イッサ研究所

会社員や起業家などにちょっと役立つ情報を発信するブログです。

第85回 嵐ドキュメタリーをNetflixが独占配信だと!TVは完全にオワコンへ

ども、ブロガー講演家イッサです。

 

f:id:destiny6711:20191222212301j:plain

 

今回のテーマは嵐ドキュメタリーをNetflixが独占配信!です。

 

すごい時代にになりましたね。

 

きっと5Gになるとネットフリックスも加速的に収益を伸ばしていくでしょうね。

 

僕もネットフリックスと契約していますね。

 

4K配信が結構綺麗なんですよね。

 

4Kになるとちょっと画面暗くなりますけどね。

 

では、早速行ってみましょう!

 

 

ネットフリックスとは?

アメリカの会社になります。

 

なんと創業時はDVDの郵送レンタルをしていました。

 

日本でいうとツタヤみたいなもんですね。

 

定額サービスなどでDVDレンタルの借り放題を打ち出していました。

 

2007年にストリーミングの配信サービスを開始します。

 

この時代からDVDなどのレンタルが廃れてネット配信が普及すると読んでいたのは本当にすごいです。

 

2010年ごろから、iphoneなどに対応する。

 

アメリカではGAFAよりFAANGが使われている。

 

そうなんです、このNはネットフリックスのことなんですね。

 

ネットフリックスの強み

圧倒的な会員数で、190か国に1.5億人います。

 

もはやストリーミング界の巨人ですね。

 

有料月額制、そう今流行りのサブスクリプションです。

 

大人気の独自コンテンツもやっています。

 

なんと賞も受賞するほどコンテンツのクオリティーが高いんです。

 

いつでも、どこでも観れるので大変便利です。

 

iphoneとかに保存もできるのでwifiがなくても観れます。

 

フォーマット、サーバーの高度な技術力もあります。

 

f:id:destiny6711:20191222214902j:plain

ネットフリックスの凄さはTVを超えるのか?

誰がどんな動画を見ているのか、リアルタイムでモニターしている。

 

テレビは視聴率でしかわからない。

 

顧客の需要を調査するにはTVには限界があります。

 

Netflixは質の高いマーケティングができる。

 

データを元に独自コンテンツの作成ができる。

 

制作費は1.3兆円にものぼる!

 

高度なレコメンド機能もあります。

 

面白い動画がどんどん見つかる。

 

f:id:destiny6711:20191222221017j:plain

 

嵐がネットフリックスでドキュメント

2019年12月31日から毎月1年間配信する。

 

毎月1年間活動休止までのドキュメントが見られるってすごいですよね。

 

これはまた会員数が爆増しますよね。

 

世界190ヵ国、28か国語の字幕です。

 

嵐の新たなファン獲得にも貢献しそうです。

 

ジャニーズは日本から世界へ行きたいという思惑もあるのではないかなと思います。

 

1.5億人に届けられます。

 

こういう内容をTVで配信することは厳しいです。

 

TVで毎月配信は厳しい。

 

ネットフリックスの思惑!

アメリカでは6000万人が会員で飽和状態です。

 

日本ではまだ300万人しかいません。

 

まだまだ伸ばせる可能性は十分にあります。

 

嵐のファンクラブの会員数は300万人ぐらいいます。

 

日本では知名度獲得、会員獲得できる。

 

これを皮切りにどんどん他のアーティストにも広がっていくような気がします。

 

TVはなかなか視聴者の気持ちがわからない。

 

f:id:destiny6711:20191222223328j:plain

TVはFAANGには勝てない。

日本のテレビは守られていた。

 

今まではライバル不在だった。

 

この10年で動画をスマホで見る文化になりました。

 

TVは地デジとかにはなっているが、基本は30年前から何も変わっていない。

 

YouTubeやNetFlixには技術、規模、売上、マーケティングで勝負にならない。

 

ネットフリックス🆚TV

日本TV 売上 約0.4兆円 時価総額 約0.4兆円

 

NetFlix 売上 約2兆円 時価総額 約16兆円

 

f:id:destiny6711:20191222224353j:plain

ネットフリックス参入でTVオワコン

嵐がTVでなくネットフリックスを選択

 

ストリーミングで世界1.5億人に届けられる。

 

日本の市場を取りに来ている。

 

全てにおいて、TVでは到底勝てない。

 

ただしラジオのように残ると思います。