのぼります。

 

ただし、いつ見ても同じ会社の求人情報が掲載されていると、その仕事は次々と人が辞めるほどきついのではないかと思えてしまいます。

 

人によっては、有料の仕事情報の方が情報価値があるようだと思っているようです。仕事情報誌だけの情報では、どんな会社なのかイメージしにくいこともありますが、職場を一度見ることができれば雰囲気を察することは簡単なこともあります。

 

どんな人が働いており、どんなことが求められているか、仕事の情報は一度見ると理解しやすいようです。

 

仕事と求人情報について

 

仕事探しは求人情報が重要です。採用されたい会社があっても、取り組みたい仕事があっても、求人募集がなければどうすることもできません。

 

就職は時に、運やタイミングにも左右されるものです。なかなか自分の思い通りにはいかないものです。不況の時代、就職氷河期とも言われています。新卒者の有効求人倍率はバブルのころとは比べものにならないくらい、厳しくなっているのが現実です。

 

会社の経営悪化による人減らしや人員整理のあおりをくらって失職した年配者もいます。

 

求職者と求人数が合っておらず、仕事を探している人があふれているのが今の状態のようです。求められる職種や年齢、求人倍率の内訳は、景気や社会の動きによって常に流動的なものです。

 

希望通りの仕事をすることが望ましいことは間違いないでしょうが、いざ仕事についてみると、夢見ていた仕事内容とは大きく異なっているということもあります。

 

自分の能力はここでしか生かせないと決めつけて選択肢を狭めることはありません。予想外のところに自分に合う仕事があるかもしれません。求人情報でいい仕事の条件だったので応募してみたが、就職してみたら実際の勤務状態とかなり違っていたという事例もあるようです。

 

あまりに違いすぎる場合は、労働基準監督署に連絡したり、仲介に立った転職支援会社やハローワークに行くことも可能です。満足のいく仕事につくためにも、求人の情報収集はじっくりと吟味するようにしてください。

 

求人情報から会社を詳しく調べる

 

求職活動の過程で希望に合いそうな会社と巡り会えたなら、次にすべきことはその会社の下調べです。

 

その会社がどんなところなのか、規模はどのくらいなのか、ホームページや会社紹介リーフレットなどを参考にしましょう。採用されることになったら長時間をそこで過ごすことになるのですから、どんなところか情報収集をしたくなるものです。

 

雑誌の求人欄を凝視しているだけでは、わかりえない部分もあります。

 

そのような経験を繰り返すうちに、見る目が豊かになることでしょう。ところで、求人情報に記載されている会社に対するクチコミを真に受けるのは、あまり感心しません。印象や解釈は人によって異なり、大げさな話を聞かされることもあるようです。

 

話を聞く場合は参考程度に留め、それが全てだと思わないようにする必要があります。

 

マイナスの感想を聞いたためにその感想に引っ張られて、見る目が曇ってしまうということもあります。会社のことについて聞いてみたいことがあるなら、直接相手に聞くといいでしょう。

 

身元を明かさずに質問だけをしたいという場合は、フリーアドレスを使ってメールで質問をしたり、公衆電話を利用して電話番号が見られないようにすることです。

 

時には気後れせずにわからない部分は問い合わせて白黒はっきりつけておくことで、雇用されてからこんなハズではなかったと思わずに気持ちよく働けます。

 

f:id:destiny6711:20200417015825j:plain

求人情報の使い方

 

求人に関する情報の見極めは、とても大事です。

 

就職活動に取り組む人の中には、求人情報が少しでも入りそうだというホームページは全部閲覧している人もいます。様々なサイトから求人情報を見つけることができれば、希望に沿うものが探しやすくなります。有名どころだけでなく、あまり知られていないところも活用してみましょう。

 

求人サイトを登録する時に、職務経歴書や履歴書を一緒に提出することによって、企業側も求職者のプロフィールが閲覧できる仕組みのところがあります。

 

スカウト制と呼ばれるシステムですが、この仕組みについている名称は各求人情報サイトによって違います。会社側が、採用したいスキルを持っている人材を、ネットを通じてヘットハンティングしているようなものです。

