イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

合否を分ける就職のお礼状

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、合否を分ける就職のお礼状です。

 

f:id:destiny6711:20200411183938j:plain

 

 

 

おすすめ記事

 

週2で40万以上効率よく稼いでる話🙆‍♂️ | T | Brain

 

美味しいお米の炊き方 | kepoxy | Brain

 

【画面公開】TinderでLINEを交換して電話までつなげる方法 | 恋愛カウンセラーYui | Brain

 

合否を分ける就職のお礼状

 

就職のお礼状にはどんな意味があるのでしょうか。

 

丁寧に対応しているはずなのに、就職活動の選考において企業側にマイナスの印象を与えてしまうことがあるといいます。それは面接後に書くお礼状です。最近では、ひとつの面接に合格するための方法として、お礼状はよく見られるようになりました。

 

お礼状の送付は、就職することができるノウハウ本などでは、推奨しているものも多いようです。

 

面接後の予期しないお礼状は、担当者としてはうれしいもので、好印象を与えるケースが多いです。お礼としての気持ちが込められていることが前提ですが、就職のお礼状を送ることは企業側にとってマイナスの印象ではありません。

 

マニュアル本や就職活動のノウハウ本などに書かれているような形式的なお礼状になってしまうと、受かりたいという下心を与えてしまい、魅力的どころか色あせてしまうことがあるのです。

 

お礼状の中に卑しい印象を感じたというのが、お礼状でマイナスになったケースで言われていました。届いたお礼状があまりにもマニュアル通りですと、面接の担当者に形式的だなと思われることがあります。

 

相手に形式的と思われないためには、自分の面接を受けたときの感情を、一言でいいのでお礼状に入れてみることです。

 

自分の素直な言葉で、あの時の言葉はうれしかったですなどのように書いてみましょう。非常に初めて就職のお礼状を送るときは緊張すると思いますが、失礼がないかと気にしながら書くと、かえってもらった側も心を揺さぶられることがありません。相手に対する感謝の気持ちを率直に伝えることが大切なことなのです。担当者の顔を思い浮かべながら、一言書き添えることが、就職のお礼状にとっては重要です。

 

就職活動とお礼状

就職活動で会社の説明会や面接を受けるときは、応募書類とともにお礼状を添えます。

 

就職説明会や面接を受けた後に社会人になる人間として、感謝の気持ちを込めてお礼状を出すと良いでしょう。どんなタイミングでお礼状を出すかというと、エントリーシートをもらって就職説明会の後に提出するとき、健康診断書を提出するとき、成績証明書を提出するとき、履歴書を提出する時などいろいろな書類を出すときになります。

 

知らない人間からいきなり履歴書が送られてきますので、誰が何のために送ってきたのかわからないというのが、企業の側からの見方です。

 

詳細でなくても良いので、希望や自己紹介などを一言付け加えることで、どんな理由で送られてきたか納得してもらえます。面談や対面時の印象と適性検査の結果に大幅な違いがある人は、就職試験に不利になることがあります。

 

お礼状は手書きの方が相手に情熱が伝わりやすくなりますので、パソコンでお礼状を書いたり、 E メールで自分の気持ちを伝えることもできますが手書きがおすすめです。

 

社会人としての常識を見られるので、お礼状に書く内容はビジネスレターの形式で書きましょう。提出年月日、自分の名前、会社名と担当者名が必要な項目としてはあげられ、面接などの感想なども添えましょう。

 

文頭は「拝啓」、文末は「敬具」も常識です。貴社、御中、様、などの敬称にも気をつけて書きましょう。

 

いちばん就職のお礼状で大切なのは、自分の言葉で、お礼や感想、入社したい気持ちを表すことです。就職のお礼状においては、感謝の気持ちを自分なりの書き方で表現しましょう。