イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

求人検索のコツ

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、求人検索のコツです。

 

 

おすすめ記事

 

機械学習はこれ一本!pythonインストール~機械学習実装まで完全理解講座 | RIN@AIベンチャー | Brain

 

考えが古い!若者が教える童貞卒業テクニック! | あおい | Brain

 

【4か月で20,000人登録】初心者YouTuber必見!SNSフォロワーなしで最短で登録者1,000人を達成するまでにやったこと | ろっく@戦略系YouTuber | Brain

 

f:id:destiny6711:20200414004427p:plain

求人検索のコツ

 

求人検索を上手にこなすには、希望通りの求人をうまく見つけ出すことです。

 

自由な言葉を入力して検索をするタイプの求人は、コツを知るかどうかで見つかり方が違います。検索した結果、求人情報がたくさん出すぎたら言葉を増やし、言葉の条件に合う求人がほとんどない時は言葉の一部や1文字を入れます。

 

フリーワード検索で希望に沿う求人を拾い上げることができないという時は、色々な言葉に表現を変えてみながら検索をしてみるといいでしょう。

 

ハローワークの総合的雇用情報システムは、類義語検索にチェックを入れることで似た単語にもヒットするようになります。類義語にチェックが入っていなければ、数字やカタカナが半角か全角かに違うがあるだけでも別の文字として認識されます。

 

効率よく求人情報を検索をするにはAND検索にチェックを入れることもおすすめです。

 

検索をかける時に、AND検索ができるようにしておけば、どちらの言葉も入っている求人が探せます。未経験の仕事を探したい時は、若年トライアルありの仕事がお勧めです。経験の少ない若い人を試用として雇い入れる会社に助成金を出すという仕組みのことで、若年トライアルがある会社なら経験が少なくとも期待できます。

 

年齢を少し若く設定して検索してみるというのも方法の一つです。

 

気に入った求人が検索できれば、年齢条件を多少外れても大丈夫かハローワークで聞いてみることです。

 

求人サイトの情報検索

 

求人サイトを使えば、あっという間に大量の求人情報を集めることができるのが、最近の転職活動というものです。

 

求人サイトで閲覧可能な状態になっているのが、数千件~数万件の求人情報です。検索機能を利用することで自由に求人情報の絞り込みもできます。求人情報は常に最新の内容に更新されています。

 

登録を手当たり次第に求人サイトにしていると、たくさんの転職情報量に皆びっくりするでしょう。

 

求人サイトの登録ははじめは多くても構いませんが、欲張りすぎず徐々にサイトを絞りながら、自分の就きたい仕事を探すようにしましょう。求人情報の内容に偏りが、求人サイトによってはあるようです。

 

求人サイト毎の得意な業種や地域特性をチェックし、自分の転職活動に役立つ情報が掲載されている求人サイトを選択するようにしましょう。

 

たくさん求人サイトの情報に掲載されているのが、募集職種や仕事内容、応募資格、勤務地などの情報です。もちろんこれらの情報は転職には大事です。どのような仕事を探したいのか自分自身の希望を整理して明確にすることが、納得のいく転職活動をするためには重要なことです。

 

自身の仕事観や人生観と、自分が目標とするキャリアを構築できる仕事は何なのか、きちんと向き合うようにしましょう。

 

膨大な情報量に振り回されてしまうのは、中途半端な考えで求人サイトを見ていることが原因です。譲れない部分と妥協できる部分を明確にした上で、求人サイトを利用することは最適な仕事を見つけ出す一番の近道かも知れません。