イッサ研究所

会社員や転職者や起業家などに役立つ情報を発信するブログです。

仕事が遅い人がやっていること

ども、ブロガー講演家のイッサです。

 

今回のテーマは、仕事が遅い人がやっていることです。

 

 

おすすめ記事

 

【男性必見】出会い系マッチングアプリ「タップル誕生」攻略法 | Daichi | Brain

 

スキル不要の極秘アフィリエイト【コンサル付き】 | 初心者向け副業コンサル@月収50万達成 | Brain

 

マンガ系YouTube収益化スターターパック【特典:市場調査シート】13,500文字の特大ボリューム | hikoboxi | Brain

 

f:id:destiny6711:20200619000133j:plain

仕事が遅い人の行動

仕事の遅い人が必ずと言っていいほどやっていることは、計画なしですぐに行動に移して仕事に取り掛かる。

 

なぜ、すぐ仕事に取り掛かるのがいけないのかというと、設計図もなしに商品を作っているようなものです。

 

気分次第で適当に仕事をしていることが多いです。

 

きちんと仕事に仮設を立てて、アウトラインを決めて仕事にとりかかれば、効率よく仕事を進めることができると思います。

 

仕事をする前に最終のゴールを決めて仕事を始めれば、効率よく仕事をこなせると思いますよ。

 

言われたことだけしようとすることも挙げられます。

 

仕事をしているとうまくいかない時もありますが、仕事ができない人ほど応用がききません。そして対応が後手にまわり、必要以上に時間がかかってしまうこともあります。

 

仕事が遅い人はなんでもかんでも、全部調べようとする。調べすぎはかえって時間の無駄です。

 

時間そのものを気にしていないこともある。

 

そもそも、時間を管理するという概念自体がない人もいます。いつまでも、だらだら仕事をする人もいますね。

 

効率よく仕事を進めるためには同僚や上司の意見を聞くことが大切です。

 

自分では気がつかないことを指摘してくれるかもしれません。思い切って、人に意見を聞くことにより効率よく仕事ができるでしょう。

 

仕事が遅い人は常に焦って心に余裕がない人もいます。

 

性格の問題もあるかと思いますが、優先順位をつけることが苦手な人がいます。焦れば焦るほど、心に余裕がなくなり、仕事の効率は悪くなります。

 

仕事ができる人になるためには

とにかく、任せられた仕事の最終ゴールを明確にしてから仕事に取り組むことです。

 

そして、上司や同僚に意見を求めて、仕事の最終ゴールがずれていないか確認することが大切です。

 

最終ゴールさえ見えていれば、あとはそれを形にするだけなんで、劇的に仕事の効率はよくなります。

 

一番いけないのは、最終ゴールが見えていないので、右往左往して無駄に時間を過ごすことなんです。

 

あとは、仕事の優先順位と最も時間がかかる仕事をどうやって効率化するかも考えるとベストです。

 

仕事が遅い人には、性格や作業の進め方など、様々な問題があります。

 

職場で無能と言われないためにも、仕事が遅い人は弱点を改善して、仕事が早い人になりましょう。