イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

【は?】西村経済再生担当大臣「消費税10%は正しい判断でした」だから減税の必要はなし!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、西村経済再生担当大臣「消費税10%は正しい判断でした」だから減税の必要はなしです。

 

 

おすすめ記事

 

現役FPが安い保険会社をお教えします! | Kou@FP兼投資家 | Brain

 

【値上げ予定】今からAWSを学ぶエンジニアの1つの指南書_ソリューションアーキテクト問題50問付き!50,000字超えのボリューム【順次追記】 | くろかわこうへい | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

f:id:destiny6711:20200609012356j:plain

経済再生相「去年の消費税率引き上げは正しい判断だった」

だから、コロナ禍でも減税は必要なしの謎理論。

 

西村経済再生担当大臣は8日の記者会見で、去年10月の消費税率の引き上げは、結果的に景気が減速する中での増税になったことについて、消費税は全世代型の社会保障制度に向けた重要な財源だとして、引き上げは正しい判断だったという認識を示した。

 

8日、発表されたGDPの改定値では、去年7月から9月までの伸び率が下方修正されて、年率でプラス0.02%とほぼ横ばいとなりました。

 

10月の消費税率引き上げは、結果として景気が減速する中で実施されたことになり、その後、新型コロナウィルスの感染拡大の影響もあり、GDPは2期連続のマイナスとなりました。

 

これについて西村経済再生担当相は「消費税は幼児教育と保育の無償化という、全世代型社会保障に向けた大きな一歩を踏み出す財源に活用している。そういう意味で、あのタイミングでの引き上げは正しい判断だったと今でも思っている」と述べました。

 

本当にそう持っているのか?と疑問に思いました。

 

大体消費税が幼児教育と保育の無償化に使っても、余っているでしょ。公務員の給料の上昇した分にも使われているんですよ。

 

新型コロナウィルスの影響で多くの人が給料に苦しむ中で、公務員の給料は減るどころか年々上昇して行ってるので、消費税も年々上げないといけませんよ。

 

消費税率の引き下げを求める声が出ていることについて、西村大臣は「消費税の減税については考えていない。10万円の一律給付を行なっているので、これはおよそ13兆円になり、消費税で言えば5%引き下げたのと同様になる」と述べました。

 

まじか?10万円上げたから、消費税は5%も下がったのと同じですよって言われても。。。

 

10万円の給付金あげたでしょ!

消費税引き下げたのと同様の効果があるのですよ。しかも、5%も引き下げた効果と同じですよ。

 

10万円握り締めましたよね。

 

まさにこの政策は札束で国民の頬を殴り、満足させようとするあくどい政策ですね。このような政府が良い政策などできるはずがないので、もうこれ以上の政策には期待できないですね。

 

東大でたお偉い方には給付と減税が一緒になるんですね。

 

どう考えても、給付と減税が同じ効果なわけないでしょ。なんで、金額が一緒だからって、同じ効果産むと思っているんだ?

 

こんな考え方だから、日本はよくならないんでしょ。

 

全世代型社会保証を実現していくには増税ではなくて、日本人の一人一人の生産性を上げていく他ないのですよ。

 

ようやくすればGDPを上げていくしかないのです。

 

アメリカと中国の GDPはめちゃくちゃ上がっているんですから、日本も政府が主導してGDPの向上に多くの政策を打たないといけませんよ。

 

日本に残された道は経済成長しかないので、GAFAみたいな企業にのさばられていては、日本の企業は弱体化しかないですね。

 

国民からお金を巻き上げていけばなんとかなるという政府の政策は愚作と言えますね。

 

もう末期の幕府みたいな感じになりますよ。

 

消費税20%がお望みなら、もうそれは日本人の地獄絵図になりますよ。欧州と日本では最低賃金が違いすぎますので、これ以上の増税は厳しいと思いますよ。