イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

クラウドファンティングで納豆セットが生涯無料のパスポートでお金を集めて、その券を没収された!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、クラウドファンティングで納豆セットが生涯無料のパスポートでお金を集めて、その券を没収された!です。

 

 

おすすめ記事

 

サムネイル制作と稼ぎ方の教科書(オンラインサロン付き) | ゆうすけ | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

【ゲーム飯】ゲーム系YouTubeチャンネル運営の教科書(オンラインサロン参加権付き) | 支配人ミル | Brain

 

f:id:destiny6711:20200602015208j:plain

納豆ご飯セット「生涯無料」が呼んだ悲劇

店と客の間に、一体何があったのか?

 

クラウドファンディングのお返しとして、納豆ご飯専門店が配布して定食の「生涯無料パスポート」が、店舗利用時に一方的に没収されたとする口コミがインターネット上で拡散している。

 

説明を求める声が上がったことを受け、店舗側は2020年5月23日、ツイッター上で釈明。

 

無料パスについて「今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能です」というが、問題の口コミの内容については事実確認は引き続き行っておりますので、順次報告させていただきますとしている。

 

1万円の支援で600円のメニューが「生涯無料」

納豆のご飯専門店「令和納豆」は納豆バイオテックベンチャー「納豆」が2019年7月に水戸市でオープン。

 

全国各地の納豆と様々なトッピングを楽しめるユニークな飲食店だ。

 

同社は開店前の19年4月、クラウドファンティングサイト「FAAVO(ファーボ)」でCFを募った。

 

同年6月に目標300万円の4倍となる1200万円超が集まり、寄付は終了した。

 

寄付のリターン(お返し)の一つとして用意されていたのが、「納豆ご飯セット一生涯無料パスポート」。

 

「本プロジェクト一押しのリターンです」とプッシュしており、1万円(税込)の寄付で令和納豆の「納豆ご飯セット梅コース」が、文字通り「一生涯無料で楽しめる永久会員パスポート」となっている。

 

梅コースは600円(税別)なので、17回利用すれば元が取れる計算になる。

 

本人のみ有効、1日1回限り、譲渡禁止といった条件がある。

 

ところが20年5月、Google マップに投稿された1件の口コミがネットで注目された

1万円のクラウドファンディングで納豆定食が一生涯無料になる永久会員パスポートの所持者でした。と明記した上で、ある日、唐突に店員から本日からパスポートは使用できないと一方的にパスを取り上げられましたとしている。

 

この口コミによると、没収の理由は規約違反で、「毎回、無料の納豆定食しか頼んでいない」「メールでのアンケートの回答が不誠実だった」の2点から規約にある当店と会員の信頼関係が損なわれたと認めた場合に該当すると判断された。

 

それまで、15回無料パスを利用していたという。

 

1万円で納豆定食が一生涯無料と甘いことを謳ってお金を集めておきながら、信頼関係がなくなったと一方的にパスを取り上げる。こんな詐欺まがいの店に怒りを感じていますと憤っているという書き込みがあった。

 

口コミは5月22日ごろから、ツイッターで拡散。

 

レビューが事実なら不誠実極まりないなどのツイートがあり、店舗側に説明を求める声が上がった。

 

令和納豆公式ツイッターは23日、「応援してくださっているみなさま、ご心配をおかけし誠に申し訳ございません。利益目的で無料パスポートを一方的に取り上げられた」という口コミがございますとしてネット上の騒動について言及。

 

結論といたしまして、今後無料パスポートのご利用に関しましては、今までと変わらず通常通りご利用いただくことが可能ですので、ご安心ください。また、無料パスポートをお持ちの方でご希望された方には店舗にてスタッフが再度利用規約のご説明をさせていただきます。

 

6月1日、無料パスポートの権利失効に関する一部報道につきましての見解を出した

先日、インターネットやSNS上において、クラウドファンディングの返礼品である「無料パスポート」を所有者から利益目的で一方的に取り上げたとの一部報道がありました。

 

この件に関しまして、当店で当時対応した従業員に事実確認を行いましたのでご報告いたします。

 

・従業員に対して罵声を浴びせ、退店時に当店の看板を破損させ、当店に損害を与えた方。

 

・従業員を罵ったことで、複数のお客様が退店され、当店に損害を与えた方

 

・入店時の列や会計待ちの列に強引な割り込みをし、他のお客様に不利益を与えた方

 

などが挙げられていた。

 

納豆屋さんでも結構きついお客さんが来るんですね。

 

ちなみに今回の件にまつわるインターネットやSNS上での当店並びに個人に対する、事実とは異なる投稿、捏造、誹謗中傷、強迫行為、事実誤認の記事を作成した個人・企業に関しましては、法的な手段を検討するらしいです。

 

結構強気な姿勢に出てきているなあと感じました。

 

無料でサービスしようとお店が頑張ったら、すごいモンスターなお客さんが来たのかなと思いました。

 

もう少し、お店側がきちんと説明しないと納得しないのではないでしょうか。

 

結構、無料パスポートを取り上げられた人の書き込みがありました。もう少し、お店側が真摯に説明することが必要なのではないでしょうか。