イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

理想の職業に就くための方法

ども、ブログ講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、理想の職業に就くための方法です。

 

 

おすすめ記事

 

【値上げ予定】今からAWSを学ぶエンジニアの1つの指南書_ソリューションアーキテクト問題50問付き!50,000字超えのボリューム【順次追記】 | くろかわこうへい | Brain

 

【圧倒的再現性!】ごく普通の人が、今から実績を作って顧客獲得をした方法とは? | 比嘉晃司 | Brain

 

サムネイル制作と稼ぎ方の教科書(オンラインサロン付き) | ゆうすけ | Brain

 

f:id:destiny6711:20200331154523j:plain

理想の職業に就くこと

幼少期から憧れていた職業に、大人になってからつくことができれば、非常に喜ばしいことでしょう。

 

たくさんの人が憧れるような仕事は、競争率がどうしても高くなりますから、一握りの人しか仕事につくことはできません。なりたいと思っていた憧れの仕事につくには、どうすればいいでしょう。

 

多くの人は、食べていくために何らかの仕事を選ばなければいけません。

 

どんな人でも平等に職業を選ぶ自由があるとはいえ、働くためには必要な資格や学歴が必須のこともあるのです。また、採用枠よりも多くの応募者が集まれば、採用する人を選抜する必要がありますので、就職できる人はわずかになります。

 

自分の能力をアップさせ、仕事をするために必要な実績や技術を身につけることで、採用される可能性を挙げることができます。

 

努力だけで全ての問題が解決するわけではないですが、困難な状況を突破するためには、ある程度の努力がなければいけないでしょう。仕事を見つける手軽な方法には、ハローワークで希望に合う仕事を探すというやり方があります。

 

相談窓口で仕事探しを手伝ってもらったり、アドバイスをもらうなどのサービスは、ハローワークは無料で利用できます。

 

自分だけでは見つけることが難しい仕事や思わぬ出会いにめぐり合うこともありますので、上手に利用することが大切です。行き詰まりを感じたり、判断に迷う部分があったら相談もできますので、つきたい職業につくための方法を聞いてみるのもいい方法てす。

 

f:id:destiny6711:20200331154628j:plain

将来の職業と性格

 

将来の職業について検討する時は、自分の性向に関する分析が大事です。

 

他人との会話や交渉に関する得意不得意、精密作業をする時のストレスの感じ方などです。自分の性格を客観的に把握することが大切です。人の面倒を見るのが好き、子供が好きなど、自分の性格はどうなのかと考えると誰しもすぐには分らないものです。

 

将来の職業は一生を左右する難しい問題ですので、自分がどのような性格なのかよく検討してみてください。

 

適性テストによって自分の中に眠っている可能性を掘り起こし、将来の職業を見極める上の方針固めにするという方法もあるでしょう。自分にあった将来の職業は何かと言う事を客観的に把握する事が必要です。

 

性格適正テストというのは、いろいろと種類はあります。適性テストや性格診断では、外向性はあるか、勤勉な性質か、周囲と強調してやっていけるかなどが判断されます。

 

職業の適性やどんな性格をした人物かということが仕事選びに密接に関わっていることは、採用試験に適職検査を行ってその結果を判断基準にしている会社の多さからも伺えます。将来の職業を選ぶ上で、自分の適性がある職業と、やりがいを感じる職業が全く別という方も少なくないようです。

 

将来の職業は、適性がある仕事が見つかったということは、選択肢の拡大と考えることもできます。

 

将来の職業を決める時には、一見すると関心が向かない仕事であっても、詳しく知ることで俄然やる気になってくるという仕事に巡り会えることもあるといえるでしょう。

 

f:id:destiny6711:20200331154806j:plain

 

憧れの職業と現実

 

憧れの職業と現実が同じであれば言う事はありませんが、実際にはなかなか上手くいかないのが現状でしょう。

 

無理かどうかを考えずに、子供は憧れの職業を決めるかもしれません。しかし中学、高校になるにつれ本当になれるかどうかも気になりだします。憧れを抱いてはいたものの、よく知るにつれ低収入の職業だということが判明し、希望を切り替えるという人もいます。

 

憧れの職業として昔から人気があるのは、高収入であるとされる医師や弁護士などです。けれども、実際は医師や弁護士になる人はごく少数です。

 

資格を取ることが難しいという面もありますし、医師は職場環境がとても厳しいという事実もあるようです。憧れと現実とのギャップも大きくなっている現状があります。弁護士は個人の能力次第で、ずいぶんと収入も大きな差が出てくる、といった現実も。

 

頑張って憧れの職業につけたけれど、憧れていた内容とは収入ややりがいが違っていたと感じる人もいるようです。

 

バブル経済の時代は、文系でも理系でも引く手あまたであり、希望の就職先につくことはさほど困難ではなかったといいます。憧れの職業につくことも不可能ではありませんでしたが、近年では憧れを優先する余裕などはなくなっています。

 

理系学部を希望する人が増えているのは、理系に憧れの職業があるからではなく、理系は就職しやすいと言われているためです。とはいえ、理系に進めばそれだけで就職先が選びやすくなるということはありません。憧れと現実とのギャップを埋める必要はいつでも存在します。

 

憧れの職業

 

憧れる職業が、子供のころには誰でもあったはずです。

 

サッカーや野球などプロのスポーツ選手になりたいと、小さい頃は考えていたという男の子は大勢います。保母さん、看護婦さんになりたいと考える女の子は多く、憧れの職業の筆頭ともなっています。

 

ここ数年で取ったアンケートでは、小学生の男の子はサッカー選手に憧れ、女の子はパティシエに憧れることが多いようです。

 

憧れの職業も、だんだんと大人に近づくにつれて、現実味を帯びてきます。中学生を超えると、まずスポーツ選手やパティシエといった華やかさのある職業は、案外憧れの職業ランキングから消えていくもの。代わりにより現実的にできるだけ給料の高い仕事や自分が得意とする分野、興味のあることへの具体的な憧れが強くなっていきます。憧れの職業としては、医師や教師が人気があります。

 

小さな頃はおおまかな希望だったものが、大人に近づくにつれて脳外科の医師になりたい、高校教師になりたい等とはっきりしてきます。

 

高校では、将来の進路に従って文系、理系とクラスも別れることになります。大学では学部や学科が細分化され、受験時には選択しなければならないものです。本当に憧れている職業が現実となるのか、受験の頃にはおのずとある程度決まってくるようになります。