 

就職活動に取り組む人にとっても、有益な人材を採用したい会社側にとっても、スカウトはとてもいい仕組みです。

 

求人情報の検索をする時に気をつけたいことは、会社側もそれぞれのカテゴリ別に求人をしていることがあるということです。パソコンを扱う仕事につきたい人はIT関係を確認すればプログラマーやシステムエンジニアの求人がありますし、未経験者歓迎のカテゴリなども分かれています。

 

40歳以上の人専門のカテゴリーなど年齢別になっているサイトもあります。

 

自分の希望に沿ったカテゴリーを探して求人情報を収集する事が大切です。求人情報サイトは、本当にいろいろとあります。立ち止まって考えているだけでは就職への最短経路は見つかりません。インターネットでも雑誌でも、まずは求人を見つけて応募することです。

 

求人情報を事前に確認することの必要性

 

求人情報を吟味する時には、その会社についてもリサーチを行うことが重要になります。

 

アルバイトや正社員などの求人を見るといろいろな情報が載っているのですが、その中には記載通りで無い場合もあります。求人票には書かれているけれど少しニュアンスに違いがあったり、解釈の余地がある場合もありますので気をつけましょう。

 

そのものずばりの書き方をしてはいけないので、違う表現を使ってはいるけれど、実際には別な思惑がある求人票もよくありますので、見抜けるようになっておきましょう。

 

求人情報の中には、いくつかの条件に加えて女性歓迎という書き方がある場合があります。一見すると男性が応募しても構わなさそうな求人です。この場合、会社としては、できれば女性を採用したいと強く考えていることがあります。

 

もし会社の意図が女性の採用にあるなら、男性が応募しても時間の無駄になってしまいます。

 

この例のように、求人に掲載されている情報を鵜呑みにせずに、しっかりと事前に確認しておくことも大切です。どういう条件の人を雇いたいと思っているか、求人票に明記いた以上の条件を決めている会社もあります。

 

求人票に書いてしまうと雇用機会が均等でなくなるなどの問題が出てしまいます。

 

求人票を掲示する時には、年齢や、性別で無闇に条件を決め手はいけないことになっているので、そこは触れません。求人情報の内容だけで就職活動の方針を決定するのではなく、どんな会社かリサーチを進めながら、求人票の行間を読み取っていきます。

 

応募してからでは聞きづらいこともありますので、求人票を見ていて気になることがあれば、まずは問い合わせるなり、調べるなりするといいでしょう。

 

求人情報誌やサイトを活用すれば多くの求人情報を得ることができる

 

仕事を探す時は求人情報が掲載されているサイトや、求人情報誌などを利用するのも良い方法です。

 

自由に持ち帰っていいタイプの求人情報誌は、人通りの多い商店街のラックや、駅やコンビニなどで目にします。時間がある時に、情報誌を見ながら、応募したい求人を探していくと良いでしょう。

 

数々の求人サイトがインターネットには開設されていますので、欲しい求人ができるだけたくさん網羅されているようなサイトを選びたいものです。

 

特定の業種や、特定の地域に特化した情報を掲載している求人サイトもありますので、求める求人情報が多そうなところを探すことが大事です。また、労働条件や勤務地などを入力すれば、さらに自分の合った仕事を絞っていくことができます。

 

仕事をしながら転職を考えている場合は、忙しくて時間がないこともあり、なかなか仕事を探す余裕がないかもしれません。

 

求人サイトは、好条件の求人があると、メール等で連絡がもらえる機能が使えるところもあります。より自分の条件に合った仕事を探すためにも、さまざまな求人情報を上手く活用していきたいものです。

 

かつてはハローワークで仕事を探すというスタイルが一般的でした。

 

ハローワークにもたくさんの求人情報がありますが、受付時間は限定されています。時にはハローワークに行きつつ、求人サイトや求人情報誌で情報を得ることで、様々な最新の求人を確認することが可能です。

 

就職活動は大変ですが、まずはひとつに絞るのでは無く、より多くの求人情報を得ていくことで、希望の仕事を見つけやすくなるでしょう。