イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

(悲報)電子マネーnanaco(ナナコ)の売り上げ「水増し」セブンイレブン本部社員指示か?!

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、電子マネーnanaco(ナナコ)の売り上げ「水増し」セブンイレブン本部社員指示か?!です。

 

 

おすすめ記事

 

サムネイル制作と稼ぎ方の教科書(オンラインサロン付き) | ゆうすけ | Brain

 

【値上げ予定】今からAWSを学ぶエンジニアの1つの指南書_ソリューションアーキテクト問題50問付き!50,000字超えのボリューム【順次追記】 | くろかわこうへい | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

f:id:destiny6711:20200529011103j:plain

 

セブンイレブン本部社員さん、電子マネー「nanaco(ナナコ)」の売り上げを水増し計上するよう店舗に指示していた

 

セブンイレブン・ジャパンで店舗指導を担当する本部社員が、横浜市内の店舗のオーナーや店長に指示して電子マネー「nanaco(ナナコ)」の売り上げを架空計上していたと、市内の男性店長が27日に証言した。

 

販売実績を多く見せかけることが目的で、店長は、「ナナコの販売実績は株主にとっても貴重な判断材料。架空計上することは消費者や社会に対しての重大な裏切り行為につながる」と話している。

 

店長は今年2月、店舗指導を担当する本部社員の指示に従い、店舗の金庫から抜き出した現金3千円を使い、レジでナナコカード(1枚300円)を10枚発行。

 

2月は新規入会キャンペーン中だったため、発行時にカード1枚につき200円分のポイント、10枚で計2千円分のポイントが付与された。

 

1ヶ月後の3月、店長は再び本部社員の指示を受け、カード発行時に付与された2千ポイントを使って、非課税商品の収入印紙を2千円分購入した。商品を返却する場合、ポイントで買った商品は現金で返金されることから、その後レジで返品登録を行い、「返金」された現金2千円を金庫に戻した。

 

原資となった金庫の3千円と返金された2千円分との差額千円分については、本部社員が自腹で店側に支払った。

 

一連の仕組みは全て本部社員が考案し、店での作業は電話で指示を受けた店長が行ったという。店長は「本部社員から周辺の複数店舗でも同様の手口を共有してやっていると言われた」と話し、ナナコの売り上げを架空計上するよう促されたと証言。

 

セブンイレブン本部は加盟店への指導教育権と契約解除権を保有している。

 

加盟店舗は本部と本部社員の指示に対して怖くて逆らえず、従うことを余儀なくされているようだ。セブンイレブン・ジャパンでは、昨年、複数の本部社員が店舗オーナー不在時を狙って、商品を無断で発注していたことが明らかになり、懲戒処分となっていた。

 

セブン・イレブンは不祥事ばかり起こしている

昔から不祥事ばかりしていたのかもしれません。

 

景気が悪くなってきて、コンビニの売り上げが落ちてきたことが背景にあるのかもしれません。後はSNSの普及があり、告発しやすい環境になってきたのがあるのかもしれません。

 

セブンペイのセキュリティー問題もありましたね。

 

残業代未払い問題もありましたし、フランチャイズオーナーが自殺してしまった問題もありました。ついでに弁当かさまし問題もありましたね。

 

本当に色々とセブンイレブンはやらかしすぎていると思います。業界最大手とはとても思えないですね。相変わらず、ブレないブラックぶりはやばいですね。

 

どんどん転げ落ちてきている気がします。

 

これからもセブンイレブンの劣化ぶりには注視していきたいと思います。体育会系的な社風が悪い方へ行っている気がしますね。